素敵活動は自分を映し出し、導いてくれる

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。


本日、メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト」の配信を行いました。


書きたいことがありすぎて、全部書けなかったので、ブログで書いちゃいます。


内容的にも、うん、その方がいいような気がする。


素敵活動ってそもそも何のためにやるのか、と言う話なのです。


もともと片づけが苦手だった(…今もですー)私。


人を呼べないほど、またしょっちゅう探し物をしているほど、家の中が散らかっていた頃は、片づけはとても切実な課題でした。


明らかに生活に悪影響が出ているので、何とかしなければ!という思いが強かったです。


一通りそこそこ片づいてしまってからは、百点満点とはとても言えないけれど、まあこの状態をキープできてればいいんじゃないの?とのんびりモード。


それでも生活するうちに、モノはまた増えますからメンテは必要ですが、必死さとかモチベーションは、やはり低下しますよね。


その一方で、なんで我が家はいつまで経ってもどこか垢抜けないんだろう⁇と、モヤモヤを感じ続けていたのも事実です。


私ね、今さらですが、インテリアとかにあんまり興味がなくて。


しかもセンスに自信もないし。


そんな私が、なんで素敵活動なんてしてるのかなぁって、時折不思議に思うことがあるんです。


{ED6DD25D-2426-4FB5-B5C0-929AA020F047}


毎週のメルマガがあるから、半ば義務のように活動していることもあるけれど、その一方で手をかけると空間の雰囲気がガラッと変わる感動も何度も経験していて。


あぁ、これが醍醐味なんだなーと思ったりもしました。


でもね、クリスマスのしつらえとかして、玄関が本当に雰囲気がよくなってうっとりしていたのに、クリスマスってすぐ終わっちゃうんですよね。


{F80848A5-6660-442B-A886-12EA7AF7E9D8}


そうするとまた、新たに整えなければならず、あー何だかエンドレスだなぁなんて思ってしまったりして。


空間を整えるのって、常に「今」に合わせる必要があるんですよね。


生ものなんです。


ライブなんです。


めんどくさいんです(笑)


でもだからこそ、空間を整える作業って、自分を映し出す鏡の役割を果たしてくれます。


私は去年の12月から「モーニングページ」というものをつけています。


毎日ノートに3ページ分、思ったことを垂れ流す(笑)のですが、そのノートの中に時々ハッとするような言葉が書かれています。


{C4665C38-A9BE-4ACD-8087-3CFC2F34AFBE}

自分で書いたはずなのに忘れている言葉。


たとえばこんなことが書いてあるのを発見しました。


「人間は変化しながら生きていくもの。


素敵活動は、その変化を拾い上げ、方向づける活動だ」って。


まさにそうよねえ。


つまり素敵活動は、行きたい方向に自分を仕向けてくれる羅針盤みたいなものなのかも。


今よりもちょっとだけよい方向へ。


そう考えると、素敵活動は自分をシャンとさせてくれるありがたーい習慣なのかもしれないです(*^^*)


そんな素敵活動の様子をリアルタイムでお届けするメルマガのお申し込みはこちらです。


無料メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト
⇒こちら

スポンサーサイト

断捨離子育て術

おはようございます♪片づけペースメーカー鈴木るる子です。虹

プレジデントFamilyという雑誌の特集が「断捨離子育て術」だったので買ってみました。

プレジデント Family (ファミリー) 2012年 05月号 [雑誌]
B007ED89VI


この雑誌初めて買ったのですが、最初はうわ~~あせると思いました。

だって表紙に書かれていたのは、

頭がよくなる片づけ習慣 とか。

学力アップは「使ったらしまう」から始まる とか。

なんかな~、子どもに片づけ習慣をつけるのって、頭をよくさせるためなの??

ちょっと引いてしまったりもしたのですが、断捨離の記事を読んでみたら、落ち着きのあるいい内容でした。チョキ

断捨離のやましたひでこさんと、小池龍之介さん(←『考えない練習』著者の住職さん)との対談や、座談会、インタビュー記事など、盛りだくさん。

子育てとの関係を中心に扱っていて、読みごたえがありました。

片づけというものを通して、自分と子どもとの関係、さらに言えば自分という人間が浮き彫りになるのですね。

印象に残った言葉はいろいろあるのですが、中でも一番ハッとしたのはやましたさんのこの言葉。

「片づけには高度なテクニックが要るんです。

 と同時に人間の執着との闘いなんです。

 だからそう簡単にはいかない。だけど、やりがいがある」

あ、ちょっと補足しますと、「片づけには高度なテクニックが要る」というのは、片づけの敷居を高くする言葉じゃないんですよ~。

「たかが片づけ」と思って「片づけすらできない」なんて自分を責めないでね、という文脈でした。

人間の執着との闘い。

なるほど。そう考えるとむずかしくて当たり前。

終わりがないし、生きることと深く結びついてるし、だからちゃんとできたらその分「よくやった!」と思わなくてはね。

桜お片づけ見える化シート4月版配布スタート!PDF
桜使い方について詳しい解説はこちら。PDF

桜3月版はこちらから!PDF
桜お片づけ見える化シートって何?という方はこちらを見てね。

お片づけは社会的な行為

おはようございます♪片づけペースメーカー鈴木るる子です。チューリップオレンジ

NHKの朝の番組で、被災地の仮設住宅の方たちに収納のアドバイスをするという企画を見ました。

あの震災から1年。涙

仮設住宅では、仮住まいだという意識が強く、なかなか部屋を整えようという気になれないようです。

それに仮設住宅は何しろ狭い。

せっかく送ってもらった支援物資を断ったり捨てたりするのも気が引けるという事情もあるようでした。

そんな中、押し入れに布団が入り切らないまま暮らしていたある主婦の方がいました。布団

婦人友の会という団体の、収納エキスパートの方が、現地に赴いてアドバイスします。

突っ張り棒とカラーボックスを組み合わせて押し入れを区切りました。

布団は出し入れしやすく、埋もれていた物資は一目で見渡せるように収納!

あくまでもその方にとっての使いやすさを優先して考えていたのが印象的でした。

暮らしやすくなったと感激したその方を一週間後に訪ねると、自主的に他の箇所も整理されていました。水仙

そして震災以来どうしても作れなくなっていた趣味の川柳、久しぶりに作れたとのことキャー

しかもですね、その川柳の内容ってば、長年連れ添った旦那様への愛を詠んだものなんですよ[みんな:01][みんな:02]きゃー恋の矢

見ていて感動してしまいました。キラキラ

収納の仕方一つで、人の暮らしに希望の灯をともすことができるんですね。キャンドル

生活の場が整えば、近所の方を招いてのおしゃべりも気軽にできるかもしれません。

住まいを流されて、仮設で不自由な生活を送っている方々が元気になれば、大きな復興支援になります。

お片づけって、家庭の中だけのプライベートなことと思いがちですが、そうではない。

とても社会的な要素を含んでいるんだなーと、目を開かされる思いがしました。


桜お片づけ見える化シート3月版配布中!
PDF

桜使い方について詳しい解説はこちら。
PDF

桜2月版はこちらから!
PDF

桜お片づけ見える化シートって何?という方はこちらを見てね。

1年前のメモ

クリスマスツリーこんにちは。片づけペースメーカー鈴木るる子です。

昨日は法事でした。

法事…。けっこうエネルギー使います。^^;

またがおりそうになりましたが、何とか持ちこたえてます☆

お坊さんのお話って、退屈かと思っていると決してそんなことないですね!!

法事というのは自分が前回の法事からの時間をどうやって生きてきたかを振り返る機会なのだそうです。

そういう機会を、亡くなった方からいただいているのだというのです。

なるほど。ひらめき電球

たしかに4年前に会ったときには、まだヨチヨチ歩きだった親戚の子も、すっかりお姉ちゃん。

我が家の5歳の娘と仲よく遊んでいました。

その娘も、4年前はお堂の中をトコトコ駆け回っていましたっけ。

間の期間が抜けているからこそ、その違いがハッキリとわかりました。

じゃあ自分は?

そう振り返ってみると、子どもほどハッキリとは変化がわかりませんが、仕事のこと、ファッションのこと、人づきあいの仕方、やっぱり変わりましたね~。(^^)

とはいえ、法事なんてそうしょっちゅうあるものでもないし、出たいと思って出るものでもないし・・・。

そんなことを思いながら、帰ってきて何気なく去年の手帳を見ていたら、片づけに悩む自分のメモを発見!!

いくら片づけてもリビングが片づかないので、毎日リビングの15分片づけしよう!おからですって(爆)

…あれから1年。

毎日15分片づけは実行できませんでしたが、それでもリビングはちゃんと片づきましたよ♪

1年前、悩んでいたんだなーと思うと、何か感慨深かったです。

どんな形でもいいので、ちょこっと記録しておくって、大事ですね~。

そこで宣伝、というわけじゃないですが^^; お片づけ見える化シートも、よかったら活用して下さいね。ダウンロードはこちらから↓↓↓


桜お片づけ見える化シート12月版配布中!PDF
桜使い方について詳しい解説はこちら。PDF

桜11月版はこちらから!PDF
桜お片づけ見える化シートって何?という方はこちらを見てね。

見えない場所の片づけ効果

オレンジ片づけペースメーカー鈴木るる子です。

雨ですねー。雨 そろそろ夕方ですが、一日中なんだか薄暗かったです。

最近は、見えないところのお片づけにもやっと手が回るようになりました。リビングの物入れの中に置いた引き出しの中を少しずつ整理しています。

扉を閉めてしまえば見えないので、「はかどった音譜片づいたラブラブ」という、わかりやすい達成感はないのですが、気持ちへの影響が意外に大きいなーと思います。

見えるところのお片づけをすると、気分爽快になって活動的になれる。

でも見えないところのお片づけをすると、落ち込みにくく、精神が安定する感じ。

自分が深いところで支えられている感じがずーっと続きます。

見える場所を片づけていた時よりも、静かで確固たる自信につながるみたい。

部屋の状態と心の状態はリンクしているって言いますが、見えないところであっても、やっぱり心とのつながりはあるんですね。目

もちろん我が家も、見えるところがカンペキに片づいているわけではありません。ましてや見えないところは、ゴチャゴチャの場所の方が多いくらいです。あせる

でもこういう効果を実感できると、見えるところも、見えないところも、また頑張ろうって思えます。ベル

桜お片づけ見える化シート11月版配布スタート!PDF
桜使い方について詳しい解説はこちら。PDF
桜お片づけ見える化シートって何?という方はこちらを見てね。