こんまりさんの日めくり買ったよ~

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

書店で見かけて気になっていた、「こんまりのときめく毎日」という日めくりカレンダーを買いました。

{7920D7A7-F2FE-478C-BD2B-88513C8E8446:01}

きっかけとなったのは実は「片づけるる子のメール相談室」の相談者のお一人です。

その方がお買いになったとメールにあるのを読み、「あーー私もやっぱり欲しい!」と思って買いに走ってしまいました。

1日から31日まで1日あたり1枚、こんまりさんの言葉と素敵な写真が用意されています。

(365日分あるわけではありません)

日めくりのイメージって、昔風のダサイものだったり、修造カレンダーみたいな…

あ、いいんですよ。私も松岡修造さんは好きです。

あの情熱はすっごくいいと思います!

でも部屋に飾るのは、インテリア的にどうなの?って思ってしまうじゃないですか・・・?

(日めくり)まいにち、修造!


こんまりカレンダーは中を見ずに買ったのですが、写真も女子が喜ぶときめき系でした。

{AA685123-1456-4469-9CE9-EDFA56E09382:01}


もったいないのでいっぺんに見ないでおこうと思い、まだパラパラっとめくっただけです。

1月1日から使うつもりで壁にかけました。

1日の内容だけご紹介しますね。

「一番大切なことは何ですか?

 自分は何にときめき、
 
 何にときめかないのか。
 
 その問いかけを繰り返す中で、

 一番大切なモノは何か、

 一番大切なことは何かが、

 見えてきます。」


とあります。

そうよね。

ときめくモノは私たちに力をくれます。

逆にときめかないモノを漫然と身の回りに置くと、エネルギーをどんどん奪われます。

そのことをもっと自覚して、一つ一つのモノと向き合っていきたいなと思います。

来年はこんまりさんと共に、ときめくお家をめざしますよ~。

虹

片づけるる子のメール相談室も、本日より1月生の募集を開始しました。

こちらもどうぞよろしくお願いします♪
⇒紹介記事
⇒詳細・お申し込み




スポンサーサイト

こんまりさん、おめでとうございます♪

暮ラシノユトリ舎お片づけ担当の鈴木るる子です。

今朝ほど、1年で2000個手放す実況中継メルマガを配信しました。

お申し込みされているのに届いていない!という方は、迷惑メールフォルダをご確認のうえ、それでも見つからなければお問合せ下さい。
⇒お問合せ

⇒お申し込みはこちら

なおメルマガの申し込みは2段階になっていて、自動返信されるメールのURLをクリックしていただく必要があります。

その手続きがお済みでない方が何人かいらっしゃるので、ご確認をお願いします。

それとも確認メールがそもそも届いていないのかな…。

せっかくお申し込みいただいたのに、お届けできないのは残念です。

変だと思ったらお気軽にお問合せ下さいね。

今日の分は2週目の配信となりますが、処分するモノの数え方をどうするか、私のやり方を書いてみました。

まさかクリップ1箱捨てるのに、ひとーつ、ふたーつ…とか数えることはないと思いますが、それじゃあ箱にまとめられたカセットテープはどうする?

というような話を書いています。


*・。*・。*・。*・。*・。*・。


さて、今や世界の人となったこんまりさんこと近藤麻理恵さん。

TIME誌の選ぶ「世界に最も影響を与えた100人」に、日本人として作家の村上春樹さんとともに選ばれました。

著書は英語に翻訳されてアメリカでもベストセラーになっているようですね。

日本独特の片づけ文化として受け止められているようです。

たしかにモノや家にも魂があるという捉え方や、片づけに単なる雑用を超えた意味を見出すところは、日本的と言えるのかも。

日本的と言ったって、こんまりさんは特別な気もしますが、こういう感覚はたしかに欧米にはないのかもしれません。

そしてさらに、おめでたいニュースも飛び込んできました。

なんと妊娠中で、予定日は7月のようですね。

おめでとうございます♪♪

こんまりさんが人生の新たなステージに入られて、今度は子育てとお片づけの関係をどう築いていくのかとっても楽しみです。

今までは正直言って、こんまりさんのやり方はファミリー向けには厳しい面もあると思っていました。

子育てってホントにカオスですから。

でもきっとこんまりさんなら、たとえどんな混沌の中からも素敵に片づいたお部屋を作り上げていかれることでしょう。

そのプロセスを見せていただけるのが今からとても楽しみです。

実は私、まだこんなに有名になっていない頃のこんまりさんにお会いしたことがあります。

本も出版される前でした。

その時の様子は、こちらの過去記事に少し書いてあります。
⇒ときめき片づけのこんまりさんと私

こんまりさんの実際のお人柄が伝わる場面を読み返し、そうだったそうだった、なんて懐かしく思い出しています。

こんまりさんに初めて出会った頃は、私はただの片づけ下手の主婦でした。

片づけに関して、人に語れるような考えは何もありませんでした。

こんまりさんの世界には憧れたけれど、理想論に思えたのも事実です。

今になってようやく、こんまりさんの言っていることがわかるようになってきました。

ゆっくりのペースではありますが、自分や家族がときめくことのできる家づくりを進めていきたいと思っています。

{E244BB19-2DCF-42BA-85F3-9753AB71DAB1:01}



チューリップ紫お片づけのはじめの一歩を応援するメール講座21日ゆったりコースで無理なく♪
チューリップピンク
じっくりお片づけ習慣が身につきます。詳しくは詳細ページを♪
チューリップオレンジ
早く何とかしたいあなたに。7日コースはこちらから。
 
桜お片づけ見える化シート5月版配布中!PDF
桜使い方について詳しい解説はこちら。PDF
桜お片づけ見える化シートって何?という方はこちらを見てね。

お問合せ・ご質問ご質問やお問合せはこちらのフォームからお願いします(SSL方式なので安全です)。
⇒ご質問・お問合せ



るる子流魔法のお片づけマニュアル入門編: 1人でできる「ゆる片づけ」&「ぷち片づけ」レッスンノート
鈴木るる子
B00M8XSU3G

るる子流魔法のお片づけマニュアル 実習編: 1人でできる「ゆる片づけ」&「ぷち片づけ」レッスンノート
鈴木るる子
B00MGY4J8W

るる子流魔法のお片づけマニュアルトラブル解決編: 1人でできる「ゆる片づけ」&「ぷち片づけ」レッスンノート
鈴木るる子
B00MGY4JTQ

こんまりさんの新刊は素敵です☆

暮ラシノユトリ舎お片づけ担当の鈴木るる子です。

こんまりさんこと、近藤麻理恵さんの新刊が出ました。

『毎日がときめく片づけの魔法』です。

毎日がときめく片づけの魔法
近藤麻理恵
4763133527


1冊目は持っているけど(なぜか2冊もある^^;)2冊目は図書館ですませた私。

もう大体わかってるしいいかな~なんて思っていましたが、3冊目はもしかしたら買ってしまうかも~。

本屋さんで見てきましたが、素敵な本でした。

好きなモノだけに囲まれた生活というのがどんなものか、イメージできるような美しい写真がいっぱい。

片づけた先にある憧れの暮らしがビジュアル化されていれば、モチベーションもアップしそうです。

そして文章も、勉強になることがいろいろ書いてありました。

こんまりさん、玄関のたたきを水拭きするだけでなく、靴の裏まで拭いているそうです。

実は今まで、こんまりさんのお片づけって魅力的なのだけれど、理想論だよなーってちょびっと思ってしまっていたのです。

ご本人が独身女性なので、子どものいる生活には向かないな~と。

たとえばシャンプー類はお風呂に置かず、毎回水滴を拭いて洗面所にしまうとか、バタバタと小さい子どもをお風呂に入れる生活ではムリ!

今は娘も小2なので幼児期よりはいいですが、モノの増え方一つとっても大人だけの生活とは全然違います。

でも新刊を読んでいたら(まだ立ち読みですが^^;)こんまりさんが伝えたいのは、そういうことではないのかもと思ったのです。

伝えたいのは、具体的に何をどこにどう片づけるということではなく、生活に対する姿勢。

靴の話に戻りますが、なぜこんまりさんは靴の裏を拭き始めたのでしょうか。

それは、靴の裏というものが特に冷遇されていることに気づいたからなんですって。

毎日足を包んでくれて汚れた地面から守ってくれているのに、全く顧みられない。

表側はまだいいんです。時々磨いてもらえるから。

でも裏まで拭こうという人はあまりいません。

本当は飾りがあって、人目にも触れる機会の多い表面よりも、裏の方が貢献度大なのにね。

そんなふうにモノに対する愛情あふれる視線に感銘を受けました。

可愛らしい容姿と華やかな服装で、乙女を前面に出しているけれど、そういう地味で丁寧な作業の裏打ちがあってこそのこんまりさんなのですよね。

モノや家に感謝し(こんまりさんは家に誰もいなくても「ただいま」って言うんですよね)日々を大切に過ごしているから、こんまりさんはあんなにブレークしたのかもって思います。

と、ここまで思いながらも、それじゃあ明日から靴の裏まで毎日拭けるか、と言われたら私やっぱりできないと思います~。

でも。この本を手にすると、今より丁寧に暮らしたいなっていう気持ちが湧き上がってきます。

そして待望の、こんまり式たたみ方の手順も写真付きでわかりやすく紹介されています。

今月はすでに本を買いすぎちゃってるので迷っていますが、やっぱり手元に置きたい本だなーと思っています。


チューリップ紫お片づけのはじめの一歩を応援するメール講座お申込み受付中。
チューリップピンク新しい年は清々しい住まいを目ざしましょう。詳しくは詳細ページを♪
チューリップオレンジ⇒こちらから


桜お片づけ見える化シート1月版配布中!PDF
桜使い方について詳しい解説はこちら。PDF
桜お片づけ見える化シートって何?という方はこちらを見てね。


お問合せ・ご質問ご質問やお問合せはこちらのフォームからお願いします(SSL方式なので安全です)。
⇒ご質問・お問合せ

こんまりさんのドラマ見ました~‼

こんにちは♪片づけペースメーカー鈴木るる子です。

金曜日に放送された、こんまりさんの『人生がときめく片づけの魔法』のドラマ見ました♪♪

途中からしか見られなかったんですけど…。

こんまりさんをモデルにした「のりまきさん」こと「のりたまきこ」さんというお片づけのプロが、関わる人たちの抱える問題を解決していくというストーリー。

一応ネタバレを避けて感想を書いてみます。

あの本がドラマになるの?って、ちょっと不思議に思いましたが、見てみたら面白かったです。

やっぱりお片づけと人生ってリンクしているんですね。

どうしても前に進めなかったことが、家を片づけることで決心がついて行動できるようになったり。

のりまきさんが偶然出会った、ゴミの捨て方や服のたたみ方を教わったことのない育児放棄状態の子どもたちのエピソードも素敵でした。

そういう子たちをただ叱ってもしょうがない。

その子たちができないのは、やり方を知らないだけ。

ちゃんと教えれば、基本的な生活習慣はちゃんと身につけることができるのです。

子育て中の私にはちょっと耳が痛かったりして。

何事につけ、ちゃんとしたやり方を上手に伝えることができれば、子どもはできるようになるんですよね。

結局子どもたちは、親元でない落ち着き場所が見つかるのですが、教わったきれいな服のたたみ方をそこでも続けていました。

「どこにいてもできます」というのりまきさんの言葉、ちょっと感動的。

これはお片づけ全般に言えることですが、どんな環境であっても、身の周りを整え、心地よく暮らすことは可能なんですよね。

自分の選択と決意があれば。

仲間由紀恵さん、こんまりさんのちょっとクールな雰囲気を上手に出してました‼

こんまりさん、いつもあんな感じでお仕事されてるのかな。

ドラマと全く同じではないでしょうけど、現場できっとドラマチックな人生模様にたくさん出会っているんでしょうね~。

テレビを時間通りに見るのが苦手な私ですが(現に最初の方見逃している…)うまく見られてよかったー♪



桜お片づけ見える化シート10月版配布スタート!PDF
桜使い方について詳しい解説はこちら。PDF
桜お片づけ見える化シートって何?という方はこちらを見てね。

こんまりさんの教え~キッチン編

おはようございます♪片づけペースメーカー鈴木るる子です。

こんまりさんこと近藤麻理恵さんの新刊『人生がときめく片づけの魔法2』には、キッチン収納にまるまる1章が割かれています。

やっぱりキッチン収納に悩む方が多いんでしょうね。

使用頻度が高いうえに、モノが多いから、片づいているかどうかで能率が大きく変わる場所です。

具体的な収納のやり方もいろいろ書いてありますが、こんまりさんの本で印象的なのは、やはりテクニック面よりも考え方です。

キッチン道具がサッと取り出せることを理想にしてはいけないという記述がありました。

理由は、キッチンの使いやすさは「取り出しやすさ」よりも「掃除のしやすさ」によるところが大きいから。

これは納得できます。

モノがごちゃごちゃ置いてあると、汚れをサッと拭き取れません。

調理中はこれがけっこうなストレスになるんですよね。

我が家のキッチンは、あまりモノを外に出していない方かもしれません。

以前はよく使う調味料を調理台の上に置いていましたが、思い切って引き出しにしまってみました。

不便だったら戻そうと思っていましたが、同じ調味料の出番は、調理中に多くても2、3回。

それよりも広々としたスペースを確保できるメリットが大きかったので、以来そのままです。

 ⇒その時の記事はこちら


アフター写真はこんな感じです。
るる子流魔法の片づけ術でみるみるうちにお部屋スッキリ!


あ、でも今改めて写真を見てみてちょっと反省。

今はお茶のポットなどのちょっとしたモノが置かれていて、ここまでスッキリではありません。

ちなみにこんまりさんは、食器洗い用のスポンジや洗剤も、扉の中に収納しているそうですね。

これは、もし実行できたらさぞかし気持ちいいでしょうね。

でもちょっとハードル高いかな~。

その他には、調理用具やカトラリー、製菓グッズなどの収納法など、いろいろ紹介されています。

そしてるる子も、この本を読んでキッチンに関してやってみようと思ったことが一つあります!!

今日が図書館の返却期限なので、この本とはお別れですが、また実行したらブログでご報告しますね。


人生がときめく片づけの魔法2
近藤麻理恵
4763132415



桜お片づけ見える化シート2月版配布中!PDF
桜使い方について詳しい解説はこちら。PDF

桜お片づけ見える化シートって何?という方はこちらを見てね。