スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんまりさんのドラマ見ました~‼

こんにちは♪片づけペースメーカー鈴木るる子です。

金曜日に放送された、こんまりさんの『人生がときめく片づけの魔法』のドラマ見ました♪♪

途中からしか見られなかったんですけど…。

こんまりさんをモデルにした「のりまきさん」こと「のりたまきこ」さんというお片づけのプロが、関わる人たちの抱える問題を解決していくというストーリー。

一応ネタバレを避けて感想を書いてみます。

あの本がドラマになるの?って、ちょっと不思議に思いましたが、見てみたら面白かったです。

やっぱりお片づけと人生ってリンクしているんですね。

どうしても前に進めなかったことが、家を片づけることで決心がついて行動できるようになったり。

のりまきさんが偶然出会った、ゴミの捨て方や服のたたみ方を教わったことのない育児放棄状態の子どもたちのエピソードも素敵でした。

そういう子たちをただ叱ってもしょうがない。

その子たちができないのは、やり方を知らないだけ。

ちゃんと教えれば、基本的な生活習慣はちゃんと身につけることができるのです。

子育て中の私にはちょっと耳が痛かったりして。

何事につけ、ちゃんとしたやり方を上手に伝えることができれば、子どもはできるようになるんですよね。

結局子どもたちは、親元でない落ち着き場所が見つかるのですが、教わったきれいな服のたたみ方をそこでも続けていました。

「どこにいてもできます」というのりまきさんの言葉、ちょっと感動的。

これはお片づけ全般に言えることですが、どんな環境であっても、身の周りを整え、心地よく暮らすことは可能なんですよね。

自分の選択と決意があれば。

仲間由紀恵さん、こんまりさんのちょっとクールな雰囲気を上手に出してました‼

こんまりさん、いつもあんな感じでお仕事されてるのかな。

ドラマと全く同じではないでしょうけど、現場できっとドラマチックな人生模様にたくさん出会っているんでしょうね~。

テレビを時間通りに見るのが苦手な私ですが(現に最初の方見逃している…)うまく見られてよかったー♪



桜お片づけ見える化シート10月版配布スタート!PDF
桜使い方について詳しい解説はこちら。PDF
桜お片づけ見える化シートって何?という方はこちらを見てね。
スポンサーサイト

♪トイレに飾った小さいグリーン♪

投稿写真

♪トイレに飾った小さいグリーン♪

我が家にはトイレが2つあります。

1つは普段生活する階にあるし、お客様も入るので、それなりに気をつけて管理していました。

でも上の階のは、ほぼ夫しか使わないこともあり、かなり冷遇されてきました。

最近になって一念発起、隅々まで掃除して、ずっと省略していたトイレマットも導入。

グリーンまで飾っちゃいました。

やっぱり気持ちがいいです。

そして前よりも夫以外の人の使用頻度が上がりました!

今まであんまり使わなかったのは、やっぱり無意識に避けていたのかな?(^^;;

綺麗にしてあると思うと嬉しいし、家の中も活性化しますね♪

片づけペースメーカー鈴木るる子さんのSimplogを見る

【見える化シート】10月なので年末を意識して

おはようございます♪片づけペースメーカー鈴木るる子です。

急に気温が下がり、秋の深まりを感じる今朝の東京です。

ついこないだまで「いつまで続くこの暑さ…」と空を見上げていたはずなのに。

でも考えてみればもう10月も間近ですから、当たり前なのですよね。

さて10月の見える化シートを配布いたします。

記事タイトルにギョッとされたかもしれませんが、そう、今年も残り3ヶ月なのです~~~。

今年こそはやりたいなと思っていたいろんなこと、進み具合はどうでしょうか?

少~しずつでも進歩していたら、その小さな変化を自分ですくい上げて、すかさず注目してほめる‼というのも大事です。

日々の小さな自分の頑張りを一番よく知っているのは自分自身ですものね。

その一方で、緩やかな変化だと自分では当たり前すぎて、なかなか気づかない進歩もあるかもしれません。

時には周りの人に、「私のがんばってるところってどこかなあ?」なんて聞いてみるのもいいんじゃないでしょうか。

きっとあなた自身が思っているよりずっと、周りからは「がんばってるね」と言ってもらえるはずですよ。

お子さんと、お互いにがんばってることを見つけてほめ合う、なんていうのも楽しそう(^^♪

もし仮に「年頭に立てた目標…。あれもだめ、これもだめ…」というような気分になっても、まだ間に合います。

3ヶ月は、過ぎてしまえばあっという間ですが、これからどんなふうにでもデザインできると思えば、十分に使いでのある時間です。

自分に自信をつけるのって、思ったよりも時間かかりません。

これだけはやるぞと決めた小さなこと、たとえ3日でも続ければ、「あ、私けっこうやれるじゃん」っていう気分になれます。

それを弾みにして、行きたい方向へとさらに進むことができます。

さて、るる子のお片づけに関する「年内にやっておきたいこと」は3つほどあります。

リビングと自室と洗面所の改造です‼

どれも年単位での懸案で、少しずつ改善してはきているけれど、まだ「これでよし」と思える状態になっていません。

今回は真剣に、すべきことを細分化して付箋に書き出して、頑張ろうと思います。

まずは10月の見える化シートを印刷して、忘れないようにこの3つの目標を書き込んでおきます。

すぐにできる小さな第一歩、大事かも(^^♪


桜お片づけ見える化シート10月版配布スタート!PDF
桜使い方について詳しい解説はこちら。PDF
桜お片づけ見える化シートって何?という方はこちらを見てね。

家事の時間割で変わってきた私

こんにちは♪片づけペースメーカー鈴木るる子です。

昨日の記事に「心身の疲れ」と書きました。

立て続けに人に会いすぎた興奮状態が収まって、その次にやっと体力が回復し、午後にはまあ動けるようになりました。

普通に動けるようになった私がまずやったのが、キッチンの床掃除。

それから娘のおやつ作り、と言えば聞こえがいいけれど、要は自分が食べたかったクッキーを焼きました。

それで何とか普段の自分に戻ったなーとホッと一息つきました。

でもね、思ったのですよ。

以前の私だったら、体調崩して、その後やっとやっと体が動くようになって、その直後に床掃除なんかやったかなぁ?って。

お掃除はもともと苦手だし、食事の支度などに比べたら優先度は低いです。

だから体調が回復した途端に、あえてやろうという選択肢は、前にはなかったかも。

いえ、たぶん思いつきもしなかったんじゃないかな~。

無理したわけではなく、自然に「あ、動けるから掃除しちゃおう」って思えたのは、家事の時間割のおかげです。

時間割によれば、昨日の朝はキッチンの床掃除タイムだったはずなのに、できなかった。

その頭があるから、すかさず掃除に気持ちが向かったんだと思います。

家事の時間割を作っても、このように計画通りできないことはしょっちゅうあります。

でも、もし何の計画もなかったとしたら?

自分がちょうどよい頻度でキッチンの床を掃除していないことにさえ気づけてなかったと思います。

時間割の形で見える化しながら、こうやって家事でも習慣でも身についていくんだなーと思いました。^^

少しずつ進歩してるかな♪


桜お片づけ見える化シート9月版配布中!PDF
桜使い方について詳しい解説はこちら。PDF
桜お片づけ見える化シートって何?という方はこちらを見てね。

お部屋メンテの前に自分メンテ

こんにちは♪片づけペースメーカー鈴木るる子です。

三連休のスケジュール、普段の我が家に似合わない慌しさでした。

そして一息つく間もなく、休み明けの昨日もママ友ランチに出かけたら、エネルギー切れを起こしました。

頭痛とか発熱だとか、症状が出ているわけではないんですが、体が動きません^^;

普段何でもなくできるようなちょっとした家事や片づけに、どうしても取りかかれない感じ。

体も心もついていけてないんですね。

寝込んでいるわけではないので、逆に何とももどかしいのですが、動けないものは動けない。

あきらめて今日の午前中は、お気に入りの巨大クッションによりかかって、本を読んだりおやつを食べたりしてました。

お昼近くの今になって、空にも晴れ間が覗くのに合わせたように、やっと少し元気が出てきました。

こうしてパソコンに向かえているんだから、まずまず回復してきたってことかな。

こんなふうに、何だかわからないけど動けない時、前は焦ったり、いちいち自分を責めたりしていたように思いますが、今はそういう無駄なことはしません。

焦って動こうとしても、大したことはできないうえに、疲れが長引くだけなんですよね。

今日は家事ノートにもあえて手を伸ばさず、ボーっとしていました。

でもこの記事のアップをきっかけに、少し動き出せそうです♪

最近三年日記を手近に置いて、パラパラ見返したりしていますが、去年も一昨年も、この時期にプチ不調起こしてるんですよね、私。

夏の疲れが出る頃なのに、涼しくなったこともあって無理しちゃう傾向があるようです。

秋はイベント目白押しだし。

そういう大まかな流れみたいなのがつかめると、「今は諦めて休もう」という気にもなれるのでよかったです。

でも現金なもので、少し体調が上向きになってきたら、身の回りの乱雑さが目についてきましたよ。

みなさんもお片づけが進まない時は、まずは自分が疲れすぎていないかどうかに目を向けることも忘れないで下さいね。

普段過ごすお部屋の環境は大事ですが、心身の健康はもっと大事です。


桜お片づけ見える化シート9月版配布中!PDF
桜使い方について詳しい解説はこちら。PDF
桜お片づけ見える化シートって何?という方はこちらを見てね。

ジブン手帳が魅力的だ

おはようございます♪片づけペースメーカー鈴木るる子です。

この三連休は、いつになく怒涛のスケジュールでした。

娘の七五三の衣装予約⇒夫実家へ帰省(一泊)⇒帰りに友だちのお宅訪問⇒翌日はバーベキュー

やけに濃ゆーい連休でした。

というわけで、なかなかブログも書けずにいましたが、先週地元の文房具屋さんで見かけた、話題のジブン手帳のことを書きたくて書きたくて・・・。

ジブン手帳、気になりながらも、買うことはないだろうと思っていたのですが、実物を手に取ってみると気持ちがグラグラ。

それくらい魅力的な手帳でした。

フォーマットがよく考えられているとか、3冊で1冊なところが新しい!とか、理屈はいくらでもつきます。

でもこの手帳、何て言うのかな、とにかく雰囲気が魅力的。

どちらかというとビジネスマン向けっぽいのに、なぜか可愛いんですよね。

乙女チックな可愛さではないのに、どこか可愛い。

毎日の気分を記録する顔マークが可愛かったり、色使いが楽しさを醸し出していたり。

さすがクリエーターが作っただけのことはある、と思わせるセンスの良さです。

手に取ってみると妙に離れがたくなり、「ははー、なるほどね~」と、何がなるほどなのかよくわからないままにつぶやいてしまいました。

ネットで情報だけ集めていた時には、そこまでは思いませんでした。

やっぱり実物の力ってすごい。

特に手帳みたいな、毎日をともに過ごすような道具は、実物に触って選ぶのって大事かもしれないな~と思いました。

私も来年の三年日記(または五年日記や十年日記も視野に)、どこかで実物を見てから決めようと思っています。

・・・と言いつつリンク貼る矛盾(笑) ↓↓

ジブン手帳 2014年度版 ファーストキット(オレンジ) 1セット【あす楽対応_関東・関西】
¥3,990
楽天


桜お片づけ見える化シート9月版配布中!PDF
桜使い方について詳しい解説はこちら。PDF
桜お片づけ見える化シートって何?という方はこちらを見てね。

♪久しぶりのお一人様時間♪

投稿写真

♪久しぶりのお一人様時間♪

娘の習い事の待ち時間に、カフェで一人タイム♪

欲張って、手帳、仕事関係のノート、英語を何とかする(笑)ための本など、持ち込みすぎました。

でもね、やっぱり来てよかったー。

いつも気になってモヤモヤしてること、1つでも2つでも決着がつくと、その分軽くなる。

とっても充実してました。わ、もう行かねば(>_<)

片づけペースメーカー鈴木るる子さんのSimplogを見る

ぷち片づけで効果を出す秘訣

こんにちは♪片づけペースメーカー鈴木るる子です。

タイマーを5分かけて、出しっぱなしのモノを元の場所に片づける「ぷち片づけ」。

うまくすると、「5分」という響きから想像するのを遥かに超えた効果が期待できます。

足の踏み場もない状態から、気を使わない相手であればお客様も通せる状態まで片づけることも可能です。

でも時によっては、5分片づけたはずなのに「は?どこが変わったの?」となってしまうことも…。

その違いはどこからくるんでしょうか。

まず第一に「ぷち片づけ」は基本的に、置き場所がすでに決まっているモノを対象にします。

わかっているのに出しっぱなしになっているモノを、おうちに返してあげる作業に集中すると、5分でもかなりのことができます。

置き場所が決まってないモノを手に取って、考え込んだりしていませんか?

5分でそこまで踏み込んだお片づけはむずかしいので、そういうモノはとりあえず後回し。

あとで15分取れるときに取り組んでいただいた方がいいと思います。

それから漠然とやるよりは、「テーブルの上」「キッチンカウンター」など、スッキリさせたい場所を区切ってそこを重点的にがんばると成果が見えます。

その他に、私が感じている「成功の秘訣」として「ちょこまかと機敏に動くこと」というのがあります。

私自身、同じ5分の片づけでも、劇的に片づいた!と満足できる時もあれば、そうでない時もあります。

そうでない時っていうのは、やっぱり体の動きが鈍いです。

家の中を小走りで移動するぐらいの気迫と集中力で、5分間ガーッと動けば、相当な仕事量になるはず。

「片づけは歩くこと」という言葉を前にもご紹介したことがありますが、むしろ「走ること」?

普段はとろとろしている私ですが、タイマーをかけたらその間だけはテキパキ!を心がけています。(^-^)v



桜お片づけ見える化シート9月版配布中!PDF
桜使い方について詳しい解説はこちら。PDF
桜お片づけ見える化シートって何?という方はこちらを見てね。

三年日記の面白さ(^O^)

おはようございます♪片づけペースメーカー鈴木るる子です。

このところ、暇を見てはせっせと励んでいる作業があります。

それは三年日記のブランクを埋めること。

手元にあるのは、2011年から2013年のものなので、今年が三年目です。

連用日記には、3年、5年、10年などがありますよね。

知人で10年日記をつけている人がいて、憧れなのですが、なかなかそこまで思い切れなくて、気弱に3年日記となりました。

あと10年日記だと1年分のスペースは小さくなってしまうというのもあり、とりあえず3年を選んだのです。

最初の年はわりと真面目につけていました。

でも途中で全くつけなくなってしまった時期があるので、恐ろしいほどブランクだらけです。

一時はもうこの日記帳自体をあきらめていたのですが、わかるところだけでも埋めたいと思い直しました。

夏休み中に、ふと一昨年の同じ時期の部分を読み返してみると、やっぱり面白かったんですよね。

宿題がいつ終わったかなど、過ごし方について参考になることも書いてあり、やはりできるだけ記録に残すべきだと思いました。

あと自分ではすっかり忘れていたのに、1年前と似たような行動を似たような時期に取っていることを発見したりもしました。

台風や雷なども、同じような時期にくるのですね~。ま、当たり前ですけど。

というわけで、やはり記録を取ることと読み返すことの面白さを改めて感じて、「できるだけ何とか埋めてみよう」と思いました。

書いていなかった間の日記は、全く存在しないわけではありません。

手帳の片隅やiPhoneアプリ「瞬間日記」などの中に、分散しています。

それを書き写す手間の膨大さを思うと、気が遠くなるのですが、焦らず少しずつ少しずつ。

毎日の日記を書くついでに、1日か2日分ずつ写せばいつかは埋まるかな。

手帳のページに日記を書いていた時期のものは、カラーコピーして貼ったり、切り抜いて貼るなどの荒業も使っています。

私が使っているのは、博文館の三年連用ダイアリー2011-2013のソフトH判というもの。

大きさがB6で、私にとって大切な「表紙が柔らかい」という条件を満たしていたので選びました。

もう少しスペースがあると助かるので、次はA5にしようかなと考え中。

できればお店で手に取って選びたいので、もうしばらく吟味したいと思います。

これは手帳にも共通することなのですが、続ける秘訣はやはり「楽しさを醸し出す」ことかなと思います。

覚書的な記録だからとあきらめず、できるだけシールを貼ったり、色ペンを使ったりして、手に取りたくなるようなページ作りを目指しています。



桜お片づけ見える化シート9月版配布中!PDF
桜使い方について詳しい解説はこちら。PDF
桜お片づけ見える化シートって何?という方はこちらを見てね。

ゴミと水滴が心に与える影響

こんにちは♪片づけペースメーカー鈴木るる子です。

各地で台風の被害が相次いでいるようですが、みなさんのところは大丈夫でしょうか?

東京も雨風ともに強かったのですが、今は穏やかに晴れています。

どうぞ引き続き気をつけてお過ごし下さいね。

さて家の中が片づいている時間が増え(常にとは言わない)、苦手なお掃除にも少しずつ手が回るようになってきた今日この頃。

つくづく思うことがあります。

それは水滴とゴミを何とかしないと、どことなく前向きになれないということです。

ちょっとしたゴミが放置されているダメージってかなり大きいです。

たとえばモノが2、3個床に置きっぱなしで、なおかつ糸くずや折り紙のきれっぱしなどが2、3個落ちていたとします。

そういう時に、モノだけ片づけても、どことなくスッキリしない感じが残ることがあります。

何となく荒れた雰囲気が漂っていて、それが意外と精神状態にも影を落としたりします。

ゴミは小さいので、見て見ぬふりをしてしまいがちなんですが、試しにその2、3個のゴミを拾ってみると、やはり清潔感が違います。

ゴミが風景に与える乱雑感って、相当なものがあるんですねー。

同じ理由で、ゴミ箱からゴミがはみ出しているならばそれは最優先で始末した方がいいと思います。

同様に、水回りの水滴もかなり存在感を発揮することに気づきました。

最近の私は、シンクの水滴に敏感になり、できるだけこまめに拭くようにしています。

するといろいろないいことが♪

まず、これは前に書いたことがあるんですが、食器洗いの前にシンク周辺の片づけをしてしまいます。

食器や鍋をすべてシンクの中に置き、出しっぱなしの食材は冷蔵庫にしまいます。

ラップなどが出ていれば、それも所定の位置に戻します。

それからシンクの縁の部分に飛んでいる水滴も先に拭いてしまうんです。

この時点でかなりスッキリした風景になっています。

そうすると不思議なことに、お皿を洗うのが別にいやでも何でもなくなっていたりするんですよね。

洗い物をする前に水滴を拭うのは一見無駄なことに思えるかもしれません(この時点ではシンクの中は拭きませんし、拭けません)。

でもそれをやっておくと、気分が全然違うんです。

だらだらした後ろ向きな気分は吹き飛び、とても爽やかな気持ち(笑)。

皿洗いくらいどんとこい‼モードに切り替わります。

そしてすべての洗い物が終わった後も、あたりに飛び散った水滴を拭くと、やっぱりいいことがあります。

「片づいた感」がワンランクアップするのです。

あたりの光景が目に優しく、見ていて気持ちのいいものに変わります。

本当はこの時、シンクの中もすっかり拭き上げるとさらにいいのですが、私もそれはあまりできていません。

すぐにまた水を使うことが多いので、あまりこだわると逆にストレスになってしまいますので~。

周りだけでもちゃんと拭くと、十分気持ちのよい波動が感じられます。

ゴミと水滴。

どちらもけっこう影響力の大きいものだということに気づくと、お部屋の雰囲気がまた一段階アップしますよ。

桜お片づけ見える化シート9月版配布中!PDF
桜使い方について詳しい解説はこちら。PDF
桜お片づけ見える化シートって何?という方はこちらを見てね。

簡単で効果的なお風呂掃除の習慣

こんにちは♪片づけペースメーカー鈴木るる子です。

最近のお掃除の調子は?と聞かれたら「ぼちぼち」としか答えようがありません。

サボりまくって大変‼というほどではないのですが、毎日のスケジュールに沿ってきちんと実行できているかというと…うーん。

それでも朝家事に一応組み込まれているし、時間も10分間と決めてあるので、行き当たりばったりのお掃除からは少しずつ脱却中です。

そこが前とは違うところかな。

こんな頼りない私ですが、それでも習慣の力ってすごいなと思うこともあって、お風呂掃除に関して確実に改善した点があります。

それは洗面器とお風呂椅子と蛇口を、毎日の入浴の際に必ずサッと掃除するようになったことです。

洗面器は湯垢がたまると厄介です。

我が家にはお泊りのお客様は少ないのですが、少ないからこそたまに誰かが来るとなると大変‼

洗面器の湯垢が取り切れなくて、義母が泊まりに来る前に買い替えたことさえありました。

そしてお風呂の椅子もすぐにぬめりがつくし、蛇口のうろこ状の水垢も意外にガンコ。

それらの場所をアクリルたわしで、汚れていてもいなくてもサッとこすることにして数か月。

全く汚れがつかなくなりました。

全部合わせても1分もかからない手間で、こんなにも違いが出るんだな~と驚いています。

掃除に関しては、まだ手探り状態の私ですが、こんなふうに簡単で効果の高い習慣を少しずつ見つけて、積み重ねていけたらいいなと思っています。


桜お片づけ見える化シート9月版配布中!PDF
桜使い方について詳しい解説はこちら。PDF
桜お片づけ見える化シートって何?という方はこちらを見てね。

片づけると空間の意味が変わる

こんにちは♪片づけペースメーカー鈴木るる子です。

我が家には一応、私専用の部屋があります。

自分の洋服や本、書類などはその部屋に置いています。

リビングとは階も違うし離れているので、子どもが生まれた時に、この部屋で何かの作業をする機会が極端に減りました。

モノを置く以外に、ほとんど使われることもないまま月日が流れていきました。

あ、日当たりのいいベランダがついているので、洗濯物が干されていたり、雨の日は室内干し用のスペースいなっていたりしました。

私は月に1回、文章を書く仕事をしているのですが、リビングの出窓に置かれたパソコンで仕事していました。

赤ちゃんだった娘が足にまとわりついたり、のぼってきたりするので、その相手をしながら作業していました。

その頃は、リビングを離れるなんて思いもよらなかったのです。

今は娘も小学生なので、もちろんそんなことはないはずなんですよ。

それなのに長年の習慣というか、慣れというのは恐ろしいものですね。

去年くらいになって初めて、今なら自分の部屋で仕事をすることも可能なんだ!と気づいてびっくりしました。

幼稚園入園くらいから、そんなことは可能だったのでしょうが、ちっとも気づきませんでした。

でも今でも、リビングと同じ空間のキッチンでいろいろやっていることも多いし、子どもが帰ってきたら、宿題を見たりもします。

リビング周辺にいる時間が圧倒的に長い
ので、パソコンもリビングに置きっぱなしだし、自室の環境を整える気持ちがなかなか盛り上がりませんでした。

整理しかけの本が床に置かれていたり、洗濯物が干してあったり。

私の部屋はそういう空間になりきってしまっていました。

この夏休みの間に、自室の床と机の上を片づける機会がありました。

床からモノがなくなったのを見て、目が覚めるような思いがしました。

まるで別の場所みたい。

無印のリラックスチェアの上も、つい置いてしまっていた衣類を片づけ、クッションを置きました。

するとそこがあっという間に、落ち着けるリラックスコーナーになりました。

同じ場所なのに、空間の意味が変わってしまったのです。

夏休み中は特に、リビングもゴチャゴチャするし、子どもがテレビをつけたりもしていました。

そんな時にちょっとした逃げ場があるのは本当に救いになりました。

もし一部屋を確保できない場合でも、部屋の一角を整えて、自分だけの空間にできたら気持ちにゆとりが生まれるかもしれません。

リビングの隅にお気に入りの椅子を一つ置いて(何だったら壁に向かってでも。暗い?笑)、ホッとできる場所を作ってみませんか?

とはいえ私のリラックスコーナーも、座って本を読んでいると娘が追いかけてきちゃったりします。

そして一人掛けなのにぎゅーぎゅーと割り込んできて、狭ーい!と悲鳴を上げながら一緒に座っています。

さらに、相変わらず洗濯物が室内干しされていたり(今の課題です)。

それでもふっと「あの椅子に座ってちょっと一息つこう」と思える場所が家の中にあるのはいいなって思います。^^


桜お片づけ見える化シート9月版配布中!PDF
桜使い方について詳しい解説はこちら。PDF
桜お片づけ見える化シートって何?という方はこちらを見てね。

新しい手帳から学べるコト

こんにちは♪片づけペースメーカー鈴木るる子です。

昨日の記事で、手帳ジプシーを卒業したようなことを書きましたが、実はそうでもありません。

最後にチラッと書いたのですが、4月はじまりの「ほぼ日手帳」も買っているし、岡崎太郎さんのモチベーションシートというのも一時試しました。

ほぼ日については説明不要だと思いますが、モチベーションシートとは?

シートという名前がついていますが、1日分1ページの手帳形式になっています。

大きさはA4とA5の他にも何種類かあって、B6スリムみたいな「マイクロ」というサイズもあります。

私は5月頃にマイクロのお試しセットを買ってみました。

マイクロはサイズが小さいので、1日分が見開き2ページになってます。

左のページは時間軸付きの行動記録欄

右のページには、「タスクチェック」「またまた強く心に思ったこと」「今日ひらめいたアイデア」などのユニークな欄が数種類設けられてます。

私の好きな綴じ手帳ですが、1日にそれだけページ数を使うので、1ヶ月ごとの分冊になっているのですよ。

さすがにそれはちょっと使いづらくて、続けるのはあきらめたのですが、時間ごとの予定を立てたり、行動記録を取るのにとても便利でした。

それだけでなく、私が実感したのがフォーマットの力。

右ページの「今日ひらめいたアイデア」の欄には、「毎日ひとつは発想しましょう」との注意書きが。

何かいいことを思いついても書く場所がなければそれっきりですが、この手帳を使っていた時期は、いろいろひらめいてメモしてあります。

そういえば、夏にみなさんにおつきあいいただいた「1週間で10コマのぷち片づけプロジェクト」を思いついたのもこの時期だったみたい。

一人でやらないでブログで呼びかけてみよう♪と思いつき、メモしてあります。

「またまた強く心に思ったこと」というのも面白かったです。

毎日の中で繰り返し心に浮かぶ願望をメモしておき、その回数で自分の望みを知るという方法です。

登場回数が多ければ、それだけ大切な夢ということになりますね。

こういう発想を知ったら、その手帳を使っていない時でも、自分の手帳に書けばいいんですよね。

自分なりに「これぞ」と思う欄を取り入れていけたら、手帳も進化しますね。

でもなかなかそれがむずかしく、やはりフォーマット化されたものは強いなというのが正直な気持ち。

ところでこのモチベーションシート、今サイトをもう一度見てみたら、無料で1ヶ月分をダウンロードできるようになっていましたよ‼

⇒こちらです^^
http://www.it1616.com/ms-download



桜お片づけ見える化シート9月版配布中!PDF
桜使い方について詳しい解説はこちら。PDF
桜お片づけ見える化シートって何?という方はこちらを見てね。

手帳シーズン到来にワクワク♪

こんにちは♪片づけペースメーカー鈴木るる子です。

文房具屋さんの手帳売り場に行くと、早くも来年の手帳がずらりと並んでいてワクワクします。

定番の気になる商品も一応チェックするし、毎年現れる新アイデアの手帳たちにも目を楽しませてもらいます。

でも今年は気持ちが落ち着いているな~。

目新しい手帳に飛びついて、いてもたってもいられなくなって買っちゃったり、してないな~。

これは私にしては珍しいこと。

今の形が安定してるのかもしれません。

基本的に何を見て行動しているかというと、やっぱり家事ノートなんですよね。

常に「今日」のページを開いておけるリングノートを、トラベラーズノートサイズにカットしてセットしています。

⇒こんなふうです。

私の場合、ちょこちょこっと即座に何でもメモできるというのがとても大事なのです。

書きたいと思った時、「どこに書こう?」ってあちこちページをめくっていると忘れてしまうのです。

唯一不便で仕方なかったのが、スケジュールが分離している点。

それも、A4三つ折りの年間カレンダーを表紙裏に貼りつけたら、不満はなくなりました。

⇒こんなふうです。

その他「こんなのがあったらいいな」という希望を実現させるため、時折り微調整しながら使っています。

家事ノート、単なるノートなので自由すぎてしまいますが、使っているうちに自分なりの書き方が定まってきました。

日付の横に、○付きで朝のルーティンを並べて書いて、終わったら横の○を塗りつぶします。

その日にすべき家事や雑用を下の方にチェックボックス付きで書いて、子どもに関する用事のスペースも大体毎日作ってます。

その日暮らしではすまない、たとえば来週のTodo(スケジュールは年間カレンダーに書きます)は、付箋に書いて所定の場所に貼り付けます。

具体的には、ノートの裏表紙部分です。

リングノートの「今日のページ」を外側にした状態だと、裏表紙は内側になるので、付箋も剥がれにくいのです。

そんなふうに、ほぼ不満なく使っていますが、手帳売り場を見て回るのはやっぱり好き♪

それに、悟ったようなこと言ってるけど、私、今年に入ってからだけでも、2冊も手帳を衝動買いしてるんだった。

私の手帳病、手帳シーズンとかかわりなく襲ってくる点で、よけい始末が悪いのかもしれませぬ~。

(ちなみに衝動買いした2冊とは、ほぼ日と、モチベーションシートマイクロのトライアルセットでした。)


桜お片づけ見える化シート9月版配布中!PDF
桜使い方について詳しい解説はこちら。PDF
桜お片づけ見える化シートって何?という方はこちらを見てね。

♪主婦のお昼ご飯♪

投稿写真

♪主婦のお昼ご飯♪

普段はシンプログとツイッターに投稿してますが、たまにはブログにもリンクしてみる。

昨夜の残り物中心です。

揚げない唐揚げというのを作ってみました。

揚げる代わりに、オーブンで焼く方法。

500グラムの鶏肉、一口大に切って唐揚げ用に準備して、250度で15分。

少し焦げちゃったのでもう少し低温がいいかしらね。

でも揚げないのっていいねー。

はねないし、ついてなくていいし、ヘルシーだし。

今後はこのやり方でいくぞ。

あとは小松菜のガーリックソテー、サーモンマリネ(今作った)、カボチャサラダです。

片づけペースメーカー鈴木るる子さんのSimplogを見る

いつかちゃんと片づくことが信じられない時

こんにちは♪片づけペースメーカー鈴木るる子です。

先日、片づいていない時って、片づけてない時だよねという当たり前のことを書きました。

その後、5分間のぷち片づけを心がけるようにしたら、当たり前なんですがやはり片づいてきています。

お片づけのことを意識しないで暮らしていた頃、「心がけてこまめに片づける」という行動は私の生活の中にありませんでした。

それでも何とか生活が回っていたのは、子どももいなくて、今よりモノは少なく、時間の余裕もあったからなのでしょうね。

とは言っても、きれいに片づいていたわけではなく、いつも部屋のあちらこちらにモノの吹き溜まりができていました。

特に今の住まいに引っ越して来てからは、引っ越しの後始末も中途半端なままで、人を呼べない家。

その状態を解消できないままに、出産から怒涛の育児へと突入していったのです。

赤ちゃん用品は、有無を言わさずどんどん増えるし、自分自身も無我夢中で、お片づけどころではない日々が続きました。

私がお片づけに真剣に取り組み始めたのは、娘が1歳半くらいの頃でした。

そうしなければ生活すべてが行き詰まってしまうくらい、部屋の中が大変なことになってしまったのです。

その時に編み出した方法が、ゆる片づけとぷち片づけです。

時間を計ってその範囲だけで片づける。

終わらなかったら次の機会に回す。


たったこれだけの方法ですが、私を救ってくれました。

散らかし盛りの子どもと一緒に暮らしながら、半年くらいで引っ越しの後遺症はすべてクリア。

少しずつお友だちに来てもらえるようになりました。

ですから理屈としては、この方法でOK‼と十分わかっています。

それでもやっぱり、実践できる時とできない時があるんですよねー。

今は基本的な収納などは整えたこともあり、リビングが足の踏み場もない‼みたいな事態にはなりません。

でも突然お客さんが来たらまずいなー、という状態には、ま、普通に陥ります。

そういう時でも、時間と元気があれば、5分でも15分でもササッと片づければすむことですが、それもできないという時期もあります。

だからそういう時期はお客さんも原則として呼びません。

でもね、調子を崩して片づけられない時期があってもいいと思うんです。

突発的な忙しさとか、子どもや自分の体調とか、心の調子とか、いろいろあります。

自分で「あ、今ならできるかも」と思える時期になったら、また始めればいいんですよね。

そんな時「片づければ片づく」という当たり前のことを確信しているだけで、気持ちの軽さは全然違います。

不思議なんですが、散らかってしまっている時って、そんな当たり前のことが信じられなくなったりするんでう。

でも片づけを続ければ、必ず片づきますからね。本当です。^^


桜お片づけ見える化シート9月版配布中!PDF
桜使い方について詳しい解説はこちら。PDF
桜お片づけ見える化シートって何?という方はこちらを見てね。

片づいていない時期の共通点とは

こんにちは♪片づけペースメーカー鈴木るる子です。

お部屋が何となく雑然としてしまう時期ってありますよね。

それには必ず共通の理由があります。

…怒らないで下さいね。

お部屋が片づかない時期の共通点。

それは、片づけができていない時です。

え、そんなの当たり前でしょうって?あ、だから怒らないでって言ったでしょ。

別にふざけているんじゃありません。

片づけなければ片づかない。

こんな簡単な法則を、私たちってつい忘れてしまうことがあるんですよ。

ゆる片づけやぷち片づけが軌道に乗って、お部屋もだいぶスッキリしてきたとします。

うれしくなって、自信がついて、でもちょっぴり油断して。

それでまたあまり片づけなくなってしまったりします。

最初のうちは、いったん片づけた分の貯金があって、それほどひどく散らかったりはしないかもしれません。

でもお部屋って正直なもので、何日も手をかけずに放っておくと、やっぱり荒れてくるんですねえ。

私も夏のリビングぷち片づけキャンペーンやお客様の余韻で、しばらくはいい感じだったのですが、またすこーしほころびが見えてきました。

なんでこの頃こうなのかな?と不思議に思って自問自答してみます。

ん?私、お片づけちゃんとしてる?

してないじゃない‼

何となく気持ちばっかりせかせかと、やった気になっているけれど、実際にタイマーかけて5分間や15分間実行してるかというと。

いいえ、してなかったんですね。

だから散らかってきて当たり前だったんです。

でもね、ちゃんと片づけを実行すれば、その分はちゃんと片づくんです。

モノは一人で動きませんから、片づければ片づくし、散らかせば散らかったままです。

気持ちばかりでなく、実際に手を動かすこと。

なぜか忘れがちになってしまうこの法則。

でも忘れてもまた思い出して、がんばっていきましょう(^^)/



桜お片づけ見える化シート9月版配布中!PDF
桜使い方について詳しい解説はこちら。PDF
桜お片づけ見える化シートって何?という方はこちらを見てね。

夏休みのお片づけ効果か??

こんにちは♪片づけペースメーカー鈴木るる子です。

10日ばかり前のことになりますが、実は我が家ですごいことが起こりました。

小2の娘が、自分の部屋を自力でピカピカに片づけたのです‼

恥をしのんで告白しますが、1学期の通知表では「身の回りの整理整頓」に「もう少し」がついてしまった娘。

私も同じタイプだから、叱れなかった…。

でも「片づけペースメーカー」なんて名乗ってしまってるのに、なぜなぜなぜ~?とへこみました。

先日、私のパソコン新調にあたり、設定その他の作業をお願いした業者さんが我が家に見えました。

私はもちろん、職人効果を存分に活用しようと、前日は張り切って家のあちこちを片づけましたよ~。

業者さんの場合、お客様と違って、家の中を想定外にあちこち移動したりします。

配線を見るために、普段は閉めているレースのカーテンを開けると、サッシの溝がいきなり丸見えになったりします。

本当に油断ならないのです。

普通のお客さまなら、見せる場所をある程度選べますが、業者さんはそれができません。

それで前の日は家の中を見回って、後手に回っていた場所の片づけもしていたのです。

そんな私の様子に、娘も影響されたのか、当日になって一人で部屋でごそごそやっていたんです。

そして私がパソコン関係のことにかまけているうちに、なんと子ども部屋がスッキリピカピカ。

床に散乱していた本もすべて本棚に収まり、机の上もきれい。

何より感激したのが、引き出しの中もちゃんと整頓されていたことです。

これは相当すごいことです。

何しろ私、一部間に合わなかった部分、「禁断の押し入れ突っ込みワザ」を発動しましたもの。

娘に「あたしはそんなことしなかったよ」とイバられてしまいました。

うんうん、それはいばって当然よね。

じゃあどうやって片づけたの?と聞くと、「よく見たらいらないものがたくさんあったから捨てたし」とのこと。

あとはそれぞれ定位置に戻したようです。

うーん、王道だ。

いつそんなスキルが身についたんだろう?と不思議に思いましたが、これはやはり夏休み片づけ強化月間の効果と思いたい。

かなり徹底的に、娘の所有物の分類→処分→収納をがんばりました。

関連記事⇒夏休みは子ども部屋お片づけのチャンス
 
      ⇒子ども部屋のオモチャの分類写真


幼児の頃と違って、娘にもしっかり参加させ、過程も見せるようにしました。

それで学習してくれたのかな?

まだまだ気まぐれだし、その都度片づけとかは苦手みたい。

でもそれは私も同じなので、一緒にがんばろうね、としか言えないです。

お片づけは一生のスキルです。

これからも気長に着実に、お片づけ教育を続けていきたいです。


桜お片づけ見える化シート9月版配布スタート!PDF
桜使い方について詳しい解説はこちら。PDF
桜お片づけ見える化シートって何?という方はこちらを見てね。

掃除と片づけのハードルを下げるには

こんにちは♪片づけペースメーカー鈴木るる子です。

4月のお掃除セミナー以来、お掃除が前ほどいやじゃなくなったはずの私。

ああそれなのに。

ちょっと忙しかったり調子を崩したりすると、真っ先に手が回らなくなるのがお掃除です。

朝家事の時間割にも組み込んでいるのに、ひそかに後の方に追いやって、時間切れとか。

やっぱりまだ本当には身についてないんでしょうね。

そんな私が見つけた、比較的お掃除に取りかかりやすくなるコツがあります。

それは「まず見ること」なんですね。

キッチンの床、サッシの溝、天井近くの壁。

無理に掃除しようと思わなくていいんです。

ただ見るだけ。

やっぱり掃除って「見て見ぬふり」してることが多いんですよね。

本当は薄々わかっているんです。

でも私は目が悪いこともあって、あえて見ようとしなければ本当に見えてないのです。

だから気にならなくて、ずるずる引き延ばしてしまうんです。

ところが、ただ見るだけでいいよ、掃除しなくてもいいからね、と自分に言いながら見てみたところ・・・

うわ、髪の毛落ちてる。あ、ここにも、あそこにも!

何このホコリ~~~。

びっくりして手が勝手に動き、気づいたら掃除してました。

このいてもたってもいられない感じは、お片づけとは少し違うかもしれません。

こびりついた汚れは別としても、お掃除の成果はわりと目に見えやすいんです。

ちょっと吸い取ったり、サッと拭いたりするだけで、すぐにその場がきれいになります。

だからこの「見るだけ作戦」はとても効果的です♪

それに対してお片づけは、散らかり具合をあんまりじっと見ると、ちょっと気が重いですよね。

なのでお片づけの場合は、同じ見るとしても少しコツがいるような気がします。

お片づけの気分的なハードルを下げるには、まずザッと見渡して、置き場所の決まっているモノを見つけます。

明らかにゴミ箱行きとわかっているモノ、定位置があるのに出しっぱなしのモノ。

前の記事にも例として出しましたが、そういうモノなら、考えずに片づけることができます。

そういう簡単なモノだけ、集中的に片づけます。

置き場所を考えなければならないモノは、とりあえずまとめておいて、あとでじっくり取り組みます。

つまり掃除も片づけも、ごく簡単にできることだけをまずやるのが大事。

もちろん、その簡単なことさえできないくらい疲れている時もあるでしょう。

でもその状態が続いていて、散らかりや汚れで気分が晴れないのであれば、何とかして動き出すことも必要です。

自分をなだめすかしながら、やる気の波に乗れるよう、私も毎日が実験です。(^O^)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。