「お片づけ見える化シート」と「10コマシート」の使い分け

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

11月のお片づけ見える化シートの配布をスタートいたします。

先日、ブログを見てくれてるお友だちに会った時、「10月の見える化シート、印刷して使ってるよ^^」と言ってくれました。

活用してもらえて嬉しいな♪

でも最近何かと忙しそうなそのお友だちの話を聞いていたら、こういう時には「10コマシート」の方が向いているかもって思ったんです。

見える化シートは、1ヶ月分のお片づけを記録できるA4の紙です。

5分のぷち片づけでも、15分のゆる片づけでも、どちらを記録してもいいけれど、どっちかというと15分向き。

「10コマシート」はA5に4つの片づけ表を詰め込んでいるので、1つ1つの表は小さいです。

1つずつ切り離して手帳に貼ってもよいし、A5のまま4回分として使ってもよいです。

{71B56EC9-8951-42C6-9609-97E7D6DAAE08}


何が10コマかというと、1週間に5分片づけを10コマという意味です。

忙しかったり、体調を崩したりして、リビングが荒れ気味になって何とか平常に戻したいという時に効果的です。

私が人体実験をした結果、1週間で10コマ実行できると、荒れ果てたリビングもそれなりに落ち着きを取り戻すということがわかったのです。

たったそれだけで?と思うかもしれませんが、ダメダメな時って大体それだけの片づけもできていないことが多いんですよねえ、経験上。

なので5分片づけを1日2コマを実行するだけで、今よりも必ず改善します。

見える化シートの方は、もう少し余裕が出て、15分単位で片づけに取り組めそうな時に使っていただけると活用しやすいかなと思います。

ただ、このシートには面白い効果もあります。

「今月は忙しくて全然できなかったなぁ」と思った時でも、月の終わりに振り返ってみると、そうではなかったとわかるのです。

ついついなかったことにしてしまう自分の頑張りを、ちゃんと認識することができます。

これは意外に大事なことです。

たとえば1ヶ月のうち5日しか片づけができなかったとしてもそれは「全然できなかった」ではありません。

他人に置き換えてみるとすぐわかることなのですが、もし友だちが「今月は全然片づけができなかった」と言ってその記録シートを見せたら、何と言いますか?

「全然ってことはないよね。ちゃんとやってる日もあるじゃない?」って言ってあげませんか?^^

それと同じことをご自分にも言ってほしいのです。

簡単そうに見えて、けっこうむずかしいこと。

見える化シートは名前の通り、今月の頑張りを見える形にしてくれます。

そういうわけで、「見える化シート」と「10コマシート」は、状況やお好みに応じて使い分けていただけたらと思います。

どちらも無料で配布しています。

お片づけ見える化シート11月版配布スタート!
使い方について詳しい解説はこちら。
お片づけ見える化シートって何?という方はこちらを見てね。


1週間で10コマ表


無料メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト
⇒こちら


メール講座
チューリップ紫お片づけのはじめの一歩を応援するメール講座21日コース♪
チューリップピンク
楽しくお片づけ習慣が身につきます。詳しくは詳細ページを♪



スポンサーサイト

【見える化シート10月版】どんな時に使うと効果的?

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

金木犀の香りが流れる10月になりました。

・・・早いですね。

10月版の「お片づけ見える化シート」の配布をスタートいたします。

片づけの習慣づけのお役に立てていただけたら幸いです。

このシートはずーっとつける必要はありませんが、リズムとコツをつかむまでの間は、このようなお片づけ専用の記録用紙があるとよいですよ。

手帳やカレンダーでももちろんいいのですが、わざわざ1枚のシートを使うことによって、意識が高まるという効果があります。

また記録欄もお片づけに便利なように考案されていますので、ぜひお使いになってみて下さい。


{2A91DC51-B30A-4B3D-B87E-429BC7B80DA1}


4年くらい無料で配布を続けてきましたが、来年どうするかは未定。

日付なしタイプの配布になるかもしれませんので、日付ありをお使いになりたい方はぜひ今のうちに!

私自身は最近は、使わない月もありますが、気合を入れたい時や、逆に調子が出ない時などは印刷しています。

使ってみるとやっぱり記録することの確かな手ごたえを感じますよ。

やる気や充実感はあやふやなものなので、時間がたつと消えてしまったりします。

そういう時も、紙に記録してさえおけば、頑張った事実や次のプランなどがいつも目の前にあります。

そこから次にどこを片づけようかという手がかりをつかんで下さいね。



桜お片づけ見える化シート10月版配布スタート!PDF
桜使い方について詳しい解説はこちら。PDF
桜お片づけ見える化シートって何?という方はこちらを見てね。

【見える化シート9月版】ずーっと記録しなくてもいいんです

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

せっかく新学期が始まって、そして給食もスタートしたというのに、「わーい自由じかーん!」とはならないで…

実はここ2、3日体調を崩していました。

頭痛薬の効かない頭痛になってしまい、パソコンやスマホの画面がほとんど見られませんでした。

・・・夏の疲れかなぁ。

引き取り訓練があったので、それだけは何とか体を騙し騙し出かけ、「よかった!来てくれないかと思った!」と歓迎してくれる娘を連れて帰宅。

高学年になって最近クールですが、久しぶりに喜ばれてこっちもハッピー。

でもその後また夕方以降、頭痛が悪化して倒れ込むように寝てしまいました。

今日は午後からやっと持ち直した気がしたので、動いてみたら動ける。

真っ先にやったのはリビングの片づけです。

かつての自分からは考えられないことですが、すっかり片づけが自分の調子を整えるための儀式になってます。

それからやっとパソコン(タブレット)開てみたら、何とか大丈夫みたいでホッ。

ブログの更新もそうですが、いろいろと滞ってしまって、トイレ掃除も連続19日でいったんリセットされちゃいました。

7月に連続365日を達成後、夏休みの旅行が挟まったり、気が緩んでできない日があったりで、今回やっと19日までいったのに~。

またゲーム感覚で再開すればいいね。

さて、そんなわけで動きが取れなくてすっかり遅れてしまいましたが、9月版のお片づけ見える化シートの配布をスタートいたします。

記事末のURLよりダウンロードして下さいね。

お片づけは目に見えません。

自分の足跡を紙に残すことで、頑張った分をちゃんと認められるようになります♪

この記録はねえ、ずーっと続けなきゃいけないかというと、必ずしもそうではないんです。

片づけが身についてきて、「片づける」⇒「それをちゃんと認識する」⇒「満足感を持つ」というサイクルが自然とできるようになったら、いちいち記録しなくても大丈夫。

時々、すごくモチベーションが落ちたり、何かの理由で部屋がひどく散らかった時に、また思い出して記録してみると、新たに気づくことが出てきたりします。

私もそんな感じなので、必要な時にぜひお役に立てていただけたらなと願ってます。

{8F6586A2-D9A0-4837-AF96-685857B07DA0}
昨日途切らせてしまったトイレ掃除。今日は再開しました。アロマの瓶を緑にしたら更にいい感じ♪


桜お片づけ見える化シート9月版配布スタート!PDF
桜使い方について詳しい解説はこちら。PDF
桜お片づけ見える化シートって何?という方はこちらを見てね。

【見える化シート】子ども部屋の片づけ記録に

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

うっかりしているうちに月が変わってしまいましたが、8月版の「お片づけ見える化シート」の配布をスタートします。

ぜひご活用下さい。

ダウンロードは記事の最後に貼るURLからどうぞ。

ドキドキ

夏休みは子ども部屋の片づけのチャンスです。

我が家でも少しずつ始めていますが、正直なところ最初は「前途多難!」とため息が出ました。

5年生ともなると、親に口出しされるのは面白くないようで、片づけも自分でやりたがります。

実際、気分が乗れば机の上などは本人がピカピカにするので油断していましたが、押し入れの中を見てびっくり~~。

かなりの混乱状態になっていました。

それでもしばらく「一人で片づける」と頑張っていましたが、どう見てもキビシイ。

というか、これがもし私の部屋で、自分一人で片づけなければならないとなったら、相当メゲます。

誰かサポートしてくれる人の存在は、大人にだって必要なんです。

「無理に捨てさせようとしないから」となだめ、何とか共同作業の足場を築きました。

娘の部屋にはとにかく「宝物」が多いんですねー。

使っているわけではないけれど、捨てられないモノ。

「使える」とか「使えない」とか「最近使ってない」とかを判断基準にできないのがツライところです。

それでもやっと作業が流れ始めたのは、大量のモノをとにかく何らかの基準で分類し始めたあたりからでした。

「筆記具」「人形・マスコット」「紙類」「リボン」「袋」・・・

もちろん種類にかかわらず「捨てていい」と分類されたモノはすぐに捨てますし、「この部屋に置かなくてもいいモノ」というジャンルも作りました。

「筆記具」や「マスコット」の中にも、捨てていいモノはあるかもしれませんが、とにかく「言葉で説明できる状態に分類する」ことを優先しました。

「この箱に入っているのはマスコットだよ」と人に説明できるような分類の仕方にする。

曖昧にならないよう、どんな分類にしたのか小さい紙に書いて箱に入れておきます。

人に説明できるということは、自分に対しても説明できるということ。

「あれどこだっけ?」と思った時に、「〇〇だからどこそこにあるはず」と見当がつくようになるってことです。

{95CE9E20-0F27-4F55-8D9B-9ACED1CE92C2}
(こんな優雅にティータイム取ってる場合じゃなかったけどね)

着手するだけでもエネルギーのいる子ども部屋のお片づけ。

何とか流れ出してよかったと思います。

また進み具合やコツなどについて、続けて記事にしていきますね。

などと言いつつ、私は明日から小旅行に出てしまいます~(笑)。

何をどこまでやったか忘れないように、今月は特にしっかり記録を取りたいと思います。

1ヶ月分のお片づけを一目で見渡せる「お片づけ見える化シート」、無料で配布しています。

子ども部屋の片づけにもそれ以外の片づけにも、どうぞご活用下さい^^。


桜お片づけ見える化シート8月版配布スタート!PDF
桜使い方について詳しい解説はこちら。PDF
桜お片づけ見える化シートって何?という方はこちらを見てね。

お片づけの記録を残すと見えてくるもの

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

7月になりました。

ということは、ですよ。

今年も半分過ぎたということ。

キャー( ;∀;)

時の流れは速いってわかっていて、心して過ごしていたつもりなのに、やっぱり速かった(笑)

せっかくの節目なので、この機会に今年上半期の6ヶ月間を振り返ってみることをお勧めします。

2016年の目標サポートサービスを受けて下さっている皆さまには、間もなく7月号をお送りしますね。

その中でもまた書こうと思っていましたが、それ以外の方も、年明けの頃と今の自分を比べてみて下さい。

かならず1つや2つは、「ここは変わった!」「我ながら進歩した!」と思えることがあるはずです。

さて遅くなりましたが、7月分の「見える化シート」を配布します。

これ、書き終わってからも取っておいてまとめて見直すと面白いですよ。

特に何の進歩もないと思っていても、半年前の見える化シートを見ると、とっくの昔に片づけた場所の記録が残っているかもしれません。

なーんだあの頃はそんなことで苦労していたのか、なんて微笑ましくなっちゃうかも(^.^)

逆に同じ場所の片づけで悩み続けていたなら、そこが鬼門なのかなぁなんて見当もつきますよね。

やっぱり記録って大事なんです。

見える化シートはそのためのツールになるように、毎月最新版を公開しています。

特に7月は夏休みも始まるので、何かと振り回されがち。

その中で軸足をしっかりさせるためにも、お片づけの記録を取っておくと、生活の中の一本の芯となってくれます。

見える化シートは、無料ダウンロードしていただけます。

下記のURLからどうぞ。


桜お片づけ見える化シート7月版配布スタート!PDF
桜使い方について詳しい解説はこちら。PDF
桜お片づけ見える化シートって何?という方はこちらを見てね。


{838B5720-C0AF-4773-B9A1-453D2700E010:01}
昨日の夜、娘に作った(乗せただけ)フルーツヨーグルト。ちょっぴりハチミツかけて食べました。