スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何やかや言って頼りになる朝のおしたくボード~高学年編~

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

本日メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト」の配信を行いました。

去年の5月にスタートしたこのプロジェクト、1年間でどこまで家の中を素敵化することができるかという実験です。

ほぼ毎週、ビフォーアフター写真付きでお送りしています^^。

それと並行して、モノを1ヶ月に100個は処分するノルマも設定しています。

もうすぐ1年たちますが、果たして家の中は「素敵」になったと言えるんでしょうか?

残りわずかとなりましたが、私の悪戦苦闘ぶりを見守っていただけると幸いです。

無料メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト
⇒こちら



さて年度初めで、ブログの検索ワードでは「おしたくボード」というのが増えている今日この頃です。

おしたくボード??

幼稚園や小学校に通うお子さんの朝の支度をスムーズにするための工夫です。

要はホワイトボードと両面マグネットを組み合わせた「朝のTodoリスト」なんです。

毎年のようにご紹介していますが、こちらに去年の記事を貼っておきますね。


⇒新生活のリズム作りアイデア集(こちらでおしたくボードの説明をしています)

その他のアイデアもどうぞ♪

⇒新生活のリズム作りアイデア集②
⇒新生活のリズム作りアイデア集③④


そして今年小6になった我が家では、このおしたくボードはどうなっているかと言いますと。

実のところ、毎朝これを律儀に使っているわけではありません。

だけどやっぱり、ないと困るなぁと思うこともあって、やはり現役活躍中。

毎朝の決まった支度は、さすがに6年生ともなると流れるように進みます(あ、今ちょっとウソついちゃったかも)。

少なくとも、「えーと次は何をやるんだっけ?」と手が止まってしまうようなことはありません。

ただ6年生は、1年生のお世話当番があったり、集会の日は早く登校したり、朝練があったりで、登校時間が日によってまちまち。

何時何分に家を出たらいいのか、そのためには何分までにご飯を食べ終わっていなければならないのか。

日々変わるそんなタイムスケジュールを、ホワイトボードにその都度メモして、自覚を促すようにしています。

使用頻度は低くなったけれど、今日は注意を喚起したいなと思った時に、「あ、あれがあった」とパッと取り出してすぐ使えるのはやはり便利。

何事も見える化は大事ですよね。

それから、最近の工夫としては、朝ごはんを食べている娘の目の前に、デジタル時計をバーンと置くことにしました。

{E1E0871A-4638-4165-9B67-B7A3EFBBE73B}


壁掛け時計はありますが、物理的に遠いと、訴えかけてくる力も弱いような気がして・・・。

私だけかなあ。

遠くの時計を指さして「今〇〇分だよ」というより、目の前の数字を一緒に見ながら「もう〇〇分だよ」と言った方が、切実さが増す気がするんですよねえ。

これはタイマー兼時計ですが、最近はもっぱら時計として活躍してくれています。
(タイマー機能ちょっと使いにくい・・・)




スポンサーサイト

新学期の不安と向き合うチェックポイント

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

新年度が始まって、新しい学校やクラス、提出書類の山などに親子ともども戸惑う季節です。

我が家は娘が6年生になりましたが、クラス替えもなく担任の先生も持ち上がり。

環境変化の度合いとしては、今年は少ない方だと思います。

それでも最高学年になったことで、1年生のお世話当番などが始まるなど、新しい経験も増えました。

直接の担任ではなくても先生方の異動もあって、慣れるまでは落ち着かないですよね。

私も何となく気ぜわしく、保護者会のことを考えてソワソワしたりしています。

そのたびに、「いやいや、新学期を迎えたのは私じゃなくて娘なんだから・・・」と必要以上に浮足立たないようにしています。

これは本当にそうで、親って子どものこととなると、つい自分と一体化して考えてしまいがちです。

でも学校生活を送っているのは子どもであって、親ではありません。

子どもも新学期で何かと緊張が続くなか、元気で楽しく過ごせるように、親は安心感のある環境を用意してあげられたらと思います。

で、それが大前提として、矛盾するようですが親の方に伝染してくる不安感も、無理に打ち消さなくてもいいと思います。

これは私自身そうだったのですが、「大丈夫大丈夫。だってこれは娘の問題なんだから」と自分に言い聞かせすぎてしまい、不安を押し込めていました。

だから表面上は平穏に過ごしているのに、何となく内心がモヤモヤして調子が変。

子どもの環境変化に引きずられて自分も一緒に不安になることを、無意識に「子どもっぽいこと」と自己批判していたんです。

でもね、それもおかしな話で、子どものことが気になるのは当たり前だし、実際に自分の行動だって影響を受けます。

「不安に思っても当然。環境の変化には違いないんだから~」と認めてみたら、少し気持ちが軽くなりました。

新学期、子どもとの距離の取り方がわからなくなってモヤモヤしてしまったら、両方の可能性を考えて調整してみるといいですね。

あまりにも自分が心理的に巻き込まれてると思ったら、「子どもは子ども。私とは別」と切り離す。

逆に「子どものことだから関係ないはず」と無理に押し込めていないかどうか、心の中を点検する。

本当に上手に切り離すことができていれば、別に問題ないけれど、本当は不安なのに見ないふりをすると、よけい不安はふくらんでいきます。

保護者会が苦手なお母さんは多いと思います。

私は最近まで、なぜか「そんなこと思っちゃいけない」と、気にしていないふりをしていました。

でも今は「苦手だから、適当に欠席して、どうしても必要そうな時だけは出よう」と思うことにしました。

それが一番自分の気持ちにピッタリの選択だから。

親も子どもも、この時期を上手に乗り越えて、無事に学校生活を軌道に乗せられるといいですね!

{9EB0F4E3-7F8F-4BA0-8E7D-DF594FE85F8A}
桜!只今満開です。

無料メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト
⇒こちら

春休みの過ごし方、この2年の移り変わり

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

今日から新年度が始まりました!

我が家は普通に春休みですが、トイレのカレンダーをめくって(笑)心機一転といきたいところです。

{D0627D25-0775-4D35-AB9C-5AEE743BFC35}


このカレンダー好き~♪毎月めくるのが楽しみです。

ところで我が家は今、春休みに振り回され中・・・。

長期休みの過ごし方は、生活リズムを崩さないようにだとか、目標をザッと決めておくだとか、いつも気をつけていたつもり。

でも今回は何だか、スタートからつまずいたのが尾を引いてしまい、そのうち娘が風邪を引いたり、私も移ったりで余計グダグダになりました。

そんな時、Facebookで上がってきた自分の過去記事を見てハッとしました。

2年前の同じ時期の記事ですが、春休み中の娘との朝活について書いてます。

⇒春休みは娘と朝活♪


うわー、この年はえらかったなぁ。

過去の自分に励まされるような思いがしました。

気を取り直して、今からでも朝活を提案してみようかな。

春休みもあと3日ほどで終わりですが、たとえ1回でも朝から一緒にランニングしたり図書館に行ったりできたら、新学期に向けた助走ができるかも。

2年前はそんなふうに、そこそこ頑張っていましたが、去年の春休みの記事も読んでみたら、こっちは笑える~。

振り回されてキーッとなってました。

⇒春休みが予想以上にバタバタな理由
 

そうそうそう、毎度おなじみのお悩み。

子どもが大きくなってすごくラクになった気でいるのに、実際にはそうでもないというギャップにやられているわけ。

これはいつまでたっても形を変えてつきまとってくる問題なのかもしれません。

子どもとのちょうどよい距離の取り方は、常に変化しますからね。

過去の自分に励まされたり、笑っちゃったりしながら、今年の春休みも何とか乗り切っていきたいと思います~。

ちなみに、昼ご飯攻撃や風邪のために狂いまくった1週間献立ですが、それでもやっぱり、

①献立が決まっている
②材料が揃っている

という状態になっているだけで、どれだけ救われたことか~~というのが実感です^^。


るる子流魔法のお片づけマニュアル全3冊「入門編」「実習編」「トラブル解決編」発売中♪
音譜入門編
音譜実習編
音譜トラブル解決編

子どもに読ませたい50冊〜読書好きの子どもにするには〜

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

小5の娘、取り柄は本を読むスピードです。

小さい頃から絵本を読み聞かせ、私自身も絵本にハマりました。

子どもって必ずしも親の仕向けた通りに育つものではありません。

ただこの子の場合は、本好きにしたいなというシンプルな意図が幸い実を結び、本好きに育ちました。

とにかくびっくりするような速さで読んでしまい、「本当に内容を理解してるの?」と質問してみるとちゃんとわかって読んでいます。

そして一度読んだ本の内容をよく記憶していて、驚かされます。

(それ以外のことで、仕向けてもうまくいかなかったことは多々あります)

読むのを苦にしないので、平均よりは多く読んでいると思いますが、毎日毎日読書ばかりというわけでもないのです。

マンガも読みますし、ゲームもします。

もちろん勉強もあるし、今時の小学生はいろいろと忙しいです。

そして本選びに関しては、どうしても読みやすいシリーズものなどに手を伸ばしがちなので、いい本をそれとなく置いておくのは、親の役目なのですよねえ。

押しつけるわけではありませんが、置いておいてそれとなく誘いかけると、ちゃんと読みます。

それでもじっくり選ぶ時間がなかったり、親の私の趣味に偏りがちになるので、こんな本を参考に買ってみました。

宮崎駿さんが、岩波少年文庫の中から50冊のおススメを紹介した本です。

本へのとびら――岩波少年文庫を語る (岩波新書)
宮崎 駿
4004313325
『本へのとびら 岩波少年文庫を語る』


いわゆる名作が揃っていますが、岩波に限られていること、あくまでも宮崎さんの主観を通したものであることには注意が必要です。

でもね、ラインナップを見ると「なるほどー」って感じ。

上質で心にずしっときそうな作品ぞろいです。

読書好きなんて言っているわりには、読んだことがあるものが意外と少ないです。

これは親子共々ね。

図書館で借りて返してしまったものもあるので、手元にあるのはさらに少ない。

小さい頃に絵本を買いすぎて、置き場所にも困ったので(何しろいったん買ったらおいそれと手放せない)ある時期からセーブするようになってしまったのですが、少し考え直さないとね。

いい本は、いつでも手元にあって読み返せることが大事ですから。

うちにある本と、たまたま図書館から借りている本を集めて写真を撮ってみました。

{9E2CBF83-B666-4477-9DF2-5B4B7C403B4D}


あと『思い出のマーニー』は私が英語版を読もうと思って買ってあるので、その写真も。
{F85C80A0-A83B-41EA-BC42-E6F37D414799}

ちなみに、娘を読書好きにさせた読み聞かせの方法は、とにかくただ毎晩寝る時に何冊か読むだけ。

起きている時でも、読んでと言われればいつでも読みました。

娘が小さい頃は、「だっこして」と「えほんよんで」には最優先で応えていました。

今は娘からの要求は、却下の方が多いくらいだけど・・・(-_-)


無料メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト
⇒こちら

【マインドマップ】小学生の夕方のスケジュール

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

小5娘、毎日お友だちと外で遊ぶのが楽しくて仕方がないんです。

最近は公園でネコを手なずけることに熱中しているようです。

それはいいんだけれども、時には宿題もそこそこに飛び出して行き、帰ったら帰ったで、趣味のイラストに没頭してしまい、夕方のスケジュールがどんどんタイトに(涙)。

私は私で、以前は6時半と決めていた夕食の時間が後にずれ込むようになり反省中です。

その結果寝かせるのも遅くなり、毎晩バトルの今日この頃でした。

習い事の時間帯も、だんだん遅くなっていったりして、小さい頃のように単純にはいかない。

体力がついてきて、多少夜更かししても何とかなってしまうのも、もちろんいいことだけれど緊張感を奪っているかもねえ。

高学年になったので自分で何でもできるはずと思って、目を離す部分が増えましたが、離し過ぎているのかもしれません。

現にうまくいっていないわけですから。

これも、片づけ同様、「今の自分(たち)」をありのままに見られていないってことですよね。

怒ってばかりいてもしかたないので、この頃毎日こんなのを描いています。

マインドマップで作る娘用のTodoリスト。

{CF5253D0-4A77-4AB6-8F0F-90FA155990DD}

これもねえ、最初は娘が自分で描いてくれたらいいのにと思っていたんです。

マインドマップを習ってきたので、楽しそうに(実際楽しいんですけど)描いて見せて、娘が自主的に使うようになってくれないかなぁと期待しました。

でもそれは私の勝手な希望であって、そもそも押しつけたら「自主的」じゃないし(笑)。

前に作ったこんなのも併用して、夕方の過ごし方を真剣に管理するよう頑張ってます。
{E7AFD7AE-73E1-4518-9AF7-C73601959EBC}
(ホワイトボードに、両面マグネットに書いたやることリストを貼る。ちょっと汚いですが💦)

娘もマインドマップやら、ホワイトボードやらを頼りにするようになってきたので、やっと定着してきたみたい。

そのうちに、本当に自主的に描くようになるかも。

今は種まきの時期ですね。

いくつになっても手がかかるなーと思ってしまうけれど、そのうち手を出そうにも出せなくなるんでしょうから、今の時期を大切にしたいと思います^^。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。