スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休み子ども部屋の片づけレポ①

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

お盆休みにはまだ入っていませんが、夏休み真っ只中という感じになってきましたね。

「社員旅行」から帰ってきて、自分の誕生日(7日でした~)のあたりから、ちょっと疲れを出してしまいました。

昨日は各地で大変な猛暑でしたが、基本的に家で過ごしていたので、少し体調も持ち直してきました。

旅行前から取り組んでいた子ども部屋の片づけにも少し進展がありました。

実は最初ね、最近ハマっている「1時間に5分片づけ」で乗り切ろうと思っていたのです。

でもやってみたら、さすがにそれは甘かった。

いったんきれいにして、それを維持するのであれば十分すぎるはずですけど、けっこうなカオスになってましたから。

第一、リビングなどをその都度リセットするための5分間を別のことに使ってしまうと、普段の生活空間が片づきません。

1コマあたり15分の枠を取って、娘と相談しながら進めることにしました。

紙だのオモチャだのメモ帳だの筆記具だの積み木だの、ありとあらゆるモノが混在していてクラクラしました。

最初はそれを分類する作業。

幸い学用品がそれらに混じるということはなかったので、まだよかったです。

そうでない場合は、学校の道具はとにかく最優先で救出しておかないとです。

とにかく紙は紙で1ヵ所にまとめ、マスコット、アクセサリー、筆記具などに分類していきます。

片づけというのは、分類ができるとかなり見通しが立ってきますが、子ども部屋の片づけではこれがむずかしい。

大人の目から見ると、分類しようのない「宝物」=ゴチャゴチャ細かいモノが後から後から出てきますからねえ。

ここで勝手に判断して捨ててしまうのは、もちろんNGです。

ただいつまでも整理がつかないのは困るので、「この部屋に置かなくてもいいモノ」を選んでもらって押し入れ行きにします。

子どもにとって「捨てたくはないけれど優先度の低いモノ」なので、当面は箱にひとまとめにして、そちらは必要があれば後で何とかする予定。

部屋に置きたいモノとそれ以外のモノの分類も、基本的には子どもに任せます。

そしてここでも、時間で区切ったり「この箱の中味だけ」と限定したりして、作業を小分けにするのがとても大事です~。

そうでないと疲れ果てます。

今はまだこの分類作業中ですが、最初は混沌としていた中にもかなり秩序が出てきました。

もう少し作業が進んだら「混沌からの片づけのコツ」をまとめてみようかな^^。

{70338845-B784-4C51-B425-87B507EC2504}
この写真は、娘が2年生の時のものです。

あの頃よりモノが増えているのと、親が関与しづらくなったのを感じています。

そうそう、思春期の子に「手を出さないで。自分で片づけるから」と言われた時にうまくいった説得方法もお伝えしたいな~。

また改めて記事にしますね!


無料メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト
⇒こちら


メール講座
チューリップ紫お片づけのはじめの一歩を応援するメール講座21日コース♪
チューリップピンク
楽しくお片づけ習慣が身につきます。詳しくは詳細ページを♪



スポンサーサイト

夏休みは子ども部屋お片づけのチャンス

おはようございます♪片づけペースメーカー鈴木るる子です。

今日から8月。

夏休みもいよいよ佳境に差し掛かってきました(笑)。

皆さんお疲れを出しませんように。

さてタイトルの子ども部屋のお片づけ。

頭ではわかっていても、なかなか本格的に取りかかれずにいました。

それが昨日、ちょうどよいきっかけがありました。

私がちょっと体調を崩してお昼寝してしまい、娘を1時間くらい放っておいたのですね。

するとその間に、子ども部屋のオモチャをあれこれ出して、遊びたい放題。

しばらくお蔵入りしていたシルバニアまでが、部屋中に散らばっていました。

起きた時ギョッとしたのですが、これはもう覚悟を決めるしかありませぬ。

本腰入れてやろうと決意して、1コマ15分で4コマ分の時間を取りました。

前々からやろうねと言っていたので、娘も幸い協力的。

我が家の子ども部屋は和室なので、収納は押し入れです。

奥行きいっぱいの収納家具(キャスター付き)にオモチャ類を入れています。

すべてのオモチャをとにかく出して、掃除もして、あとはひたすら分類作業です。

前にもご紹介した、分類用のシートを広げて、「処分するもの」「使っているもの」「使わないけど取っておくもの」の3つに分けさせました。

うちの娘…小2ですが、すでに「捨てられない女」の兆しあり。

「使わないけど取っておくもの」すなわち「宝物」がやたら多いんですよね。

それでもさすがに少しは進歩が感じられ、折り紙の作品や、幼稚園で指編みした毛糸などは、「処分」に分類してくれました。

折り紙を1センチくらいの玉に丸めた「木の実」が何十個も出てきたのには呆れましたが、それもめでたく処分認定。

15分ごとに「あと2コマ」「あと1コマだけ頑張ろう」と声をかけ、1時間頑張りました。

子どもって成長しますから、幼児時代のオモチャから、去年の学校のノートまで、モノの種類もいろいろです。

古いからいらない、とはもちろん一概に言えないし、私が勝手に判断するわけにいかないし。

本当に頭の痛い問題でした。

押し入れが半ばブラックボックス化していたのですが、何が入っているか把握できたのでだいぶ気が楽になりました。

処分できたのは、私の希望よりは少ないですが、それは仕方ないですね。

同じモノであっても、いったん「宝物」認定したモノなら、前向きに収納方法を考えてあげようという気にもなります。

時の経過とともに、宝物も変わっていくでしょうし。

まだ途中ではありますが、だいぶ見通しが立ってきました。

今日も続きをする予定。

次の記事(Simplogから投稿予定)に、分類途中の写真を載せますのでご覧下さい。

うっかり写真をiPhoneで撮ってしまったら、パソコンでアップするやり方がわからず・・・。

(今から出かけてしまいますが、たぶん今日中にはアップできると思います^^)


桜お片づけ見える化シート8月版配スタート!PDF
桜使い方について詳しい解説はこちら。PDF
桜お片づけ見える化シートって何?という方はこちらを見てね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。