スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新生活のリズム作りアイデア集③&④(片づけ関連)

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

1年で2000個手放す実況中継メルマガを本日配信いたしました。

今日はメルマガの裏テーマである「子どものお片づけ」について、現状をいろいろとつづっております^^。
⇒メルマガ購読お申し込みはこちら


合格

新生活のリズム作りのアイデア、第一弾と第二弾までご紹介が終わりました。
⇒①はこちら
⇒②はこちら

残りの2つは、リズム作りというよりは片づけ関連です。

モノが混乱状態だと行動にも何かと支障が出ますし、結果的に新生活がうまく回りません。

新学期は新しい教科書が来たり、学校プリントが多かったり、それに伴い提出物も増えたり。

我が家では、それなりに教科書やプリントの整理をしていたつもりだったのに、やや詰めが甘かったようです。

新学期になってから、未整理のプリントがひとかたまり出て来たり、通信教育(チャレンジ)の前年度分がまだ棚を占領していたり…。

特に私は、時間で区切って片づけるという方法をベースにしていますので、時間切れになって、わけのわからない紙類がテーブルに積み重なってしまうことがあります。

新年度の生活が落ち着くまでは仕方ないかなと思っていたのですが、ここで諦めるのも変じゃない?と気づきました。

やはり目の前に余分なモノがあると落ち着かないし、思考力まで低下していく気が…。

これはモノが置いてある間は気づかなくても、なくなってスッキリしてみると「あ、こんなに負担がかかってたんだ」とわかるのです。

我が家ではこれまで長期休みのたびに「夏休みボックス」や「冬休みボックス」などを作っていました。

宿題に必要な用具一式を、普段はランドセル入れにしている箱(元は新聞ストッカー。でもこれは深すぎるので替えるかも)に入れておくのです。

夏休みであれば、ドリル、リコーダーと楽譜、生活リズム表、自由研究に使う資料やマジックペンなど。

それに加えて、夏休みの計画表などもまとめておきます。

出される宿題に応じて、冬休みであれば書き初めに必要な一式が加わったりします。

春休みは宿題が出なかったことと、最近リビングに学用品コーナーを作ったので、春休みはこのボックスなしでいけました。

ところが新学期になってからの方が、むしろイレギュラーなモノが散乱し、そのような「特設会場」なしには厳しくなりました。

そこで行き先がとっさに決まらないプリント類(昨年度のものも含む)をそのへんに置くかわりに、A4サイズの箱にまとめておきました。

提出書類なども、うっかりすると紛れそうになりますが、「とにかくこの箱の中を探せばあるはず」という場所を作っておきます。

箱でなくトレイでももちろんOKですが、新学期の混乱が落ち着くまでの期間限定の仮置き場です。

ところが、ごめんなさい!実は我が家の特設会場は、11日(月)現在、かなり縮小してしまいました。

もっと早めに記事をアップできたらよかったんですけど・・・。

というのも、④の「リビング1週間プロジェクト」のおかげなのです。

記事を分けたいのですが、またアップするのが遅くなってもいけないのでこのまま書いちゃいます!

これはリビングが乱れがちになり、なかなか元に戻らないよーという時に、私がいつも使っている方法です。

リビングが散らかるのは、普段よりも時間がなかったり、モノがたくさん流れ込んできたりする時が多いです。

そういう状態を立て直したくても、普段より忙しいからこそなかなか思うようにいきません。

ほんのちょっとの時間と労力で、ちょい置きしてあるアレやコレを元に戻したいのに、それができないままに何日もたってしまったりします。

1つ1つは簡単な動作なので、たった5分でいいのです。

1コマ5分を1日2コマ。

1週間で14コマになるはずですが、どうしてもできない日のことを見越して10コマクリアしたら合格点ということにします。

これがリビング1週間プロジェクト。

最初の1日2日は、あまり効果が感じられないかもしれません。

何しろ生活するということは散らかるということ。

片づけながら散らかすので、プラスマイナスゼロ?と思ってしまうことも。

でもね、片づけができていない時っていうのは、片づけの時間が5分にも届いていないことが多いのです。

それを1コマ、2コマずつでも毎日続けたらどうなる?

最初は散らかした分を片づけるだけに思えても、だんだんに余裕が出てきます。

少しだけできた余裕を使って片づけ続けると、1週間後にはかなり手ごたえが感じられるものです。

我が家のプロジェクト、今日で3日目ですが、下校した娘が開口一番「あれ~?今日このへんキレイだね」と言ってくれました^^。

そうそう、こちらもちゃんと記事でご紹介したいんですが、最近の私の家事ボードです。

{2698FACE-E899-48A3-BB45-2D50F0B451D8:01}



タスクビンゴと小掃除一覧スケジュールが一緒になっているのですが、そこに1週間プロジェクト用の表をくっつけました。

こちらの表は無料でお配りしています。

よかったらお使い下さいね!

⇒1週間プロジェクトの記録表ダウンロード
(メルアドを要求される場合がありますが、入力せずに×印をクリックして閉じてOKです)



スポンサーサイト

時間管理に関するちょっとショックなお話

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

オーディブルで本を聴きながら、家事をするのが楽しみな今日この頃~。

読書のためにわざわざ時間を取るのがむずかしくても、耳があいている時間というのは意外に多いものです。

オーディブルのアプリでは、1.5倍や2倍などの早聴きをすることもできます。

そうやってサッと聞き流しても、気になる本はまた聞き直してもいいので、逆に理解が深まったりします。

佐々木正悟さんの『ライフハックス―鮮やかな仕事術』、発行が10年ほど前の古い本ですが先日も少しご紹介しました。

この本の中にもう1ヵ所、ちょっとショックなことが書いてあったんです。

思わず「えーーっ?それはないでしょ?」と思ってしまったんですが、もしかしたら、いえ多分それ当たっています。

…例によって紙の形で手元にあるわけではないので、正確な引用ができず、ちょっとわたしフィルターがかかってしまうのですがご了解下さい。

どんな時間管理をすれば、成果を上げられるのかというお話です。

実は、具体的にどんな時間管理をしているかは、成果にあまり関係がないんですって‼︎

その人が「自分はうまく時間管理ができている」と実感していることが大事なんですって~。

目標を立てたから生産性が上がるとか、優先順位をつけたから成績がよくなるということはなく、「自分はうまくできている」という実感の方が大事なのだとか。

アメリカのエイブラハム・テッサーという社会心理学者の説だそうです。

うーむ。

これっていろいろ考えさせられません?

私たちはつい、新しい時間管理の手法を取り入れたらうまくいくような気がして、いろいろなノウハウを追い求めてしまいます。

けれども大事なのは、そういうことではなく、どれだけ自分が納得して満足してその方法を使っているかということなんですね。

私も楽しそうな工夫は大好き♪

ゲーム感覚で、お片づけや家事をいかに楽しくこなせるか考えるのは、もう趣味みたいなものだし、実際にそれで能率が上がることもたくさんあります。

タスクビンゴとかね。

でももし自分の感覚に合わず、納得できないのに、その方法がよさそうだからという理由で使い続けたとしても、効果は上がらないんですねー。

たしかにそれも感覚としてわかります。

その手法との相性もあります。

どれだけ自分が真剣に取り組んでいるかということも関係してくるでしょう。

だから自分にしっくりくる時間管理法を見つけること、それを大切に実行に移すことで、その方法が初めて生かされるのですね~♪


{08167CD3-0914-427E-B606-BA408CF41297:01}
タスクビンゴも素敵だけれど、ノウハウより大事なことがあるのねー(^.^)



【現在ご提供中のサービス】

音譜片づけるる子のメール相談室(3名様限定)

音譜お片づけのはじめの一歩を応援するメール講座21日コース

音譜1年で2000個手放す実況中継メルマガ(無料



朝家事プロジェクトに参加しています

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

Facebookになかなか馴染めないワタシですが、できる範囲で活動の幅を広げようと試行錯誤中。

しばらく前から「朝家事プロジェクト」というグループに入れていただきました。

毎週火曜日の朝6時から8時の間に、家事を1つ実行して報告するというのが活動内容です。

家事の種類は何でもよいし、別に2時間ずっと家事をするわけではありません。

10分でも20分でもよいのだそうです。

私はたしか先月グループに入れていただきましたが、まだ1回しか参加できていません~。

なぜか火曜日ごとに、地域の旗振り当番や朝の読み聞かせが続き、7時台に子どもと一緒に家を出る羽目になり手が回らず…。

来週(15日)からは落ち着いて参加できそうなので、気を取り直してまたやってみるつもりです^^。

他の参加者の皆さんの家事を見ていると、やる気が出るし、「あ、それうちもやらなきゃ」と気づくことも多々あります。

ゴミ箱のお掃除を続けている方もいらして、私もちょうど家事のサイクルの中に組み込もうとしていたところなので、やる気が刺激されます。

週に1回というペースも、無理なく続けられそうですよね(それでも休んでいる私^^;)。

私はこの朝家事プロジェクトで、毎田祥子さんの『魔法の朝だけ家事』で読んだ「小掃除」を進めていきたいと思っているのです。

小掃除とは、1ヵ所あたり5分でできる掃除を毎日2ヵ所、合わせて10分間を朝の家事タイムに組み込むというやり方。

小掃除する場所を10ヵ所ピックアップしておくと、ウィークデーだけで10ヵ所ローテーションできて、気になるところも常にピカピカというシステマティックな方法です。


Simplog


素敵でしょ~~?

でもなかなか習慣づけるのに手間取っています。

それに私は家で仕事をしているので、朝家事の終了時間も甘くなりがちです。

小掃除を定着させ、時間も前倒しして早めに終了させる練習のためにも、朝家事プロジェクトのお世話になりたいと思っています♪

朝家事プロジェクトは、公開グループなので、よかったら覗いてみて下さいね。

⇒朝家事プロジェクト


⇒鈴木るる子のアカウントはこちらです
(お友だち申請や、フォロー歓迎です)


虹

月曜日の朝8時に「1年で2000個手放す実況中継メルマガ」を配信しています。

購読のお申し込みはこちらから。


虹

友人にメールで相談しているみたいに、楽しく女子トークしながら片づけが進む「片づけるる子のメール相談室」。

9月生は現在満席ですが、メールの雰囲気をちょっと垣間見てみたいという方に、2往復だけのお試しコースをご用意しています。

こちらから詳細をご覧下さい。
⇒片づけるる子のメール相談室


タイマー持ち歩きで自分を底上げ

暮ラシノユトリ舎お片づけ担当の鈴木るる子です。

今の私の生活にタイマーは欠かせない道具となっています。

これまでも何回か、そのことについて書き、愛用のタイマー付き腕時計のことも記事にしました。
⇒家事を効率化するタイマー特集

ちなみにお値段は、お店によってバラつきがありますが、数年前からすると格段に下がってきています。

押すたびに1分⇒3分⇒5分⇒10分…と、計れる時間が増えているワンタッチボタンがついている機種で、本当に便利です。

壊れたり紛失したりするたびに買い替えて、今使っているのは3代目です。

去年の10月頃に前のが見当たらなくなった時、きっとすぐに出てくるだろうけど、それすら待てないと思って買い求めたのが、今の時計です。

(2代目は結局見つかってない…どこに行ったんだろう?)

この時計、本当に毎日の生活になくてはならない大事な相棒なのですが、いかんせん見た目がイマイチ。

女子力の対極にある外観なのが玉に瑕と思っていたのですが、今使っているものは、バンドを替えたら今までの中で一番可愛くなりました。




前は単なるタイマーと割り切って、外出用の時計は別にしないと…という感覚でしたが、これなら外にして行っても大丈夫。

買った時点でブログにアップしたいなーと思ったのですが、あんまりしつこいかなーと思い直してお蔵入り。

このたび、読者登録させていただいているあな吉手帳術のじゅのさんが、この時計を導入して下さり、ブログにも書いて下さいました。

しかもとても気に入って下さった様子♪

これに力を得て、私もしつこーくまたこの時計のことを記事にすることにしました。

だってねホントに便利なんですよ。

タイマーを計って片づけをしたり、それ以外の家事や、家事でなくても気の進まない作業をするというのは、暮らしを上手に回すコツだと思っています。

それでもいざ使おうと思った時に手元にないと、それだけでやる気ダウン。

私のように気が散りやすいヒトは、下手すると何をしようとしていたのかさえウヤムヤになります。

そんな時、タイマーを腕時計として肌身離さず持ち歩いていれば心配いりません。

この快適さは、頭で想像するよりも使ってみるとよりよく実感できると思います。

ほぼワンアクションで画面も見ずにタイマー設定ができるので、まるで自分の体の一部のようです。

自分の能力が底上げされたような錯覚に陥ります。

なので私はこの時計が市場から姿を消した時のことを思うと、とってもコワイのです^^;。

じゅのさんのブログはこちらです。
⇒育児中でも諦めない!忙しいママでも「自己実現」できる手帳術

ありがとうございました(*^-^*)

ところで昨日はこのブログのアクセス数が、過去最高を記録しました。

3,500超えだったかな?びっくりしました。

普段は2,000ぐらいのことが多く、更新しなければ1,500くらいになります。

順位も5,000位台になり、これは去年の秋のこんまりさんのドラマの余波の時以来じゃないかな。

正確には忘れてしまいましたが、あの時もけっこうランキングが上がってびっくりしたものでした。

じゅのさんのおかげもあるでしょうし、ちょっとオシャレに見えるママファッションの出澤さんがフェイスブックで私の別の記事をシェアして下さった影響もありそう。

ご覧いただいた皆さま、リンクして下さったじゅのさん、出澤さん、ありがとうございました。

他にも私が気づいていないところでリンクして下さっている方がいらっしゃいましたら、ありがとうございます。

お礼をお伝えしたいので、お知らせいただけると嬉しいです。(^^♪


チューリップ紫お片づけのはじめの一歩を応援するメール講座21日ゆったりコースができました
チューリップピンク
じっくりお片づけ習慣が身につきます。詳しくは詳細ページを♪
チューリップオレンジ
7日コースはこちらから。

桜お片づけ見える化シート2月版配布中!PDF
桜使い方について詳しい解説はこちら。PDF
桜お片づけ見える化シートって何?という方はこちらを見てね。

スッキリのコツ~帰宅直後のぷち片づけ~

おはようございます♪片づけペースメーカー鈴木るる子です。桔梗

5分間のぷち片づけ、どのタイミングで行ってもいいのですが、帰宅直後というのも効果が大きいのでおススメです。

外から帰ってきた時 イコール 散らかる時でもあるんですよね。

持ち帰った荷物をそのまま床に置いただけで、部屋が一気に散らかった感じになります。あせる

それだけでなく、買い物した新しいものが家の外から流れ込んできます。

ついでに郵便受けから取って来たダイレクトメールがテーブルの上に置かれたりします。

そのタイミングを逃さず、買ってきた日用品のパッケージを開けて、ストック場所に置いたり、DMはサッと分類して不要なものは捨てたり。

そうすれば散らかりを防止することができます。

とは言え、外から疲れて帰ってきていきなりお片づけっていうのもハードルが高いのは事実。

特に小さい子ども連れのお出かけだと、帰って来た時は息もたえだえだったりしますものね。涙

そんな時は無理しなくてもいいですよ。

ただ「本当は帰ってきてすぐに荷物の整理すべき…だけどまだやってない」と意識するだけでも違います。

一息ついて動けるようになったら、真っ先にやろうという気になれます。キャー

または玄関を入る前から頭の中でダンドリしといて、家に入っても気を抜かずに片づける覚悟を決めておくのもいいです。キラキラ

思えばどんなに疲れていても、疲れた~と道端に座り込んだり、普通はしません。

家につくまでは気を張っていますからね。

玄関入ってもその気の張りをなくさないように、あらかじめ心がまえしておくのです。頑張ります!

それが習慣になってしまうと、片づけが終わるまでは気を抜かないことが当たり前になります。

そうすれば努力感なしに自然と片づくようになりますよ。音譜

こんな記事も参考に♪
↓↓↓
「私はまだ帰ってない作戦」です。(笑)


桜お片づけ見える化シート9月版配布中!PDF
桜使い方について詳しい解説はこちら。PDF

桜8月版はこちらから!PDF
桜お片づけ見える化シートって何?という方はこちらを見てね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。