スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春休みが予想以上にバタバタな理由

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

ちょっと、つぶやきとも気づきともつかない記事です。

春休み真っ只中ですが、当然のことながら親のペースは狂いまくりです。

ブログの更新が思うようにできない時期が続き、そこからやっと立ち直りそうと思ったのに、春休み突入~。

それなのにどういうわけか、私は「楽勝楽勝」って思ってたんですよね。

なぜかというと。

新5年生の娘、この頃は友だちと外に出かけて夕方まで帰って来ない日もけっこう多いんです。

すると突然ポッカリとやって来る一人時間。

一見何でもできそうじゃないですか?

これがあるから、最近は長期休みも楽なのかと誤解していたのですが、どうもそうではないみたい。

この一人時間は、やってくる日もありますが、やってこない日もあります。

お昼ご飯作りは当然毎日あります。

お友だち共々、家を出たり入ったり。

時間を見計らっておやつを用意したり、ゲームをやりすぎないよう見張ったりもしなければなりません。

…早い話、子どもの行動に振り回されているわけです。

低学年の頃に比べて楽になったのは確かだと思います。

が、目算を誤っていて、実際には3しか楽になっていないのに、5も7も楽になった気がして、油断していたのでした。

その結果、あてにしていた時間がうまく使えず、結局バタバタしているようですー。

なまじ手が離せない年齢ではないからこそ厄介という面もありますね。

成長段階に応じて、子どもとの距離の取り方が常に問われている気がします。

その時ごとに、再調整、再調整しながら過ごしていけたらいいな。

明日から新年度。

久しぶりに予定のない日なので、子どもの新学期準備も含めて、身の回りを整える日にしたいと思います。

今日は遠方に引っ越した、幼稚園の頃からのお友だちと久しぶりに遊びました。

落ち着いた和食の店でランチしたあたりまでは優雅だったのですが、その後は公園で思いっ切り遊びまわる新5年たち。

写真は京王プラザホテルに飾ってあった卵の殻のチューリップです♪

{C2FB0F60-D1A3-48B4-B7E5-C63B7BE7EDF0:01}
撮影は娘です。私より上手かも。

ドキドキ

4月の見える化シート、昨日から無料ダウンロード可能です。

一つ前の記事からどうぞ!

ドキドキ

新生活を機に、メール相談ぜひお申し込み下さい。今なら空きがあります。

こちらから
スポンサーサイト

【無料見える化シート】命綱のように記録をつけていた

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

4月の見える化シート、遅くなりましたが配布スタートいたします♪

{328A2E29-1F4D-4768-888E-40DF1A63F9F7:01}


春休みのバタバタで、何だかゆっくり家のことにも自分のことにも向き合う余裕がありません。

こんな時期ではありますが、新年度の始まりはいいチャンスです。

お片づけの記録が途切れていた方も、気持ち新たに再開して下さいね。

私もまた心して記録しながらのお片づけを進めていきたいと思います。

やはり記録を取ることには大きな意味があります。

結局のところ、物事の成否を決めるのは、自分がいつどれだけの活動をしているか、きちんと把握しているかどうかに大きく関わっています。

把握というのは、つまり記録と言い換えることもできます。

頭の中で「大体このくらい」と思っていると、大体において外れていたりするんですよねー。

すごーく頑張っているつもりでも、実はそうでもなかったり、逆に「全然ダメ」と思っていたのに、記録を見返すと意外によく続いていたり。

このところ、小さいお子さんを持つママたちにお会いする機会が続きました。

よちよち歩きの子を見守りながら、さらに赤ちゃんを抱っこして、会話にも参加して。

自分も通ってきた道とはいえ(でもうちは一人っ子だったのでだいぶラク)、落ち着いてものを考えることもままならないような大変な時期です。

そんなママたちの姿を見ながら、こういう時期だからこそ尚のこと、記録を取ることが痛切に大事だったなぁ、なんて思い返していました。

もちろん子どもが小学生になった今も、別の意味で記録は大事。

記録を取ることの価値を子どもにも伝えていきたいという思いがあります。

お子さんが小さい方にも、少し大きくなった方にも、お役に立つことができると嬉しいです。

見える化シート、ダウンロード無料です。

下記のURLからどうぞ。


桜お片づけ見える化シート4月版配布スタート!PDF
桜使い方について詳しい解説はこちら。PDF
桜お片づけ見える化シートって何?という方はこちらを見てね。

お問合せ・ご質問ご質問やお問合せはこちらのフォームからお願いします(SSL方式なので安全です)。
⇒ご質問・お問合せ


子ども部屋の片づけで効果を実感する方法

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

{FA57ED0D-C782-4DB1-8684-B7E3A015BA5F:01}

{74DB5FFA-2E82-4479-B070-EDA6B40183F9:01}

上が小4娘、下が私の写真です。

同じ場所で同じようにユキヤナギを撮ったのですが。

悔しいけど娘の方がセンスあるかも…。

娘曰く、「何を撮るか心の中ではっきりさせるんだよ」ですって。ごもっとも。

あら!この話、今から書くことに関連していそうですよ(^.^)

ラブラブ

前回の記事の続き、子ども部屋のお片づけで私が気をつけていたことです。

春休みが始まるまでは毎日の生活にあまり時間的余裕がなかったので、せめて寝る前に1分でもいいから片づけるよう、呼びかけていました。

実際には、3分から5分くらいのことが多かったと思います。

その時に、漠然と片づけるのではなく、必ず具体的な目標をその場で決めていました。

たとえば

「床のモノをなくそう」

「本だけ集めてねー」

「筆記用具を引き出しに入れよう」

といった具合に。

一番いいのは、床の上からモノがすっかりなくなるというような、見た目もスッキリするやり方ですが、そうでなくてもいいのです。

机の上は相変わらずグチャグチャながら、「よしっ本だけは本棚に戻した」と達成感を味わえます。

親としても、決して乗り気でない娘を動かして片づけさせているので、何らかの成果があったと思えると、気分的にもかなりラクなのです。

これは、そのまんま「るる子流片づけ術」なのですが、実は片づけ以外にも応用できる方法です。

つまり、自分なりの小目標を決め⇨実行する⇨できた!⇨達成感&自己肯定感!

という流れ。

どこから手をつけたらいいかいいかわからない時、どうもやる気が出ない時、このやり方をぜひ取り入れてみて下さい(^.^)

4月の見える化シート、今日の夜に配布しますね!お楽しみに♪


春休みに小4娘のお片づけスイッチを押したものは?

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

昨日の記事にも書きましたが、宿題のない春休みの過ごし方、むずかしいですねー。

1つでも2つでも「これをやった」と言えるものがあると、すがすがしい気持ちで新学期を迎えられるかもしれませんね。

一応我が家では、娘と私それぞれピアノ曲を1つずつ練習して完成させたいと思っています。

娘があまりノッてないので、うまくいくかはちょっと疑問。

そしてもちろん、新学年を気持ちよく迎えるために子ども部屋の片づけはやっておきたいところなのですが…

我が家の子ども部屋の片づけが、ちょっと不思議なことになっております。

ここ数週間、娘の机の上がものすごいことになっていて、私だけがイライラしていました。

春休みはかなり本腰入れて一緒に片づけないと…と覚悟を決めていた終業式の日。

なぜか娘にスイッチが入りまして、自力で机の上をピカピカにしました。

その「なぜか」の部分、知りたいですよね?

片づけスイッチ、理由なく入ることも多いし、いくら頑張ってもダメなこともあります。

ただ、今回に限ってはちゃんと理由がありました。

我が家ではゲームタイムは1日1時間と決まっています。

そのゲームタイム、使い果たしてしまっても、お片づけを10分やったらその分だけ延長してもよいという制度があるんです。

娘はゲームやりたさにその制度を使って片づけ始めたら、勢いづいて全部片づけてしまった、ということのようです。

なーんだって思いました?^^

ホント、子どものやる気スイッチ、どこで入るかわかりません。

それまでずっと「寝る前に1分でもいいから片づけよう」と呼びかけて、できない日もあったけれど、片づけに気持ちを向けるようにしてきました。

それもよかったのかな?

・・・と思いたい^^;

そうそう、その1分片づけの時に私が心がけていたことがあります。

長くなったので、そのことについては別の記事でお話しします。

でもやっぱり片づいた部屋って、生活に大きな影響を与えるものですねえ。

机が本来の目的に使えるようになったので、娘は嬉々として机でマンガを描いています・・・ん?

本来の目的?? 笑

春休みに大々的に片づけだ~!と手ぐすね引いていた母は、何だか拍子抜けしてしまいました。

ただそれとは別に、収納方法の見直しをしたい場所もあるので、子ども部屋の片づけはやろうと思っておりまーす。


{DA21D0EB-2241-48AA-AA6F-8F4F351BB85B:01}
ぬぬぬ。それでね、子供部屋の写真を載せようと思ったら、早くもまた散らかり始めている…。んもー!

というわけで関係ないキッチン写真ですー。

今はパルシステムにもらったミニ薔薇が咲いているのでいつもより植物多めでいい感じです。

クラッカー


気持ちよく新年度を迎えるために、今のうちに子ども部屋に限らずお家の中を整えておきたいですよね。

新生活が始まってバタバタになる前の今の時期に、「片づけるる子のメール相談室」「お片づけのはじめの一歩を応援するメール講座」がおすすめです。

片づけるる子のメール相談室は、お一人お一人と丁寧に向き合うため、人数を限定していますが、今ならお申込み受付中です。

詳細は以下のURLをクリックして下さい♪

⇒片づけるる子のメール相談室

⇒お片づけのはじめの一歩を応援するメール講座


【春休み】教科書やプリントの処分時期はどう判断する?

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

今日が春休み2日目の我が家。

今はお友だちと遊ぶ時間が何より楽しい娘なので、放っておくと楽しく遊んでいるうちにあっという間に春休みが終わってしまうでしょう。

宿題もないので、4年生の復習は家庭に任されています。

学期中から続けてきた漢字の書き取りや計算ドリルを続け、遅れがちな通信教育が追いつけたらいいなと思っています。

こんな本を使って勉強しています。

小学漢字1006が5時間で覚えられる問題集
坂本七郎
4804762566

小学漢字1006が5時間で覚えられる問題集。


計算ドリルはちょうどいいのがないので、ネットでその都度探したり、チャレンジ(通信教育)のまだやっていない部分を拾ってやらせようかな。

昨日やっとのことで「春休みの計画表」をネットで見つけて印刷しました。

午前と午後に分かれているのが使いやすい。

こうやってみると日数が限られていることがよくわかります。

その一方で、年度替わりのこの時期は習い事がお休みだったりするので、時間の使い方も工夫しなければなりません。

勉強だけでなく、新学期に向けて持ち物を整理したり、部屋を片づけたりするのも大事ですよね。

片づけリストはこんな感じです。

学用品(道具箱、絵の具、習字道具、鍵盤ハーモニカとリコーダー、防災頭巾、体育着、ぞうきん)
プリント
教科書
子ども部屋の片づけ

学用品の名前付けを早めにやっておこうよ!と娘に言ったら、「でもクラスがわからないよ」

たしかに~。

クラス替えのある学年なので、始業式を待たないと名前付けはできないのでした。

体育着の名前つけくらいは、クラスの部分を空欄にして、やっておいた方がいいかもしれません。

プリント類、教科書類をいつ処分するかというのは、悩みの種だと思います。

目安として、2学年下のものは処分していいと思います。

でもこれはあくまでも目安で、迷ったらとりあえず取っておいても大丈夫ですよ。

というのは、感覚的に無理をせずに捨てられる時が必ず来るからです。

私も娘が1年生から2年生に上がった時、どのタイミングで教科書やプリントを処分していいかさっぱりわかりませんでした。

もしかして復習することがあるかも…なんて思ったんです。

でも3年生になった時に、1年生のものはもういらないとはっきりわかりました。

はじめて書いた自分の名前など、思い出になるものは別として、実用的な意味ではもう役目を終えたとわかったので、処分することができました。

踏ん切りがつかなかったら、とりあえず置いといて、迷いなく判断がつくのを待てばOK。

無駄に悩む必要もありませんし、2人目以降のお子さんの時には最初から様子がわかるので、スムーズに進むはずです。

とはいえ、処分のチャンスを逃すとたまる一方ですから、やはり学年替わりの時期には見直しをすることをおすすめします^^。

あと保護者向けに学校から配布されるおたよりも処分の時期には悩みますが、これも学年が上がるごとにどんどん楽になってきますよ。

要らないものは、一目見てわかるようになってきます。

「重要」とか「保存版」とか書いてあっても、何度も配られるものあります。

たとえば台風接近の時の指示のプリントは、重要なものではありますが、必要になるたびに配られるとわかったので、古い方はどんどん処分できるようになりました。

何度か記事にもしていますが、我が家では「仮のゴミ箱」という箱を作っており、最終的に資源ゴミに出す前に保管する期間を取っています。

仮のゴミ箱だと思うと安心してどんどん放り込めます。

でもね、仮のゴミ箱から「しまった!」と思って捨てた書類を取り出したことは、4年間で皆無でしたよ~。

学校書類の整理については、テーマ一覧の中の「子どもの学校書類」にいろいろな過去記事があります。

そちらもどうぞご覧下さい。
⇒子どもの学校書類



{6C0F21D7-4906-4DB8-B82C-BB25B9F4C9E9:01}

高尾山口にあるトリックアート美術館。春休みにいかがでしょう?(^.^) 去年行きましたがとても楽しかったですよ!

思いがけない出来事で子育てを振り返った

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

小4娘の小学校は今日が修了式です。

新入学の年に比べれば変化は少ないのですが、新年度はクラス替えもありますし、節目の時と感じます。

節目と言えば、先日思いがけない贈り物が届きました。

こちらのミニ薔薇の鉢植えです~。

{3B62D85B-F506-47E0-A2B6-5FD1CA14A91C:01}

我が家では生協(パルシステム)に加入しているのですが、なんとその加入歴が10年になったらしく、その記念品とのことでした。

嬉しいと同時に、なに~もう10年もたったのか~と驚き。

でも確かのその通りなんです。

生協に入ったのは、産後思うように買い物に出られなくなったためなんですから。

つまりあれから10年の月日が流れたというわけです。

産後の時期、生協は命綱のような存在でした。

赤ちゃんを抱っこして重たいお米を買いに行くなんて無理だし、サバイバル生活で料理も凝ったものは作れない。

それでもヘルシーなものを食べないといけないので、解凍して焼くだけの豆腐ハンバーグなんかはヘビロテしていました。

離乳食づくりにも、冷凍の野菜ペーストなどにはお世話になりました。

その後少しずつ、加工食品の割合は減り、素材をそのまま買うことが多くなりました。

生活に合わせて変化してきた生協との付き合い方は、我が家の子育ての歴史にそっくり重なるんですよね。

そんなふうに思ったら「10年」の重みを感じて感無量になりました。

薔薇を届けてくれたいつもの配達のお兄さんとも、しみじみ「10年ですねえ」なんて話しました。

去年お子さんが生まれたというそのお兄さん、10年前は「まだ今の妻と出会っていなかった」とのことです。^^

薔薇は素直にうれしかったけれど、何しろ植物の世話は苦手な私です。

丈夫と言われるアイビーやパキラなどは、何とか育てられていますが、いかにも繊細そうな薔薇は自信がなーい。

蕾のまま届いたので、このまま咲かなかったらどうしようなんて不安でしたが、無事に今朝咲きました!

昨日までは咲きそうで咲かないという状態が続いていましたが、咲くときは一気なのですねえ。


{29958257-F65E-4090-B21B-9D4F189DD1AA:01}

娘の誕生日も、二分の一成人式も終わってしまったけれど、思いがけずこの10年を振り返るよい機会を持つことができました。

ラブラブ

春休みは新生活に向けての準備期間です。

この時期にお片づけへの第一歩を踏み出してみませんか。

ワークをしながらお片づけできる「お片づけのはじめの一歩を応援するメール講座」は、「面倒」「疲れる」といったお片づけのイメージをガラリと変えてくれます。

何しろ人一倍面倒くさがりの私が、楽しく片づけをできるようになったコツがいっぱい詰まった講座です。

詳しくはこちらをどうぞ。
⇒こちら


椿山荘の一人アフタヌーンティーで何をしていたかというと

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

先日、ホテル椿山荘のロビー・ラウンジ ル・ジャルダンで一人アフタヌーンティーをしました。

{44FF840B-2F9D-4868-8448-4A02F3C6B748:01}

美味しいお茶とフィンガーフードやスイーツをいただきながら2時間あまり。

連れもいないのに一体何をしていたかというと…^^

主に「ひとり会議」と「読書」です。

暮ラシノユトリ舎では、「2016年の目標サポートサービス」というのをご提供しています。

こちらはお正月限定で募集したサービスなのですが、私もみなさんと一緒に自分の目標を立てたり、月ごとに見直したりしています♪

月の初めに一斉メールをお送りして、みなさんからの進み具合をお知らせいただきます。

それに対して私から個別にお返事を差し上げています。

みなさんお忙しいですが、月に1回でもほんのちょっと立ち止まって、自分の行きたい方向に思いをはせる時間を持てるのはとてもいいようですよ。

私自身も目標を書いた紙を、いつも目に触れる場所に置いたり、みなさんへのメールの中でそのことに何度も触れているうちに、あら不思議。

なぜか叶うような流れになってきています。

「家をときめく空間にする」というのがその目標です。

この日はせっかくまとまった時間を取っているので、家の中の場所別の小目標を決めたりしていました。

これでまた加速するかな~と楽しみ。

あとは「理想の一日の条件」というのも考えてみました。

現実はともかくとして、こんな一日を過ごせたらきっと幸せな気持ちで眠りにつけるだろうと想像して、その条件をぜーんぶ書いてみるのです。

よくありがちなワークで、いつもうまくできなかったのですが、初めてマインドマップ形式で書いてみました。

するといつもよりずっと発想が広がりやすくて、いろいろ出てきました。

その時考えた理想の一日は、非日常的で夢と冒険に満ちあふれたエキサイティングな一日!…では全くなくて。

自分が決めたこと、日課、ちょっとした楽しみがバランスよく散りばめられたものでした。

朝一で緑茶を飲みながら朝活をしたり、

娘が余裕を持って登校したり、

ユトリ舎にいただいたメールのお返事をすべて送り、

ブログは2回更新し(!)、

家事もスイスイ、自分の時間も取れ、

晴れていればランニング、雨ならストレッチ、

夕食後に日記を書き、本を読み、

寝る前に翌日のプランニングをして…

などなど。

かなり端折りましたがそんな感じ。

はい、地味です。

でも私が幸福感、充実感を得るためにとても大事なことばかりなのです。

コストをかけた一人会議ですから、ここで決めたことは大事に扱ってちゃんと生かさねば♪

その後少しだけ本を読みました。

このところできるだけ英語の本を読もうと思って、いつも持ち歩いています。

日本語と違って素早く読めないのでもどかしいですが、そのもどかしさも含めて楽しんでいます。

{61E79269-D561-44F2-B317-F9B19A7616B0:01}




朝家事の質を上げるために~言葉って重要~

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

昨日の続きです。

朝家事の組み換えをしているうちに「皿洗い」という言葉に引っかかりを覚えました。

私、「皿洗い」と書いてあると、ホントに皿洗いしかやらないんです。

…皿拭きもしません。

あ、正確に言うと、すぐにはしません。

水切りラックに伏せておき、しばらくして水が切れた頃に拭くのが好きなんです。

布巾がびしょぬれにならず、簡単に拭けるから。

でも夫には不評で、文句を言われることがよくあります。

文句を言いながら、さっさと自分で拭いてくれることも多いんですが、それはそれでプレッシャー^^;。

私自身、すぐに拭かないことについて、面倒だからという気持ちが半分くらいあるのも否定できないのです。

この「皿洗い」を試しに「キッチンリセット」と言い換えてみました。

…これは効きましたねえ。

キッチンリセットなのですから、皿を拭かないなんてもってのほか!

すぐに拭き上げて、てきぱきと食器棚にすべて片づけ、さらに調理台に置いてあった細々したものも、できる限り取り除きました。

お茶の缶と植物なんか小ぎれいに飾ってみたりして。


{FF76A30B-732D-4C5E-8642-D9B683DDE88E:01}
(すみません、夜の写真になっちゃった。暗いよね)

キッチンの印象ってちょっとしたことで決まるんです。

ほんの2、3個の余分なものが出ているだけで、あっというまにゴチャゴチャした印象になります。

基本何もないまっさら状態にしてから、素敵なモノを吟味して飾るという手順を踏むと、突然オシャレになります。

昨日はキッチンがピカピカになってしまい、帰ってきた夫が「…なんか家の中がきれいだね」とつぶやいていました。

その時ちょうどテーブルの上にも何もなかったし、その相乗効果だったんだと思います。

言葉の力ってすごいなあ。

ただですね、これからずっと朝家事の項目を「皿洗い」から「キッチンリセット」に変更するかどうかは考え中です。

というのは、「皿洗い」だと5分程度ですむところ、「キッチンリセット」だと15分かかりました。

朝の10分の違いは大きいです。

バタバタに拍車がかかったり、気が重くなってこの項目を先延ばししたくなるのも困ります。

でももちろん、気持ちの負担なく「キッチンリセット」ができるならそれに越したことないんです。

だって本当に気持ちいいんですよ。

その効果は一日中続くし。

しばらく両方を試しながら、どちらにするか考えたいと思います。






♪ホテル椿山荘のアフタヌーンティー♪

投稿写真

投稿写真

投稿写真

♪ホテル椿山荘のアフタヌーンティー♪

先週の木曜日、行ってきました。

お一人様です(笑)

私の今年の目標の一つなんですが、

1ヶ月おきに、都内ホテルのアフタヌーンティーに行くというのがあって。

1月は帝国ホテルに行きました。

この時はお友だちにつきあってもらいました。

今回は一人なのでけっこうキンチョー。

早くこういう場所に慣れたい(T_T)

椿山荘、とても暖かみを感じるホテルでしたよ。

ラウンジもいいんだけど、廊下とかも落ち着いていてとても雰囲気がよかったです。

そして窓の外に広がる庭園が素晴らしいの。

お昼は食べずに行って、ランチ代わりにしました。

12時からOKなので。

小学生の子どもがいると、やっぱり「門限」は3時頃になってしまいます。

こじんまりしたボリュームでしたが、緊張のせいか、けっこうお腹いっぱいになりました(^.^)

接客業はね、お客の様子をよく見てくれてるなと感じました。

お茶もポットで出てくるのですが、飲み切らなくても新しいの勧めてくれました。

「冷めてしまうと美味しくないので」という気遣いが嬉しい。

ホントに緊張したので、ゆったりリラックスタイム~というのとは少し違ったのですが、優雅な時間を過ごすことができました♪

ブログをまとめてみる >

朝家事の調整~現実に合わせてみた~

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

朝家事の項目を、1枚ずつの付箋(使いまわしができるようにマスキングテープで作成)に書いて、終わったものから剥がしています。

{87C8572B-93EB-4881-B7E5-EC684D6ABA85:01}

タスクビンゴと組み合わせたりもしているのですが、苦労なく剥がせる家事と、毎日残りがちなものがあります。

正直言って、全項目クリアはなかなか達成できません。

夜になってから「ゆる片づけ」をやっと剥がして、「ふう、今日は全部クリアしたぞ!」

…って朝家事じゃないじゃん。

そこで少し内容を見直してみました。

やはり「朝家事」であることを重視して、無理に朝の時間に組み込もうとすると苦しくなる「ゆる片づけ」を外しました。

そのかわり入れたのが「ぷち片づけ」

(注:ゆる片づけは15分1コマで行う、置き場所決めなども含むやや本格的な片づけ、ぷち片づけは5分で定位置にモノを戻すリセット片づけです)

これはできれば朝のうちに1コマ入れておくと、混乱状態のリビングがほぼリセットされるのでなかなか有効です。

次に見直したのが「ブログ更新」。

これも朝家事じゃありませんよね。

でも本当は、朝のうちにブログを更新できたらどんなにいいだろう!という思いは根強くあります(笑)。

ただこれを家事に入れるとツラくなる。

朝家事ではなく、朝活ですよね。

なのでやるとしたら、その方向で考えたいと思います。

代わりに入れたのが「朝ごはんづくり」。

え、朝ごはん作ってなかったの?と驚かれてしまいそう。

はい、私は最近まで作ってなかったんです。

いえいえ、朝ごはん抜きというわけではありませんよ。

現在10歳の娘が生まれた直後から、つい最近までの長きにわたって、夫が朝ごはんを作ってくれていたのです。

私がするのは、ご飯が冷めていたらレンジで温め、お盆を食卓に運ぶくらい。

それでわざわざ「朝ごはん」という付箋を作らなくてもすんでいました。

夫にはずーーーっと「もう大丈夫だよ」と言っていたのですが、それでも作り続けてくれていました。

それが最近になってやっと「じゃあもうやめようかな」と。

でも自分の分は自分でサッと作って食べて片づける、手のかからない夫なのですけど。

というわけで、項目としては2つ外して2つ増やしたので、プラスマイナスゼロです。

全体としてはこんな感じ。

ちなみにリビングの掃除機かけは、これも夫が毎朝やってくれます。

【6時台】

洗濯機回す
着替え
家計簿

【7時台】

朝食づくり(★)
皿洗い
ゴミ出し
献立
ペン習字(朝家事じゃないけど)

【8時台】
洗顔化粧
布団
洗濯物たたむ(残っていれば)
洗濯干し
トイレ掃除
玄関の世話
小そうじ
ぷち片づけ(★)


となりました。 ★は変更のあったところ。

これでけっこう実態に近くなったかな。

できていないことを、できるようにするのも大事だとは思います。

でも、いつもできずに自分を責めてしまう「朝のブログ更新」を外したら(だって朝家事じゃないし)気分がスッキリしました。

これはこれで「家事として」ではなく努力します('◇')ゞ

あと実際にはやっているのに、付箋が剥がせなくてプチストレスを感じていた「朝ごはんづくり」もしっかり入っていい気分です^^。

朝家事に関しては、もう1つ気づいたことがあります。

それは、付箋に書く言葉って大事なんだな~ということ。

本当はこの記事はね、そのことを書こうと思って書き始めたのに~。

本題に入る前に長々と語ってしまったので、次の記事でお伝えしますね♪



【現在ご提供中のサービス】

音譜片づけるる子のメール相談室(3名様限定)

サービスの質を落とさないため、同時並行で3名様に限定しています。

直接お宅にお伺いするわけではないのですが、誰かと一緒に片づけをしているような心強さを感じていただけるようですよ。

リピーター様にも再受講をいただいています。


音譜お片づけのはじめの一歩を応援するメール講座21日コース


音譜1年で2000個手放す実況中継メルマガ(無料

45週目まで配信しています。はたして1年で2000個に到達するのか…最近ちょっと暗雲が。('ω')



時間管理に関するちょっとショックなお話

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

オーディブルで本を聴きながら、家事をするのが楽しみな今日この頃~。

読書のためにわざわざ時間を取るのがむずかしくても、耳があいている時間というのは意外に多いものです。

オーディブルのアプリでは、1.5倍や2倍などの早聴きをすることもできます。

そうやってサッと聞き流しても、気になる本はまた聞き直してもいいので、逆に理解が深まったりします。

佐々木正悟さんの『ライフハックス―鮮やかな仕事術』、発行が10年ほど前の古い本ですが先日も少しご紹介しました。

この本の中にもう1ヵ所、ちょっとショックなことが書いてあったんです。

思わず「えーーっ?それはないでしょ?」と思ってしまったんですが、もしかしたら、いえ多分それ当たっています。

…例によって紙の形で手元にあるわけではないので、正確な引用ができず、ちょっとわたしフィルターがかかってしまうのですがご了解下さい。

どんな時間管理をすれば、成果を上げられるのかというお話です。

実は、具体的にどんな時間管理をしているかは、成果にあまり関係がないんですって‼︎

その人が「自分はうまく時間管理ができている」と実感していることが大事なんですって~。

目標を立てたから生産性が上がるとか、優先順位をつけたから成績がよくなるということはなく、「自分はうまくできている」という実感の方が大事なのだとか。

アメリカのエイブラハム・テッサーという社会心理学者の説だそうです。

うーむ。

これっていろいろ考えさせられません?

私たちはつい、新しい時間管理の手法を取り入れたらうまくいくような気がして、いろいろなノウハウを追い求めてしまいます。

けれども大事なのは、そういうことではなく、どれだけ自分が納得して満足してその方法を使っているかということなんですね。

私も楽しそうな工夫は大好き♪

ゲーム感覚で、お片づけや家事をいかに楽しくこなせるか考えるのは、もう趣味みたいなものだし、実際にそれで能率が上がることもたくさんあります。

タスクビンゴとかね。

でももし自分の感覚に合わず、納得できないのに、その方法がよさそうだからという理由で使い続けたとしても、効果は上がらないんですねー。

たしかにそれも感覚としてわかります。

その手法との相性もあります。

どれだけ自分が真剣に取り組んでいるかということも関係してくるでしょう。

だから自分にしっくりくる時間管理法を見つけること、それを大切に実行に移すことで、その方法が初めて生かされるのですね~♪


{08167CD3-0914-427E-B606-BA408CF41297:01}
タスクビンゴも素敵だけれど、ノウハウより大事なことがあるのねー(^.^)



【現在ご提供中のサービス】

音譜片づけるる子のメール相談室(3名様限定)

音譜お片づけのはじめの一歩を応援するメール講座21日コース

音譜1年で2000個手放す実況中継メルマガ(無料



夕食の支度が苦でなくなる私の工夫♪

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

2016年の目標サポート参加者の皆さま、2月以降の進捗状況をお知らせ下さいね。

メールにも書きましたが、一応目安として今日まででお願いしています。(^.^)

進んでいないという方は「進んでいない」とお知らせいただければOKですよー。

怒ったり呆れたりすることは一切ありませんし、私が報告先になることで何かのお力になれたらと思っています。

あと形式を整えなければ!と思わなくていいですからね。

私が内容をすべて理解できなくても、わかる範囲で応援させていただきます。

せっかくなので1ヶ月を振り返るチャンスにして下さいね。

ご報告お待ちしています。

ドキドキ

さて昨日の記事にチラッと書きましたが、このところ本を読むのではなく、聴いています。

去年から日本でも始まったオーディブルというサービスでは、月々1,500円でオーディオブックが聴き放題です。

聴き放題ってすごくないですか?

定額制なので手軽に何冊もダウンロードでき、合わないと思えば惜しげなく削除できます。

本当に面白いと思える本だけを聴くことができます。

しかもAmazonのプライム会員であれば、3ヶ月間無料体験ができるんですよ。

私は最近プライム会員になりました。

今は無料期間中ですが、有料会員になろう思っています。

知らぬ間に実はかなりオトクになってたんです。

少し前までは、お急ぎ便が無料というだけだったのであまり興味なかったんですけどね。

Amazonプライムミュージックや、プライムビデオなどのサービスも始まり、これも含まれています。

我が家はもう関係ないですが、赤ちゃん用品も割引で買えるようです。

本題に戻って、オーディブルの話。

私はやる気を出すため、何か聞きながら夕食準備などをすることがあるんですが、素材を探すのに苦労します。

オーディブルの音声は本になっているものばかりなので、内容も充実していて、気になっていた本が耳から読めるのはとても嬉しい。

ラインナップは正直少し古いのかな?という印象で、新刊本を期待すると見つからないかもしれません。

でも逆に掘り出し物があったりして楽しいですよ。

印刷されたものと違って、聞き流してしまうので、ちゃんと読みたいものは改めて買ったり、そうでなくとも何度か聴き直したりもします。

ビジネス系や語学関係が多いのですが、小説ももよいです。

目で読むよりも情景がくっきり心に刻まれる気がします。

というわけで、このところ本との出会いが多くなりました。

お勧めしたいものがあればまた記事にしますね~。

{05A7DCBB-937C-45D3-8A48-CC275718A5F7:01}


【現在ご提供中のサービス】

音譜片づけるる子のメール相談室(3名様限定)

音譜お片づけのはじめの一歩を応援するメール講座21日コース

音譜1年で2000個手放す実況中継メルマガ(無料

ルーティン家事のダンドリって面倒な方がいいの?

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

タスクビンゴ、朝家事の管理に絶大な効果を発揮してくれています。

ただ毎朝カラーペンで枠を書く作業がすこーし面倒だと思う時があります。

カラーペンを使ってスーッとまっすぐ線を引くのはある意味気持ちがいいんですが、ちょっと飽きてきたのもあり。

ところが、実はこのちょっと面倒な作業には、日課をきちんと実行できるための大きな意味があったようなのです。

佐々木正悟さんの『ライフハックス―鮮やかな仕事術』という本を読みました。

ライフハックという言葉が流行ったのは何年も前のことなので、、今さらながらなのですが。

正確に言うと読んだのではなく、オーディオブックで聴いたのですが、詳しい話はまた今度。

いや「今度」とか言ってるといつになるかわからないので、次の記事で書きますね。

これについても、とってもとっても書きたいことがあるんです!

ともかくその本の中に、「ルーティンのタスクはただリストに乗せておくだけでは風景化しやすい」というような記述がありました。

たしかに。

いくら目立つ場所に「毎朝〇〇の掃除」と書いておいたとしても、だんだん見慣れるとどうなるか。

目に入っても見ていない状態に陥りますよね。

それを防ぐためには、一定の手間をかけて「毎日やっているけれど、今日もこれをやるんだ」といちいち確認することが必要なのだそう。

だから逆にちょっとだけ面倒だなと思うくらいの方が、「せっかく準備したんだから」と実行する方向に向かいやすいのです。

それはそうかも。

というわけで、毎朝16マスの枠づくりをせっせと続けています。

{DFF46355-FE83-49FF-AE68-B653C90C9F6E:01}


そうは言っても、使いまわし付箋をペタペタ貼りかえるだけでも面倒なくらいなので(爆)枠くらいはそのうち印刷してもいいかなと思ったりもします。^^

『ライフハックス―鮮やかな仕事術』には、他にも興味深いことが書いてあったので、またご紹介しますねー。


【現在ご提供中のサービス】

音譜片づけるる子のメール相談室(3名様限定)

音譜お片づけのはじめの一歩を応援するメール講座21日コース

音譜1年で2000個手放す実況中継メルマガ(無料



進まなかった小掃除、これなら続きそう

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

年末に大掃除をしなくても気持ちよく年を越せるように、普段から気になるところを掃除しておきたいというのが私の理想。

そのためには、つい先延ばしにしてしまいがちな場所を普段のお掃除のローテーションに組み込めばOKです。

…とわかってはいるのですが、なかなかこれが続きません。

気になる場所というのは

キッチン床
キッチンシンク
キッチン引き出しの底面
冷蔵庫
サッシのみぞ
ゴミ箱の中
洗面所

自転車

の9つです。

換気扇は?お風呂は?などと思われるかもしれませんが、夫の担当であったり、別の形でお掃除していたりしますので、気になるのはこの9ヵ所。

気になる、ということは、「なかなか手が回らない」の裏返しでもあります。

これをローテーション化するにあたって、まずは「1日2つずつ、平日のみで1週間で回す」というのを考えました。

でもこれが思ったよりハードル高くって…。

億劫なあまり、1つもできない日が続きました。

それで次に「1つでもいい」ということにしました。

キッチン床は9日に1回だと少ないので、途中に1回増やすことにしました。

…それでもなかなかコンスタントには続かず、時折ハッとしてキッチンの床をごしごし磨いてみたり、引き出しの中のホコリに気づいてガッカリしたり。

最近になって、そうだ!と思いつき、このところマイブームの「タスクビンゴ」を小掃除にも採用することにしました。


タスクビンゴはこちらのブログで知りました。素晴らしいアイデアをありがとうございます!
⇒Tocoリストをゲーム風にしたらタスクがはかどりすぎた


そして私の過去記事はこのあたりをご参照下さい。

♪朝家事をタスクビンゴでどんどんクリア

♪朝家事用の付箋をリニューアルしてみた


9つのマス目に1つずつ、掃除すべき場所を書き込みます。

いつものタスクビンゴは、1日の中でどこまでこなせるかというゲームですが、これは9日かけてやります。

{EC423A8C-A074-437A-9DE5-420149DEE1E7:01}


各場所を完璧にするのではなく、5分なら5分と決めておき、その時間内でできる範囲で掃除します。

昨日と今日、連続して小掃除することができました。

次にどこを掃除しようかと思った時に、なるべく縦横斜めに揃う場所を選ぶ楽しみもあります。

明日キッチン引き出しを掃除できれば、早くもビンゴ♪

やる気が出てきました!

ラブラブラブラブラブラブ

1年で2000個手放す実況中継メルマガを明日8時に配信いたします。

ここにきて私、変わったなと思います^^。

変わったのはモノを見る目というよりも、自分を見る目、なんだろうなあ。

明日のメルマガでは、そんなお話をしています。
⇒購読お申込み

すみっこぐらしの期間限定カフェへ♪

投稿写真

すみっこぐらしの期間限定カフェへ♪

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

小学生女子に大人気のキャラ「すみっこぐらし」をテーマにした期間限定のカフェに行ってきました。

完全予約制なのですが、土日や祝日はびっしりと満席。

ウィークデイでは娘を連れて行くのもむずかしいし…とスケジュールとにらめっこしていたら、たまたま4時間授業の日があったのです。

チャンス!と思って予約を取りました。

平日はそれほどの混雑ではありません。

お友だち親子と一緒に、放課後電車に乗って渋谷まで行ってきました。

店内はどこもかしこもすみっこグッズだらけ。

お店に入るなり、親の方まで一緒になってキャーキャー言ってしまいました。

お料理やソーダも全部すみっこづくし。

で、運ばれてくるたびにまたキャーキャー。

とても楽しくて濃い~時間でした。

併設のショップではすみっこグッズもいろいろ販売していて、思わずタオルを買いそうになりましたが、ハッと我に返ってやめました。

そういう、行き当たりばったりなことをやってるから家の中の統一感がないんだと反省したばかりでしたので(^_^;)

実は私もすみっこぐらしが好きなんです。

キャラがそれぞれの人生を背負ってる感じに惹かれます。

…って大げさなんですけど、たとえば「ぺんぎん?」というキャラがいるんですけど、この子は姿形はペンギンなのですが、どうも本当はカッパらしい。

それで自分でも「何かちょっと変だな」と感じていてモヤモヤしながら過ごしているんですよね。

そういうのってすごーく気になります(笑)

喫茶すみっこは、3月21日までの限定カフェです。

親子連れが多かったんですが、けっこう女性一人で来ている人もいて、興味深く思いました。

男性を含むグループが盛り上がって写真撮りまくっていたのも面白かったです(^.^)

ブログをまとめてみる >

プラゴミの量を減らす素敵な方法♪

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

「2016年の目標達成サポートサービス」の3月号のメールを参加者の皆さまに先ほどお送りしました。

もし届いていないという方がいらっしゃいましたら、お問合せ下さいね。

今日は桃の節句にふさわしく、暖かな天候の東京です。

桃と菜の花を買って飾っていますが、暖かいのでどんどん蕾が開いてきています。

{DA08FBC0-290B-44F4-9A81-F7009773C835:01}

この分だとすぐに散ってしまうのかなーなんて思いますが、お花を買うのはいいけれど、捨てるのは切ないですよね。

でもね、花びらが茶色くなってしまったようなお花でも、ゴミ箱の中では再び輝きを放つのを感じます。

何しろ回りがゴミですから、その中ではやっぱりきれいなわけ。枯れたお花であっても。

変な話ですが、ゴミ袋の口からお花の取れかかった茎や枝がチラッと顔をのぞかせている様子には、ちょっと風情を感じます。

ゴミと言っても、元は食べ物だったり、家の中で何かの役に立ってくれていたモノたちです。

捨てる時に少しでもそんな思いを向けられたらなと思います。

もちろん慌ただしくて、普段はなかなかそんな悠長なこと思ってられないんですけどね。

ただね、ゴミに対しても丁寧にという気持ちは、意味のないことではありません。

ゴミにふと目を向けたり、丁寧に扱ったりしていると、不思議なことに、量が減ります。

これは不思議でもあるけれど、当然のことでもあるんです。

まとめる時も、キュッとコンパクトに押し込む手間をかけたり、プラスチックゴミであればきれいに洗ったり切って平らにしたり。

もちろん1袋にギューッと押し込んでいるので、量が減ったというよりは、カサが減るだけなんですよ。

最初は。

でもそのうちに、「こんなにゴミを小さくしようと躍起になっているんだから、家の中に最初から持ち込まないようにしよう」と思うようになります。

特にプラスチックゴミなのですが、買い物をするときも容器がかさばるものを避けるようになりました。

私だけでなく、夫もカップラーメンを買わないようになりました。

直接文句を言ったりしたわけではないんですよ。

私が、うんうん言いながらゴミ袋にパズルのようにプラゴミを押し込んでいる姿を見て、ゴミを増やさないようにしようと思ったらしい。

これでも最初のうちは「これ、別に量が減ってるわけじゃないじゃん」とか「そんなに押し込んでけち臭い」とか言ってたんですよ(笑)。

でもいつのまにか少しずつ意識が変わってきました。

で、ゴミを丁寧に扱うためには、やはり時間や気持ちのゆとりが必要だと感じます。

忙しい週などは「あーーー」と思いながら雑に押し込んで、やっぱりゴミ袋が膨れ上がったりしています。

あまりピリピリしてもつらくなるので、できる範囲で、でも緩やかに意識し続けると、ゴミの量まで変わってくるよーというお話でした^^。


【現在ご提供中のサービス】

音譜片づけるる子のメール相談室(3名様限定)

音譜お片づけのはじめの一歩を応援するメール講座21日コース

音譜1年で2000個手放す実況中継メルマガ(無料



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。