読み聞かせをしてきました

星片づけペースメーカー鈴木るる子です。

ひょんなことから近くの図書館で
「おはなしボランティア」をさせていただく
ようになってから約一年。

昨日も行ってきました。
なぜか盛況で17人もの子どもたちが
集まってくれました。

私も多少慣れてきたとはいえ、まだ緊張が消えず、
子どもたちの反応を楽しむよりは、
自分がきちんと読めるかに神経が行ってしまいます。あせる

そんな読み手でも、子どもたちは真剣に、
時には合いの手を入れながら、
静かによく聞いてくれました。

5歳の娘は、ちょうど対象年齢のど真ん中なので、
連れて行きたいのはやまやまなのですが、
・・・なぜか嫌がるんですよね~。ダウン

絵本自体は大好きな子なのに。
ママがよその子に絵本を読むのに
ヤキモチ焼いちゃうみたいです。むっ

だからばぁばとお留守番してもらいました。
その代わり帰りには新しい絵本を
娘のために何冊も借りて帰りました。

昨日おはなし会で読んだうちの1冊。
こすずめのぼうけん です。

こすずめのぼうけん(こどものとも絵本)
ルース・エインズワース 堀内 誠一
4834005267


迷子になったこすずめを
大人はただ「けなげで可愛い~」と思いがちです。

でも子どもたちは、主人公と一体化するので、
ハラハラしてそれどころじゃありません。しょぼん

最後にはおうちに帰れて、子どもたちも
さぞかしホッとしたことでしょう。音譜

スポンサーサイト