スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

断腸の思いで捨てたモノとは?

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

ここしばらく、小5娘のこまごましたモノを、分類・処分していました。

「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト」の一環でもあります。
⇒無料メルマガへのご登録

捨てたモノというのは、何とも名づけようのない諸々。

本当に何て表現したらいいんでしょう?

何かのアクセサリーから取れたビーズだったり、プラスチックの部品だったり、折り紙だったり、メモだったり、小さい魚のオモチャだったり。

今までそれなりの理由があって、家の中に残っていたモノたちです。

それなりの理由というのは、一言で言えば娘の意向なんですよねえ。

たとえば何か可愛いキャラ物の文房具を買うと、娘はそのキャラクターのイラストがついたパッケージの紙が捨てられない。

それでも時間がたったり、すこーしずつでも意識が変わってきて、今回はそんなモノたちも「捨てる」に分類されていたので、進歩してるのかなぁ。

地味で根気のいる作業です。

モノを取っておけばその分、管理するための場所、エネルギー、時間が必要になります。

そのあたりも説明しながら、何もかも取っておくわけにはいかないのだということを伝えていきたいです。

そして、中には娘だけでなく私自身も、捨てるのに決心のいるモノがありました。

それは消しゴム~~。

お友だちからもらったキャラクター商品やら、何かの景品やら、もちろん自分で買ったものの含め、消しゴムって家の中にゴロゴロしてます。

ペンなどの筆記具も、負けないくらいたくさんありますが、ペンの方が判断がつきやすいんですよねー。

試し書きをして、書けなくなっているモノは迷わず捨てられます。

書けるものは「ストック」として取ってあって、時々チェックしては、その時点で書けなくなっていれば処分します。

その点消しゴムは劣化することが少ないので、むずかしいんです。

筆記具と違って、いつか使うかも…とつい思ってしまう。

消しゴムについては、前から頭を悩ませていて、過去にはこんな試みも。

⇒現代っ子にモノを大切にさせるには


Simplog


この写真にある消しゴムたちは、ちゃんと使ったり、今でも消しゴム置き場にあったりで、捨てる対象にはなっていません。

でもね、薄々気づいていたことではありますが、消えにくい消しゴムって確かに存在するんです。

匂い消しゴムとか、キャラクターものとかね。

そういう消しゴムでも、これまでは何とか頑張って使おうと思って取ってありましたが、やはり何年たっても使わないものは使わない。

そのことがわかってやっと決心がついたので、このたびいくつか娘と私で「これ消えないよね」と確認し合った消しゴムを処分しました。

はぁ~、今まで「取っておいて当たり前」と無意識に思っていたモノに切り込んでいくのってエネルギーいりますねえ。

大げさですが、「この消しゴム・・・捨てるのか・・・」と、何だか断腸の思いでした。

他にも、気づかないうちに無条件で取っておくと思い込んでいるモノがあるかもしれません。

そういうモノに気づくと、さらに生活をシンプル化することができそうですね。


無料メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト
⇒こちら


メール講座
チューリップ紫お片づけのはじめの一歩を応援するメール講座21日コース♪
チューリップピンク
楽しくお片づけ習慣が身につきます。詳しくは詳細ページを♪



スポンサーサイト

珍しく弱音を吐く~子どものお片づけ~

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

普段はあまりゴチャゴチャ余計なことを考えずに淡々とお片づけをするようにしています。

その方が長い目で見てはかどるからなのですが、ちょっと疲れてしまって珍しく弱音(笑)。

昨日、小5娘の部屋を夏休みにひととおり片づけをしました。

それとは別口でひとかたまりの小物類があって、昨日は時間があったのでその分類をしたのです。

私が自由に要不要を決めていいんだったら楽なんですけど、娘の気持ちを聞きながら進めなければなりません。

使っているか使っていないか、取っておくか捨てるか、そして取っておくとしたら部屋の中のどこに置くか。

聞き取りをしながら同時に頭の中で目まぐるしく置き場所の候補を考えて提案する。

やる気のない娘とぶつかったり、「え、それ取っとくのー?」と非難めいた口調で言いそうになるのをグッとこらえたり。

もう少し進めたかったけど、10分くらいやって、方針の目鼻がついたところで(ん?ほとんど進んでない?)お開きにしました。

何でこんなに疲れたんだろう?と考えてみると、追加分がドバッと出てきたっていうのが、まずいけなかったみたい。

ニンゲン、「あー終わったー♪」とホッとしたところに、まだ作業が残ってたとなるとダメージ大きいですよねー。

でもまあ、1ヶ月100個捨てをやっているので、捨てるモノが8個も出てきたからいいか〜って気になりました。

そしてこの記事、昨日アップしそびれてしまったんですが、一晩明けたら元気復活。

今日も地味に分類・整理、頑張りますよ〜(^.^)

今日はこれからお友だちとランニングしてきます♪

{1152480E-B796-45D4-9EF3-A38EFDA8FF7A}



無料メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト
⇒こちら


メール講座
チューリップ紫お片づけのはじめの一歩を応援するメール講座21日コース♪
チューリップピンク
楽しくお片づけ習慣が身につきます。詳しくは詳細ページを♪



我が家の押入れ収納の特殊事情

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

今朝8時にメルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト」を配信しました。

今日のタイトルは「捨てたことをちょっと後悔したもの」です。

バックナンバーの公開は現在していませんが、購読のお申込みはこちらからどうぞ。
⇒こちらから


昨日の記事に3人のお嬢さんをお持ちの☆あいこ☆さんから共感のコメントをいただきました。

ありがとうございます。

・・・そうですよね、我が家は何やかや言っても一人っ子ですから、まだ救われているのです。

これが3人分だったらと考えるだけでめまいがします~。

でも人数にかかわらず、また子どもか大人かにかかわらず、片づけの基本を地味に実行するしかないんだろうな~と思います。

世のお母さんたち、何度でも気を取り直して、少しずつでも進んでいきましょうね。

ラブラブ

さて小5の娘の部屋は和室なので、作りつけの収納は押し入れだけです。

押し入れはもちろん収納力はありますが、使いこなすのが大変。

一間分の押し入れがあるのですが、下の段には、奥行きに合わせた引き出しやワゴンを入れています。

上段の半分は布団で占められていて、残りの半分は収納として使えない事情があるのです。

娘の秘密基地になっているんです~。

{B71BBB57-8B67-43F8-93D2-E908212E1E92}


もともとは押し入れの中に小型の本棚を置く時に、こちら向きに置くのではなく、側面の壁に沿って横向きに置いたのが発端です。

子どもの目にはまるでワクワクする小部屋みたいに見えてしまったのですね。

自分で座布団を持ち込み、居心地よく整えていきました。

貴重な収納スペースなので、私なりの心づもりがあったのですが、どんどん自由に変えられていきます。

上の段なので、奥まった場所はモノを取り出しにくいのです。

それで私は、前の学年のプリントなどを処分の時期まで保管する場所として使うつもりだったのに、ある時娘に「これ邪魔」と言われてしまいました。

仕方なくその箱は納戸に移動。

空いたスペースには、自分で作った紙粘土の作品が大事そうに飾られていました。

{5A34C8E2-4756-43FF-B28D-C37F253EA6FC}
こ、これは勝手に撤去とかできないー。

ここまで来ると、本当にお部屋ですね。

実際しょっちゅう押し入れに入り込んで本やマンガを読んでいます。

遊びに来たお友だちも招待してます。狭いのに。

タイトルには特殊事情と書きましたが、子どもは押し入れとか机の下とかの狭苦しい場所が大好きですよね。

同じようなお宅も多いかもしれません。

今はここに何かを能率よく収納するのを諦めています。

こんなことも期間限定ですから、きっと懐かしくなる日がくることでしょう。

ん?期間限定?

それを言ったら、私が自室に作ったリラックスコーナーも、秘密基地っぽいよ。

人は自分だけの落ち着き場所を必要とするという意味では、大人も似たり寄ったりですね。

{03E833D9-E061-45B2-B5A1-36109A31DEEB}


無料メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト
⇒こちら


メール講座
チューリップ紫お片づけのはじめの一歩を応援するメール講座21日コース♪
チューリップピンク
楽しくお片づけ習慣が身につきます。詳しくは詳細ページを♪



夏休み最終日の子ども部屋の様子

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

今日は小5娘の夏休み最終日です。

地域によって、学校によって、それぞれのようですが、私が子どもの頃は始業式といえば9月1日でした。

毎年「早いなあ。ちょっとかわいそう」と思いますが、娘は最初からそうなので慣れているみたい。

宿題も娘の小学校はそれほど多くないので、余裕を持って終わらせていました(内容はともかく)。

それよりも私が、夏休み中に子ども部屋の混沌を何とかしたいと思っていたので、「間に合わなーい」となりました(笑)。

まだ完成には程遠いのですが、今日は頑張って床の上をスッキリさせ、モノの定位置を決めるところまでこぎつけました。

一応掃除機かけまでできたので、私としては胸のつかえが下りました。

{14AEA7A5-9891-4B42-B270-3796B33FBC8F}

性格にもよるのでしょうが、小学生女子の持ち物って、限りなく細かくてあらゆる種類のモノが入り混じり、整理するのは至難の業。

「混沌から始めるお片づけのコツ」という過去記事でも書いた通り、とにかく分類が命です。


分類というのは、つまりはモノに名前をつける作業なんです。

「ごちゃごちゃした山」としか言いようのなかったモノたちを、「マスコット」「石」「ストラップ」というふうに、言葉で表現できるようにする。

そして今回はジップロックに入れて、ラベルをつけました。

つくづく思ったのは、モノに対する親の目と子ども本人の目は全く違うということでした。

私から見たら名づけようもなく、ガラクタにしか見えないモノあっても、娘にとっては「鑑賞用」つまり時々手に取って眺めている小物があったりするんです。

仕方なく「鑑賞用」とラベルを付けました。

夏休み中ずーっとダラダラ続いたお片づけのプロセス。

旅行などもあり、間があいたり嫌気がさしたりで楽な道のりではありませんでしたが、何だかすごく鍛えられた気分です。

最近は家の中から大分モノも減って、絵に描いたような混沌状態の場所ってないのです。

母の遺品整理も数ヶ月前に一段落したので、残るラスボスは子ども部屋。

子どもの自主性も尊重しつつ、粘り強く取り組んでいきたいです。

また続報お伝えしまーす。


無料メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト
⇒こちら


メール講座
チューリップ紫お片づけのはじめの一歩を応援するメール講座21日コース♪
チューリップピンク
楽しくお片づけ習慣が身につきます。詳しくは詳細ページを♪



夏休み子ども部屋の片づけレポ②

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

子ども部屋の片づけ、なかなか集中して一気に進めることができずにいますが、毎日少しずつ進歩しています。

私も飽きっぽいけれど、小5娘を長時間片づけに縛りつけておくのは至難の業。

娘が子ども部屋にいるのを見計らい、押しかけて片づけを始めようとすると、サッとリビングに移動してしまったりして。

もぉ~、鬼ごっこしてるんじゃないんだから(-_-;)

それでも、隙を見つけては5分、10分と取り組むうちに、やっと道筋が見えてきました。

ただ単に混沌としていた部屋が言葉で説明できる混沌さに変化してきたのです。

片づけにおいて「言葉に落とし込めること」ってとても大事です。

具体的に言うと、今、床の上に何箱にも分かれて置かれているモノたちは、「この部屋に置くモノ」「人形」「入れ物」「取っておく紙類」「宝物」などに分類されています。

お気づきと思いますが、この分類の仕方って全然論理的じゃありません。

だって「机の上に置くモノ」でなおかつ「宝物」の場合はどうすればいい?って思っちゃいますよね。

いいのいいの。

それはね、もう少し先の段階になってからゆっくり考えればOK。

とにかく最初は、どんな基準で自分がモノを分けているのかを、少し未来の自分(翌日とかね)が忘れないようにしておけばいいのです。

箱に入れて、ラベルを貼る。

ラベルと言っても、紙切れに書いてちょっとくっつけて置くだけで十分です。

そんなことをしていたら、昨日は娘の行動にも変化が現れました。

机の上に無造作に立てかけてあった大量の紙類を自分で分類し始めていたのです‼

飽きっぽいどころか、40分もぶっ続けてやっていましたよ。

ホントは紙類って難易度が高いから、最後にしたかったんですが、せっかく本人がやる気になっているので、紙類も並行して進めることに。

おかげで現段階では、余計部屋中が大変なことになっていますが、今日は床の上のモノをなくすのを目標に頑張ってみたいと思います。

前回予告した「混沌からの片づけ方法」も、だいぶ考えがまとまってきたので、そろそろ書いてみよう^m^

{30801EE5-056A-4602-AB04-CF344D37D359}
お片づけ頑張ったらちょっと一息。甲府のお菓子「くろ玉」です。すごく気に入ってしまった*\(^o^)/*

無料メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト
⇒こちら


メール講座
チューリップ紫お片づけのはじめの一歩を応援するメール講座21日コース♪
チューリップピンク
楽しくお片づけ習慣が身につきます。詳しくは詳細ページを♪



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。