スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キッチン用の手拭きタオルと食器用タオル

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

キッチン用の手拭きタオルと、食器用タオルを新しくしました。

手拭き用は今治タオルの4枚セット。

{9D28CA9A-4BFB-4723-AF66-E885186CADD5}


{6E8A6F16-1062-4D6D-91D3-8FBD105EBC7B}


前回のとすこし違うものにしてみた〜。

前のはふかふかで手ざわりはよかったけど、厚すぎてもダメなんです。

くたびれてきたら小さく切って、使い捨て布にするのですが、その時に立派すぎるタオルだと使いにくくて。

ペラペラなのも悲しいけど、適度に薄くてしなやかさがあるものが好きです。

食器用のタオルは、さらに薄手の白タオル。

温泉宿でもらえるタオルよりは心持ち厚いかなぁという程度。

でもこちらも今回、いつもと違うのにしてみました。

果たして使い心地はどうかなぁ。

買ったのは4枚(手拭きタオル)と3枚(食器用)ですが、全体の枚数はどちらも2倍くらいあります。

一気に全部取り替えず、様子を見ながら古くなったものから差し替えていく感じです。

また使い心地レポしますね。



スポンサーサイト

我が家の押入れ収納の特殊事情

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

今朝8時にメルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト」を配信しました。

今日のタイトルは「捨てたことをちょっと後悔したもの」です。

バックナンバーの公開は現在していませんが、購読のお申込みはこちらからどうぞ。
⇒こちらから


昨日の記事に3人のお嬢さんをお持ちの☆あいこ☆さんから共感のコメントをいただきました。

ありがとうございます。

・・・そうですよね、我が家は何やかや言っても一人っ子ですから、まだ救われているのです。

これが3人分だったらと考えるだけでめまいがします~。

でも人数にかかわらず、また子どもか大人かにかかわらず、片づけの基本を地味に実行するしかないんだろうな~と思います。

世のお母さんたち、何度でも気を取り直して、少しずつでも進んでいきましょうね。

ラブラブ

さて小5の娘の部屋は和室なので、作りつけの収納は押し入れだけです。

押し入れはもちろん収納力はありますが、使いこなすのが大変。

一間分の押し入れがあるのですが、下の段には、奥行きに合わせた引き出しやワゴンを入れています。

上段の半分は布団で占められていて、残りの半分は収納として使えない事情があるのです。

娘の秘密基地になっているんです~。

{B71BBB57-8B67-43F8-93D2-E908212E1E92}


もともとは押し入れの中に小型の本棚を置く時に、こちら向きに置くのではなく、側面の壁に沿って横向きに置いたのが発端です。

子どもの目にはまるでワクワクする小部屋みたいに見えてしまったのですね。

自分で座布団を持ち込み、居心地よく整えていきました。

貴重な収納スペースなので、私なりの心づもりがあったのですが、どんどん自由に変えられていきます。

上の段なので、奥まった場所はモノを取り出しにくいのです。

それで私は、前の学年のプリントなどを処分の時期まで保管する場所として使うつもりだったのに、ある時娘に「これ邪魔」と言われてしまいました。

仕方なくその箱は納戸に移動。

空いたスペースには、自分で作った紙粘土の作品が大事そうに飾られていました。

{5A34C8E2-4756-43FF-B28D-C37F253EA6FC}
こ、これは勝手に撤去とかできないー。

ここまで来ると、本当にお部屋ですね。

実際しょっちゅう押し入れに入り込んで本やマンガを読んでいます。

遊びに来たお友だちも招待してます。狭いのに。

タイトルには特殊事情と書きましたが、子どもは押し入れとか机の下とかの狭苦しい場所が大好きですよね。

同じようなお宅も多いかもしれません。

今はここに何かを能率よく収納するのを諦めています。

こんなことも期間限定ですから、きっと懐かしくなる日がくることでしょう。

ん?期間限定?

それを言ったら、私が自室に作ったリラックスコーナーも、秘密基地っぽいよ。

人は自分だけの落ち着き場所を必要とするという意味では、大人も似たり寄ったりですね。

{03E833D9-E061-45B2-B5A1-36109A31DEEB}


無料メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト
⇒こちら


メール講座
チューリップ紫お片づけのはじめの一歩を応援するメール講座21日コース♪
チューリップピンク
楽しくお片づけ習慣が身につきます。詳しくは詳細ページを♪



夏休み最終日の子ども部屋の様子

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

今日は小5娘の夏休み最終日です。

地域によって、学校によって、それぞれのようですが、私が子どもの頃は始業式といえば9月1日でした。

毎年「早いなあ。ちょっとかわいそう」と思いますが、娘は最初からそうなので慣れているみたい。

宿題も娘の小学校はそれほど多くないので、余裕を持って終わらせていました(内容はともかく)。

それよりも私が、夏休み中に子ども部屋の混沌を何とかしたいと思っていたので、「間に合わなーい」となりました(笑)。

まだ完成には程遠いのですが、今日は頑張って床の上をスッキリさせ、モノの定位置を決めるところまでこぎつけました。

一応掃除機かけまでできたので、私としては胸のつかえが下りました。

{14AEA7A5-9891-4B42-B270-3796B33FBC8F}

性格にもよるのでしょうが、小学生女子の持ち物って、限りなく細かくてあらゆる種類のモノが入り混じり、整理するのは至難の業。

「混沌から始めるお片づけのコツ」という過去記事でも書いた通り、とにかく分類が命です。


分類というのは、つまりはモノに名前をつける作業なんです。

「ごちゃごちゃした山」としか言いようのなかったモノたちを、「マスコット」「石」「ストラップ」というふうに、言葉で表現できるようにする。

そして今回はジップロックに入れて、ラベルをつけました。

つくづく思ったのは、モノに対する親の目と子ども本人の目は全く違うということでした。

私から見たら名づけようもなく、ガラクタにしか見えないモノあっても、娘にとっては「鑑賞用」つまり時々手に取って眺めている小物があったりするんです。

仕方なく「鑑賞用」とラベルを付けました。

夏休み中ずーっとダラダラ続いたお片づけのプロセス。

旅行などもあり、間があいたり嫌気がさしたりで楽な道のりではありませんでしたが、何だかすごく鍛えられた気分です。

最近は家の中から大分モノも減って、絵に描いたような混沌状態の場所ってないのです。

母の遺品整理も数ヶ月前に一段落したので、残るラスボスは子ども部屋。

子どもの自主性も尊重しつつ、粘り強く取り組んでいきたいです。

また続報お伝えしまーす。


無料メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト
⇒こちら


メール講座
チューリップ紫お片づけのはじめの一歩を応援するメール講座21日コース♪
チューリップピンク
楽しくお片づけ習慣が身につきます。詳しくは詳細ページを♪



寝落ちした翌朝のリビングの状態

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

もう2学期が始まっている地域もあるようですが、我が家の娘は来週月曜日が始業式。

台風の直撃と重なるのではないかとビクビクしています。

今日は地区のお楽しみ会に参加してきた娘。

学校のお友だちとも顔を合わせて、夏休みモードから少し学校モードに切り替わったようでした^^。

私も少しシャキッとせねば~と思い、3日前から朝のランニングを復活させました。

少しでも外の空気を吸って一回りしてくると、やっぱりよいですね。

その一方で夏バテ気味なのか、疲れやすいことも事実で、先日は家族の中で誰よりも早く寝てしまいました。

普段は私が一番遅いことが多いのです。

私が最後にリビングを出る時は、1分でもいいから~と自分に言い聞かせ、テーブルの上を何もない状態にするようにしています。

この習慣はとーってもお勧めです。

翌朝本当に気持ちよくスタートできるのです。

それがわかっていながらも、最初の頃はできたりできなかったりで、しかもできない時は何日も続けてダメだったりで、定着するのに手間取りました。

諦めずにいつも心がけているうちに、だんだん自然にできるようになってきました。

とはいえ家族が後に残っている時は諦めていたのですが、先日はあまりに眠かったので、一足先に引き上げながら必死で娘に声をかけました。

「テーブルの上きれいにしといてねー」

そう言いながらも、その時はとにかく早く横になりたい一心で、特に期待もしていませんでした。

でも翌朝リビングに入ってみたらこの状態!

{4EF1FEF3-A6E7-49BB-A08D-1E9D46E58F84}

嬉しかったですね^^。

置いてあるのは、短くなった鉛筆1本と台ふきん。

なんで鉛筆?なんでふきんが2枚なの?

などと疑問が湧いてはきましたが、ダメ元で軽く声をかけておいただけで、ここまで片づけてくれたなんて。

置き場所のわからない変なモノがなく、ほとんど娘の教材やら何やらだったからよかったんだと思います。

寝落ちしてしまった翌朝、恐る恐る起きてきてこの状態だったら万々歳です~。

鈴木家も成長したなぁと思った瞬間でした(*^^)v


ドキドキ

無料メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト
⇒こちら


メール講座
チューリップ紫お片づけのはじめの一歩を応援するメール講座21日コース♪
チューリップピンク
楽しくお片づけ習慣が身につきます。詳しくは詳細ページを♪



【お片づけ】モノを隠すにも情熱がいるのだ

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

センスのいいインテリアの本を読んでいたら、とにかく部屋をスッキリさせる唯一最大のコツは「隠すこと」との記述が。

そうか!

言われてみれば当たり前すぎるけれど、これを徹底するのは意外にむずかしいんです。

片づけが苦手な人って(私含む)、とにかく出しっぱなしが多い。

せっかく引き出しがあるのだから、そこに入れて閉めてしまえばすむ話なのにそれができないんですよね。

テーブルの上に置きっぱなしのマグカップ、手帳、ペン、読みかけの本。

使っている最中なら仕方ありませんが、使い終わったら決まった場所に片づければいいものを。


{9C36163A-CD68-4226-A687-AD986A3AF0D1}

さらに言えば、定位置が決まっていてちゃんと片づけられているモノも、なぜか外から見える置き方だったりします。

たとえば我が家のリビングの場合、書類用のファイル立てもそうだし、文房具もカゴに入れているので丸見え状態です。

隠しさえすれば、手っ取り早く見た目スッキリするんですけど、その隠すための段取りも必要です。

そう、隠すためには何かの収納用品が必要になってくる。

一つ前の記事でも書きましたが、収納用品の導入については慎重にならなければなりません。

あたりをよーく見回してみたら、不要品がいっぱい詰め込まれた引き出しの1つや2つ見つかる可能性が高いです。

それでもどうしても空きスペースが見つからなかったら、素材や雰囲気やお値段などを吟味して、隠すための家具やケースを物色することになるわけですが・・・。

そこまでして隠したいモノって何?

その隠そうと思って苦心しているモノ自体、もしかして要らなかったりして?

隠すためにも、情熱とエネルギーが必要なんです。

場合によってはお金もかかりますし、時間も取られます。

だとするとせっかくのその情熱を、まずはモノと向き合って、少しでも減らすことに向けた方がいいのかもしれない。

隠すことは、見た目をスッキリさせて片づけを前に進めてくれる。

それは本当にね、真実だと思うのですよ。

私自身、隠し方が足りていないので(笑)、もっと隠すことを頑張った方がいいと思っています。

でもその前に、実は隠さなくて済むモノ、隠す情熱を傾ける価値のないモノを後生大事に取っておいていないか、チェックしてみて下さいね。

無料メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト
⇒こちら


メール講座
チューリップ紫お片づけのはじめの一歩を応援するメール講座21日コース♪
チューリップピンク
楽しくお片づけ習慣が身につきます。詳しくは詳細ページを♪



その収納用品を買うのちょっと待った!

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

関東地方は朝の通勤時間帯から、ずーっと風雨が強く、娘も私も諸々の予定がキャンセルになりました。

原宿駅のホームに木が倒れてきたとか、成田空港で滑走路が閉鎖されて管制官も避難しているとか、目にしました。

被害がこれ以上広がらないといいのですが・・・。

どっちにしても家にいるしかないので、家の中のことをいろいろやっています。

子ども部屋の片づけも進めました。

今つくづく感じているのは「収納用品、買うのを早まっちゃダメ!」ということ。

小5娘の部屋で、このところかなりハバをきかせているのが紙類なのです。

イラストや漫画を描くのが趣味の娘には、過去の作品集がたっぷりあります。

自由帳、A4の用紙に描いて綴じたもの、バラバラの紙など、形態もさまざま。

全部合わせたら段ボール1箱分もありそうなので、実はこんなオシャレな紙のボックスを買うことを検討していました。

ロジマート
収納ボックス フタ付き【L】サイズ【送料無料】maison blanche (メゾンブランシュ...
¥2,160
楽天

さらに横長のファイルボックスをいくつか買って仕切りにしようなどと、頭の中で算段していました。

ところが片づけが進むにつれて、通信教育の古い教材が引き出しの中に詰め込まれていたことに気づいたのです。

ひとまず箱を買うのは見送ることにしました。

引き出しの中には、幼稚園の頃の読み物までありました。

実際に時々取り出して読んでいたりするので、処分はしなくてもいいのですが、頻度を考えると別室の押し入れに移しても大丈夫そう。

ひととおり目を通してもらうと、捨ててもいいものも出てきたので、だいぶカサが減りました。

すっかり空いたこのスペースに「作品」が十分に入ります。

そして中味を取り出してから見てみると、仕切りの板もちゃんと入ってる~。

てことは、ファイルボックスもいらないね。

むしろ必要なのは、簡単に紙をはさめる2つ折りタイプのファイルかも。

【セキセイ】 個別フォルダー A5 CF-31-00 【ファイル】 【フォルダー】
¥35
楽天



早まって箱とか注文しなくてよかったー。

可愛い柄なので、私もついテンション上がって、娘と一緒にワクワクしながら目星をつけたりしていたのですが、落ち着いて考えてみてよかったです。

片づけをしていると、こういうことはよく起こります。

片づけに悩んでいる時ほど、わらにもすがる思いで収納用品をとりあえず買ってしまいたくなります。

収納用品を買うのって、ある意味簡単だし楽しいんですよ。

でも安易に新しい入れ物に飛びつく前に、本当に収納が足りていないのか、よく見極める必要があります。

使えるはずの収納に要らないモノが詰め込まれているだけなのかもしれません。

収納用品と言えども「モノ」であり、買えばその分の場所を取るのだということを忘れないようにしないと。

「あーあ、あの箱かわいかったなー」なんてまだちょっと思っていますが、とにかく今は買わないでおきます(笑)。


{11CF9226-85F0-420F-880E-429914B00058}


無料メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト
⇒こちら


メール講座
チューリップ紫お片づけのはじめの一歩を応援するメール講座21日コース♪
チューリップピンク
楽しくお片づけ習慣が身につきます。詳しくは詳細ページを♪



徒歩で520キロの旅!夫婦で埼玉から甲子園まで♪

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

家族ぐるみでお付き合いのある友人夫婦が、埼玉県の自宅から甲子園まで歩いて旅をしています。

8月1日に出発して、1日20キロから30キロ歩いて、甲子園まで何日でたどり着くのだろう??

21日目の今日も、きっと頑張って歩いていることと思います。

2人は「fufu(ふふ)」という音楽ユニットを組んでいるとても仲のよい夫婦で、一緒に演奏活動をしたりCDを出したりしています。



(CDも出してます。画像お借りしました)

旦那さんのゲンさんはピアニストで和太鼓奏者、娘と私のピアノの先生でもあります。

奥さんの希美さんは歌手や役者として活躍。

伸びやかで愛にあふれる素敵なお二人で、親子ともども大ファンです^^。

fufuコンサートでは、会場からのお題に合わせ、即興でピアノ(ゲンさん)と歌(希美さん)で演奏するというコーナーがあります。

夫婦だけあって息がぴったりで、本当に見事なのです。

だってお題はその場で出されるから、曲の長さとか、テンポとか、何っにも打ち合わせしてないんですよ。

目で合図し合いながら(いや、それすらないかも?)なぜかいつもピッタリのピアノと歌。

何度見ても不思議でたまりません。

去年のコンサートでは、娘と私が出した「コーヒー牛乳」という題で歌ってくれたのですが、内容の温かさと鋭さに思わず涙する私。

私が娘に作るコーヒー牛乳、コーヒーはほんの少しだけで、ほとんどがミルクです。

そんなこと希美ちゃんに話したことないのに、ちゃんとわかってるんですよね。

そしてそれを瞬時に歌詞に織り込んで、素敵な歌に仕上げてくれる。

歌を生かし、歌に寄り添うゲンさんのピアノ。

本当に感動します。

前置きが長くなりましたが、そんなお二人が夫婦で埼玉から甲子園まで歩いて旅行すると聞き、えーそんな長距離を徒歩で??とビックリ!

・・・はしませんでした(笑)。

何だかすごく「らしいなぁ」と思って納得しちゃいました。

ブログで毎日着々と更新される旅日記。

8月1日に出発したので旅はもう終盤ですが、本当に毎日笑いあり感動ありでとても読みごたえあります。

娘と毎日チェックしています。

楽しんでいる様子は伝わるものの、毎日どれだけハードなことか。

それなのに、期間中の私の誕生日には旅先から電話をくれたり、励ましメールを出したらすぐにお返事くれたり。

旅を心から応援していますし、二人の温かさにはいつも感謝しています。

ドキドキ⇒fufuブログはこちら(希美さん担当)

ドキドキ⇒旅日記の1日目はこちら


ドキドキ⇒ゲンさんのブログはこちらです。

ドキドキ(旅のきっかけについてはこちら)



ノマド生活、ちょっと進化〜テザリング〜

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

娘はもちろん夫も夏休みの我が家。

昨日の夕方、ちょうどタイミングよく2人とも外出したので、突然お一人様時間が降ってきました。

すかさず図書館へ行き、併設のカフェでパソコンに向かいました。

去年の2月頃から、レノボのYogaというタブレットPCを使っていますが、これが本当に便利で手放せなくて♪

【割引クーポン券配布中】【新品・送料無料】Lenovo(レノボ)YOGA TABLET 2-1...
¥53,410
楽天
↑同じ機種だとこれかなぁ。後継機とかもう少し格安のものも出てると思います。

専用キーボードがマグネットで本体にくっついています。

取り外しもできますが、私は取り外して使うことはほとんどなくて、パソコンとして使っています。

WindowsのOSが入っているので、本当にパソコンと変わらないですよ。

マウスがないとやっぱり能率が悪いので、小さいコードレスタイプのものを愛用しています。

【サンワサプライ】Bluetoothレーザーマウス(レッド) MA-BTLS23R【TC】 7...
¥3,460
楽天
↑これは微妙に違うなあ。後継機かも。



そしてどうやってネット環境を確保するか。

最近ではWi-Fi完備のカフェも増えてきましたが、そうでない場所では?

Wi-Fiの機器を持ち歩く人もいるようですが、私はできるだけ格安に使いたいと思い、最近までWi2という会社のサービスに加入していました。

月額300円台ですみ、利用スポットエリアもけっこう広いので使いやすかったです。

でも今はiPhoneをWi-Fiの親機として使えるテザリングという方法でつないでいます。

サラッと「つないでいます」なんて書きましたが、実際に試してみたのは昨日が初めて(笑)。

半年くらい前にiPhoneの機種変更に伴い、契約プランも変更しました。

私はソフトバンクなのですが、「スマ放題」というプランに入っていると、このテザリングは無料なのです。

自分もその条件に当てはまることに気づいたので、試してみたらあまりに快適で驚きました。

しかも期待していたよりも通信速度も速く、ストレスもありません。

テザリングの条件は、各携帯会社によって、また親機となるスマホや子機となるパソコンの機種によって違います。

でもホント今さらなんですが、やってみたらとても便利で、これからは場所を選ばずに気軽にネット接続できそうなので嬉しいです♪

バッテリーの減りはさすがに早いので、使っていない時は接続をオフにするか、電源のある場所で使うなどの工夫は必要そうです。


{E9F70599-B2A8-4ACC-A811-BF20D985F1AB}



無料メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト
⇒こちら


メール講座
チューリップ紫お片づけのはじめの一歩を応援するメール講座21日コース♪
チューリップピンク
楽しくお片づけ習慣が身につきます。詳しくは詳細ページを♪



変われない自分に絶望していた頃

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

あの頃の私。

変われない自分に絶望していました。

3年くらい前かなあ。

いや2年前くらい?

片づけのブログを始めて何年か過ぎ、片づけ方がわからなくて途方に暮れることはなくなっていました。

自分のことも「片づけられない女」とはもう思っていなくて、やればできるという自信もついて。

それなのに、ふと自分が座っているリビングの床に目をやると・・・あれれ?モノが散らばっていることがとても多いのです。

その多くは娘のモノです。

こんなに頑張っているのに、どうしても「床置きゼロ」の状態にすることができない。

片づけても片づけても、子どもが、家族が散らかすから片づかない。

そう思ってキレそうになったことも数え切れないほどありました。

それでも何とかココロを落ち着けて周りを見回すと、そんな時は私のモノも必ず床に落ちているのです。

家族は自分の鏡です。

特に子どもは親の行動を本当によく見ています。

そしてその通りに真似します。

子どもの方も無意識なんだと思うんです。

「お母さんが置いてるからいいや」と意識する以前に、何も考えずに普通に置きっぱなしにしているんだと思います。

「たぶん自分のモノがゼロになった時に、この問題は解決するだろうな・・・」と薄々感じながらも、果たしてそんな日が来るのかしら?と静かに絶望していました。

・・・そんなことを久しぶりに思い出したのは、今の私はこの悩みからは解放されていることに気づいたから!

そうなのです、このごろずーっと、リビングの床の上にはモノがない状態が当たり前になっています。

夏休み中なのに、ですよ。

すごくないですか。

そんなことは当たり前という方もたくさんいらっしゃると思いますが、私にとっては本当にすごいことなのです。

あの頃だって、とても頑張って工夫して、自分を励ましながら片づけをしていたつもりなのに、どうしても実現できなかった床置きゼロ。

それでも諦めることはせず、何とかしたいなと思い続けていたら、気づくとできるようになっていた。

あの頃と今との違いは何なのでしょう?

決定的なことが1つあったというよりは、小さいことの積み重ねや組み合わせなのかなと思います。

具体的にいくつか挙げると、

①テーブルの上を寝る前にリセットする習慣がついてきた
②5分片づけを小まめにするようになった

・・・うーん、うーん。

いくつか、と書いたものの、具体的な行動として言葉で説明できるのは、これくらいです。

とにかく乱雑さを放置せず、短い間隔で小まめにリセットする習慣が身についたということなのかなぁ。

でね、自分のモノはもちろん床に長時間置きっぱなしにすることはありません。

で、娘も置きっぱなしにしなくなったかというと、そうではありません。

そうですね、以前よりは減っていると思います。

年齢も上がってきて、リビングの床に盛大にモノを散らかして遊ぶということもなくなりました。

でもそれだけじゃないな。

床の上に放置されたモノを発見した時の自分の受け止め方が全く違うんですよね。

いちいち「あーーーーまた置きっぱなしになってる。んもーーー!」と騒いだりしません。

「あ、また何か落ちてる」とサラッと受け止め、拾ってテーブルに置いたり、本人に言って片づけさせたり。

結局のところ、やはり「家族は鏡」というのは正しくて。

前は娘が何かを置きっぱなしにしているのを発見するたびに、まるで私が自分の欠点を指摘されたかのようにズシーンと受け止めていたんです。

それは自分ができていないという負い目をものすごく感じていたから。

今はいちいちそうやって自分を責めることもないので、イライラすることもなく、ほぼ無意識に対処できるようになっています。

「床に落ちているモノに気づいて片づけられるヒト」になった今となっては、床に落ちているモノはもう脅威ではないのです。

片づけが苦手な人が少しずつ片づけられるようになってきて、頑張っているという自覚が出てきた時こそ、まだ足りない部分に目がいきがちです。

こんなに頑張っているのに、なぜできない(部分がある)の?と思って、よけいツラくなることもあります。

でもそんな時は肩の力を抜いて、できることを淡々と実行して下さい。

そんなことで本当に事態が改善するの?と疑問に思うかもしれませんが、人は必ず自分が目指した方向に少しずつでも進んでいくものです。

そのスピードが自分の想像よりも少し遅いだけで。

あの頃「もしかして無理なのかも」とまで思っていたことが、いつのまにか普通にできるようになっていて、狐につままれたような気分です。

願いが叶う時って、いつどんなふうに叶ったのか、自分でよくわからないこともあるんですねえ。

{1BA1FC84-9E15-457C-91F9-75A04198F313}
夏休みの最初の頃に撮った写真。今もほぼこんな感じです。出先での投稿なので前の写真でごめんなさい。


無料メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト
⇒こちら


メール講座
チューリップ紫お片づけのはじめの一歩を応援するメール講座21日コース♪
チューリップピンク
楽しくお片づけ習慣が身につきます。詳しくは詳細ページを♪



♪地下深い廃墟みたいな駅で冒険気分♪

投稿写真

投稿写真

投稿写真

♪地下深い廃墟みたいな駅で冒険気分♪

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

家族で旅行に行っていて、先ほど帰宅しました。

途中で見学した、谷川岳の近くにある土合(どあい)という駅がすごかった。

廃墟と見まごうばかりの退廃的な雰囲気。

でも立派な現役の駅で、1日に数本とは言えちゃんと時刻表もありました。

日本一地下深くにある駅なんだそうです。

無人改札を通ってから延々と486段も階段を下ります。

まるで異界⁉︎というくらい、深く深〜くもぐって行きます。

本当にこの先にホームなんてあるの?電車なんて来るの?

何しろ階段が長すぎて、先が見えなくて不安になりました。


写真はどれも駅構内で撮ったものです。


この何とも言えない雰囲気、伝わるかなぁ。
ハッキリ言って怖いんですが、引き返すのだって大変です。

頑張って階段を下り切ったら本当にホームがありました。

階段もそこそこ涼しかったけれど、ホームは肌寒いほど。

しかもなぜか霧がかかっています。何なのー。

しばらく独特の雰囲気を味わってから、また500段近く上って、シャバに戻って来ました。

もー息も絶え絶えです(笑)

家族3人の中では、私が一番のろかったです。

何気なく立ち寄った土合駅ですが、何ともインパクトある体験になりました(^.^)

涼しくなれるので夏はオススメですが、体力は必要です。

ブログをまとめてみる >

混沌から始めるお片づけのコツ

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

毎週月曜日は、メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト」の配信日です。

前回のメルマガでもお知らせしましたが、今週はお盆休みで帰省中のため、お休みさせていただきます。

どうぞよろしくお願いします(^.^)

さて夏休み中に子ども部屋の片づけをしていますが、様々の「学び」があります。

(要はそれだけ大変ってこと(笑))

混沌とした場所の片づけについて、思うことがいろいろあります。

そのコツをまとめてみました。

混沌とした場所の片づけ


混沌とした状態から片づけを始めなければならない時。

我が家の子ども部屋もそんな状況の真っ只中からの出発でした。

子どもの持ち物って、時に大人の想定外の散らかり方をします。

あとは、長年放置した納戸、模様替えや引っ越しに伴う片づけなどでも、同じような混沌に陥ることがありますよね。

そんな時に、あまりのことに圧倒されてしまい、呆然として手も止まりがちになります。

そういう場合の立ち向かい方についてお話しします(^.^)

まずどうやって立ち向かうか


まずは、片づけたい場所にあるモノを、できるだけ全部出します。

全部出すのは気合いが必要なので、たとえば右半分だけとか、棚1段だけとか、区切っても良いです。

ただ最終的には全部出さないとカタがつかない(=片づかない)ので、要はちょっとずつ苦労するか、ドバッと苦労するかの違いです。

私は普段、どっちかと言うと区切る派です。

あまりに混沌としている時は覚悟を決めてドバッと出すこともあります。

ドバッと出したからといって、必ずしも一気に片づけなくても大丈夫♪

時間も15分ごとに区切りながら進め、疲れたらいったん終わりにして、次の日に続きをしてもよし。

期限がある時や作業量が膨大な時は、少し休んでまた続きをしますが、15分単位で何コマできたか、数えながらやるとモチベーションが続きやすいです。

具体的な手順


具体的な手順ですが、とにかくすべきことは分類です。

要・不要の見極めも、言ってみれば分類ですし、この場所に置くか移動するか、またはモノの種類別に分類します。

この時、風呂敷や新聞紙などを敷くか、箱に入れてラベル(メモ紙を入れる程度でもOK)を付け、せっかく分類したのが紛れないようにします。

また、不要と判断したモノは漫然とその場に置くのではなく、できるだけすぐゴミ袋に入れて、ゴミであることが一目でわかるようにします。

後でまとめて捨てればいいやと思っていると、わけがわからなくなります。

…何しろ現場って混乱しますからねえf^_^;


分類の仕方のコツ


最初はね、とにかくテキトーでも当てずっぽうでもいいので、わかりやすいところから分けていきましょう。

今回娘の部屋を片づけた時は、とにかく紙類だけ一ヶ所に集めたら、それだけでだいぶ見通しがよくなりました。

あとはなぜか、袋とか入れ物なんかもたくさんあったのでそれもまとめました。

小学生女子の部屋は、こまごましたものが多いので、悩みも深いのですが、辛抱強く一つずつ手に取って本人にヒアリングしていくと、意外に捨ててもいいモノもたくさん出てきました。

収納方法については後で検討することにして、まずは分類、そしてラベリングです。

要は、後で取り出そうと思った時に、どこを探せばいいかわかるようにすればいいわけ。

たとえば「宝物」なのか「ヘアアクセサリー」なのか「折り紙作品」なのか。

根気のいる作業なので、無理しないで少しずつ進めて下さいね。

特に子ども相手だと、飽きてしまうこともあるかもしれません。

焦らず進めて下さい。

分類が終わったら


分類が終わったら次は置き場所と収納方法を考えますが、ここまでできたらもう「混沌」ではありません(^.^)

置き場所は、原則として使う場所の近くに。

よく使うモノは取り出しやすい場所にしますが、滅多に使わないモノは奥まった場所でも大丈夫。

収納方法は、取り出しやすさ、モノの大きさや形で決めます。

子どもの細かいモノの収納にはジップロックが大活躍です。

このあたりのことは、また別記事でお話しできたらと思っています。

混沌から抜け出すためのカギ


混沌から抜け出すためには、とにかく1つでもいいので分類の基準を見つけることがカギになります。

混沌を目の前にして脳がフリーズしても、不思議なもので「まず〇〇だけ集めよう」と思えたら少しずつ事態は動き出します。

リアルタイムで混沌を抜け出しつつあるワタクシ、ついつい熱く語ってしまいました。

参考にしていただけると嬉しいです。

{2FC16D50-57F4-4212-BE1C-E9A61EB55914}
しばらく前の写真ですが、子ども部屋の一画を私の趣味で仮に飾ってみたところ。今現在はここも混沌エリアf^_^; 早く復活させたいです。


無料メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト
⇒こちら


メール講座
チューリップ紫お片づけのはじめの一歩を応援するメール講座21日コース♪
チューリップピンク
楽しくお片づけ習慣が身につきます。詳しくは詳細ページを♪



観葉植物をめぐる妙な悩みがありまして

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

自室の環境を整えて居心地よい空間を作り、植物など飾って喜んでいるのですが…

実はちょっと困ったことが起きました。

飾っている観葉植物、ウンベラータと言います。

{5A4FEC2E-7ACA-4D6A-9378-319B7D322EAB}

大きく成長したものは平気で2万円くらいするのですが、私は近所の花屋で40センチくらいの小さいのを手に入れました。

カゴ代もかかりましたが、本体は1,700円くらいです。

いい買い物ができた♪と喜んでいたし、幸い新しい葉っぱもどんどん出て、元気に育っています。

万々歳のはずなのですが、一つ悩みがあって。

…小5の娘と、この植物の折り合いが悪いのです〜(笑)

買ってきてすぐの時、私が嬉しそうに「見て〜いいでしょう?」と娘に言うと、娘は「わたし、その子キライ」って言うんです。

もうびっくり!

何で何で⁉︎と聞いたところ、このウンベラータちゃん、意地悪するんだって。

えーー⁉︎ でしょ?

娘は別に霊感とかないと思いますが、でも目に見えないものを感じ取るのは私より上手。

だからこそ、ホメオパシーのレメディーなんかも、自分に合うのをサッと選べるので便利なのですが。

それまで私、植物の中に意地悪な気持ちがあるなんて思ってもみませんでした。

いや、今もよくわかりません。

でも何度聞いても娘は同じことを言うし、同じ部屋にいるのを嫌がります。

時々はリビングに置いてもいいかな〜♪なんて思ってましたが、この分ではとても無理そう。

困ったなあ。

でもねそう言われてみると、こんなに存在感のある植物は初めて。

私は特に悪い感じは受けないのですが、自己主張が強い気はします。

華があるというか、勝気というか、それが娘にはカチンとくるのかなあ。

人間と植物にも相性があることを知りました。

面白いなぁ。

何とか2人(?)が仲直りしてくれることを願ってます。

でもなぜかリビングのパキラには優しい娘。

{6CFB8E72-E6E1-4E3F-9D74-5442CD601F6E}
パキラだけの写真がないので、電話周りの写真です。




無料メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト
⇒こちら


メール講座
チューリップ紫お片づけのはじめの一歩を応援するメール講座21日コース♪
チューリップピンク
楽しくお片づけ習慣が身につきます。詳しくは詳細ページを♪



夏休み子ども部屋の片づけレポ②

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

子ども部屋の片づけ、なかなか集中して一気に進めることができずにいますが、毎日少しずつ進歩しています。

私も飽きっぽいけれど、小5娘を長時間片づけに縛りつけておくのは至難の業。

娘が子ども部屋にいるのを見計らい、押しかけて片づけを始めようとすると、サッとリビングに移動してしまったりして。

もぉ~、鬼ごっこしてるんじゃないんだから(-_-;)

それでも、隙を見つけては5分、10分と取り組むうちに、やっと道筋が見えてきました。

ただ単に混沌としていた部屋が言葉で説明できる混沌さに変化してきたのです。

片づけにおいて「言葉に落とし込めること」ってとても大事です。

具体的に言うと、今、床の上に何箱にも分かれて置かれているモノたちは、「この部屋に置くモノ」「人形」「入れ物」「取っておく紙類」「宝物」などに分類されています。

お気づきと思いますが、この分類の仕方って全然論理的じゃありません。

だって「机の上に置くモノ」でなおかつ「宝物」の場合はどうすればいい?って思っちゃいますよね。

いいのいいの。

それはね、もう少し先の段階になってからゆっくり考えればOK。

とにかく最初は、どんな基準で自分がモノを分けているのかを、少し未来の自分(翌日とかね)が忘れないようにしておけばいいのです。

箱に入れて、ラベルを貼る。

ラベルと言っても、紙切れに書いてちょっとくっつけて置くだけで十分です。

そんなことをしていたら、昨日は娘の行動にも変化が現れました。

机の上に無造作に立てかけてあった大量の紙類を自分で分類し始めていたのです‼

飽きっぽいどころか、40分もぶっ続けてやっていましたよ。

ホントは紙類って難易度が高いから、最後にしたかったんですが、せっかく本人がやる気になっているので、紙類も並行して進めることに。

おかげで現段階では、余計部屋中が大変なことになっていますが、今日は床の上のモノをなくすのを目標に頑張ってみたいと思います。

前回予告した「混沌からの片づけ方法」も、だいぶ考えがまとまってきたので、そろそろ書いてみよう^m^

{30801EE5-056A-4602-AB04-CF344D37D359}
お片づけ頑張ったらちょっと一息。甲府のお菓子「くろ玉」です。すごく気に入ってしまった*\(^o^)/*

無料メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト
⇒こちら


メール講座
チューリップ紫お片づけのはじめの一歩を応援するメール講座21日コース♪
チューリップピンク
楽しくお片づけ習慣が身につきます。詳しくは詳細ページを♪



夏休み子ども部屋の片づけレポ①

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

お盆休みにはまだ入っていませんが、夏休み真っ只中という感じになってきましたね。

「社員旅行」から帰ってきて、自分の誕生日(7日でした~)のあたりから、ちょっと疲れを出してしまいました。

昨日は各地で大変な猛暑でしたが、基本的に家で過ごしていたので、少し体調も持ち直してきました。

旅行前から取り組んでいた子ども部屋の片づけにも少し進展がありました。

実は最初ね、最近ハマっている「1時間に5分片づけ」で乗り切ろうと思っていたのです。

でもやってみたら、さすがにそれは甘かった。

いったんきれいにして、それを維持するのであれば十分すぎるはずですけど、けっこうなカオスになってましたから。

第一、リビングなどをその都度リセットするための5分間を別のことに使ってしまうと、普段の生活空間が片づきません。

1コマあたり15分の枠を取って、娘と相談しながら進めることにしました。

紙だのオモチャだのメモ帳だの筆記具だの積み木だの、ありとあらゆるモノが混在していてクラクラしました。

最初はそれを分類する作業。

幸い学用品がそれらに混じるということはなかったので、まだよかったです。

そうでない場合は、学校の道具はとにかく最優先で救出しておかないとです。

とにかく紙は紙で1ヵ所にまとめ、マスコット、アクセサリー、筆記具などに分類していきます。

片づけというのは、分類ができるとかなり見通しが立ってきますが、子ども部屋の片づけではこれがむずかしい。

大人の目から見ると、分類しようのない「宝物」=ゴチャゴチャ細かいモノが後から後から出てきますからねえ。

ここで勝手に判断して捨ててしまうのは、もちろんNGです。

ただいつまでも整理がつかないのは困るので、「この部屋に置かなくてもいいモノ」を選んでもらって押し入れ行きにします。

子どもにとって「捨てたくはないけれど優先度の低いモノ」なので、当面は箱にひとまとめにして、そちらは必要があれば後で何とかする予定。

部屋に置きたいモノとそれ以外のモノの分類も、基本的には子どもに任せます。

そしてここでも、時間で区切ったり「この箱の中味だけ」と限定したりして、作業を小分けにするのがとても大事です~。

そうでないと疲れ果てます。

今はまだこの分類作業中ですが、最初は混沌としていた中にもかなり秩序が出てきました。

もう少し作業が進んだら「混沌からの片づけのコツ」をまとめてみようかな^^。

{70338845-B784-4C51-B425-87B507EC2504}
この写真は、娘が2年生の時のものです。

あの頃よりモノが増えているのと、親が関与しづらくなったのを感じています。

そうそう、思春期の子に「手を出さないで。自分で片づけるから」と言われた時にうまくいった説得方法もお伝えしたいな~。

また改めて記事にしますね!


無料メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト
⇒こちら


メール講座
チューリップ紫お片づけのはじめの一歩を応援するメール講座21日コース♪
チューリップピンク
楽しくお片づけ習慣が身につきます。詳しくは詳細ページを♪



暮ラシノユトリ舎の社員旅行でした

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

社員旅行の行き先は?


甲府に社員旅行に行っていました(笑)

参加者は小5の娘(部長)と私(社長)。

ユトリ舎は厳密には会社ではありませんが、何でも面白くしたがる娘と、いつも家の中で会社ごっこをしています。

夏休みに女二人で「社員旅行」に行きたいと言い出したのも娘です。

考えてみると、夫と娘の組み合わせで旅行したことはあるのに、私と娘で旅行というのはなかったのです。

行き先も娘が決めました。

甲府を選んだのは林間学校でなじみがあったからのようです。

最初は正直あまり乗り気でなかった私ですが、行ってみたら楽しかったです。

旅は人生に似ているし、片づけにも似ているって思いながら過ごしてきました(^.^)

滞在先はスイートルーム?

宿泊したのは甲府駅前の「プライベートステイホテルたちばな」です。

最上階スイートというのを取りましたが、ビジネスホテルなのでそんなに高くありません(^.^)

朝食は付きませんが、好きなものを食べに行ったり持ち込んだりできるので気楽でした。

お部屋広〜くてきれいで、仕事しやすいデスクもあり快適でした。

{A3F56FEF-9704-4453-AAE7-40BC932F4827}

{5364CE50-2C23-48F6-817A-F6901F8D5F21}


実際に「2016年目標サポート」の今月のメールは、旅先から配信したのです。

慣れないので、やっぱり家で書いた方がラクだなとは思いましたが、特に不便なこともなく無事に配信することができました。

場所に縛られずに仕事できる スタイルを作る第一歩になりそうです。

…などと思いましたが、ブログの更新には手が回らず、社員旅行の割りに遊んでばかりいましたー。

旅と人生とお片づけ

さて旅と人生は似ているというのはよく言われることです。

今回私が感じたのは、何を選択するか、何を諦めるかは、本当に自分次第だということです。

甲府らしくぶどう狩りもしましたが、2日目に行った県立科学館を娘が気に入って、遊び足りないと言うので、翌日また訪れたのです。

2泊3日という日程で同じ場所に2回行くのは何だかなあって思いますよね。

でも行きたい気持ちがあるのに、それを否定して別の場所に行くのも何か変。

同じ場所でじっくり遊べたことで、娘も思い残すことなく楽しめたようでした。

(しかもね、天然石のお店やお茶を飲んだ和カフェも2回ずつ行ってるの!)

山梨県立科学館、名前は地味ですが、たしかにとってもエキサイティングな場所だったのです!

子ども心をガッチリつかみ、大人も夢中になれる場所(^.^)

{3A94E473-9746-496E-9F56-C8FFFF04C7A2}
(サダコではありません。後ろを振り向いた瞬間です)

同じ場所を繰り返し訪れるということは、他の場所を諦めることでもあります。

特に旅先では、次のチャンスはないかもしれないので、いろんな場所を能率よく回りたいのは山々です。

でも目まぐるしくいろんな場所を駆け足で巡って、頭も心もパンパンにするのではなく、数少ない場所を落ち着いて味わうというのもなかなかよいものでしたよ。

そしてついつい何でも片づけに結びつけたがる私。

旅ってやっぱり片づけにも似てる!と思ってしまったのです。

取捨選択をする、そして選んだものはきちんと大切にすると、満足度が高いというところがね。

それが天然でできる娘は、人生を楽しむ術を知ってるのかもね〜。

片づけにも応用してもらえるといいのですが。

旅行記はまた改めてアップしますね!

【小旅行】お返事遅れるかもしれません

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です♪

8月の「お片づけ見える化シート」配布を開始しました。

こちらからダウンロードできます。
⇒こちら

きゃー、今朝10時に予約投稿していたつもりがうまくアップされていませんでした。ショック~。

今はもう旅先です。

ネットがつながることを只今確認したところです。

ドキドキ


前の記事にもチラッと書きましたが、8月3日より5日まで東京を離れます。

講座のお申込みの確認やメールのお返事が遅くなるかもしれません。

メールチェックはできますので、お急ぎのものについてはできるだけ対処しますね!

小5娘と2人で旅行に行ってきます♪

意外にも母子で旅行するのは初めて!

夫と娘が2人で旅行したことは2回もあるのに~。

旅先からも記事を更新できたらいいなと思っています。

では行ってまいります(^o^)丿

{3ED8CB20-A5E4-4878-9D47-F8AB6F36EFDE}

【見える化シート】子ども部屋の片づけ記録に

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

うっかりしているうちに月が変わってしまいましたが、8月版の「お片づけ見える化シート」の配布をスタートします。

ぜひご活用下さい。

ダウンロードは記事の最後に貼るURLからどうぞ。

ドキドキ

夏休みは子ども部屋の片づけのチャンスです。

我が家でも少しずつ始めていますが、正直なところ最初は「前途多難!」とため息が出ました。

5年生ともなると、親に口出しされるのは面白くないようで、片づけも自分でやりたがります。

実際、気分が乗れば机の上などは本人がピカピカにするので油断していましたが、押し入れの中を見てびっくり~~。

かなりの混乱状態になっていました。

それでもしばらく「一人で片づける」と頑張っていましたが、どう見てもキビシイ。

というか、これがもし私の部屋で、自分一人で片づけなければならないとなったら、相当メゲます。

誰かサポートしてくれる人の存在は、大人にだって必要なんです。

「無理に捨てさせようとしないから」となだめ、何とか共同作業の足場を築きました。

娘の部屋にはとにかく「宝物」が多いんですねー。

使っているわけではないけれど、捨てられないモノ。

「使える」とか「使えない」とか「最近使ってない」とかを判断基準にできないのがツライところです。

それでもやっと作業が流れ始めたのは、大量のモノをとにかく何らかの基準で分類し始めたあたりからでした。

「筆記具」「人形・マスコット」「紙類」「リボン」「袋」・・・

もちろん種類にかかわらず「捨てていい」と分類されたモノはすぐに捨てますし、「この部屋に置かなくてもいいモノ」というジャンルも作りました。

「筆記具」や「マスコット」の中にも、捨てていいモノはあるかもしれませんが、とにかく「言葉で説明できる状態に分類する」ことを優先しました。

「この箱に入っているのはマスコットだよ」と人に説明できるような分類の仕方にする。

曖昧にならないよう、どんな分類にしたのか小さい紙に書いて箱に入れておきます。

人に説明できるということは、自分に対しても説明できるということ。

「あれどこだっけ?」と思った時に、「〇〇だからどこそこにあるはず」と見当がつくようになるってことです。

{95CE9E20-0F27-4F55-8D9B-9ACED1CE92C2}
(こんな優雅にティータイム取ってる場合じゃなかったけどね)

着手するだけでもエネルギーのいる子ども部屋のお片づけ。

何とか流れ出してよかったと思います。

また進み具合やコツなどについて、続けて記事にしていきますね。

などと言いつつ、私は明日から小旅行に出てしまいます~(笑)。

何をどこまでやったか忘れないように、今月は特にしっかり記録を取りたいと思います。

1ヶ月分のお片づけを一目で見渡せる「お片づけ見える化シート」、無料で配布しています。

子ども部屋の片づけにもそれ以外の片づけにも、どうぞご活用下さい^^。


桜お片づけ見える化シート8月版配布スタート!PDF
桜使い方について詳しい解説はこちら。PDF
桜お片づけ見える化シートって何?という方はこちらを見てね。

憂鬱な時の心のお薬ベスト4

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

夏休み中ですが、メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト」を本日配信しました。

思春期の娘と共にお片づけするむずかしさについて書いています♪

⇒メルマガのお申し込みはこちら



時折り、わけもなく憂鬱な気分に襲われることがあります(涙)。

わけもなくと思っているのは本人だけで、きっとどこかに原因はあるのでしょう。

でもタイムラグがあったり、無意識に抑えつけてしまったりして、自分ではわからないことも多いです。

楽しい時間や社交的な気分で過ごした後に、不意にそういう憂鬱感に襲われることもあり、「さっきまで元気だったのに~」なんて思うことも。

そういう時の対策はいくつか持っています。

数字感情を感じ切る(セドナメソッドなど)
数字フラワーエッセンス(バッチレメディのマスタード)
数字パワーストーンの指輪
数字ルーティンワーク

などなど。

セドナメソッドは、このブログでも何度かご紹介したことがありますが、すごーく簡単なのにちゃんと効果があります。

新版 人生を変える一番シンプルな方法―セドナメソッド
ヘイル・ドゥオスキン 安藤 理
4072932906


本も出ていますが、ネット上でもやり方を調べられますし、それで十分です。

バッチフラワーレメディには38種類のエッセンスがありますが、そのうちのマスタードという種類のものは、「理由のない憂鬱」に効くと言われています。

本当に理由がない場合は、たちどころに効きます。

飲んでみて「あー(今回は)理由がなかったのね」と答え合わせするみたいな感じ。

理由があるのにそれに気づいていない時は、効かないこともあります(笑)。

③のパワーストーンの指輪というのは、2年くらい前に買ったペリドットとブルートパーズ(たぶん)がついたものです。

{DA3C1D21-8214-42B3-B28F-15D49B542230}
(左に写っているのがその指輪です)

不思議だったんですが、2年くらい前に憂鬱に浸りながらパワーストーンをネットで検索していたら、ペリドットが表示される時だけ気分が楽になることに気づきました。

それでペリドット付きの指輪を買い、その後気分が落ちると身に着けるようになりました。

一般的には「ポジティブになれる石」と言われているので、効能的には合っていると思います。

でもそれよりも自分の体感で選んだという感じ。

・・・今もつけていますが、やっぱり効いてるみたい。不思議です。

そして何の小道具にもメソッドにも頼らずにできるのが、「ルーティンワーク」です。

掃除、5分片づけ、英語教材を5分間音読する、家計簿をつける、ペン習字の練習をする。

普段の生活の中に散りばめられた日課を、何も考えずに実行することは、気持ちを落ち着かせるのに大きく役に立ってくれます。

頭を使わなくていいし、1つ用事を片づけるごとに1つ身軽になれるところが気に入っています。

私みたいな人がもし他にもいらっしゃいましたら、ぜひ試してみて下さいね。


無料メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト
⇒こちら


メール講座
チューリップ紫お片づけのはじめの一歩を応援するメール講座21日コース♪
チューリップピンク
楽しくお片づけ習慣が身につきます。詳しくは詳細ページを♪



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。