スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもに読ませたい50冊〜読書好きの子どもにするには〜

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

小5の娘、取り柄は本を読むスピードです。

小さい頃から絵本を読み聞かせ、私自身も絵本にハマりました。

子どもって必ずしも親の仕向けた通りに育つものではありません。

ただこの子の場合は、本好きにしたいなというシンプルな意図が幸い実を結び、本好きに育ちました。

とにかくびっくりするような速さで読んでしまい、「本当に内容を理解してるの?」と質問してみるとちゃんとわかって読んでいます。

そして一度読んだ本の内容をよく記憶していて、驚かされます。

(それ以外のことで、仕向けてもうまくいかなかったことは多々あります)

読むのを苦にしないので、平均よりは多く読んでいると思いますが、毎日毎日読書ばかりというわけでもないのです。

マンガも読みますし、ゲームもします。

もちろん勉強もあるし、今時の小学生はいろいろと忙しいです。

そして本選びに関しては、どうしても読みやすいシリーズものなどに手を伸ばしがちなので、いい本をそれとなく置いておくのは、親の役目なのですよねえ。

押しつけるわけではありませんが、置いておいてそれとなく誘いかけると、ちゃんと読みます。

それでもじっくり選ぶ時間がなかったり、親の私の趣味に偏りがちになるので、こんな本を参考に買ってみました。

宮崎駿さんが、岩波少年文庫の中から50冊のおススメを紹介した本です。

本へのとびら――岩波少年文庫を語る (岩波新書)
宮崎 駿
4004313325
『本へのとびら 岩波少年文庫を語る』


いわゆる名作が揃っていますが、岩波に限られていること、あくまでも宮崎さんの主観を通したものであることには注意が必要です。

でもね、ラインナップを見ると「なるほどー」って感じ。

上質で心にずしっときそうな作品ぞろいです。

読書好きなんて言っているわりには、読んだことがあるものが意外と少ないです。

これは親子共々ね。

図書館で借りて返してしまったものもあるので、手元にあるのはさらに少ない。

小さい頃に絵本を買いすぎて、置き場所にも困ったので(何しろいったん買ったらおいそれと手放せない)ある時期からセーブするようになってしまったのですが、少し考え直さないとね。

いい本は、いつでも手元にあって読み返せることが大事ですから。

うちにある本と、たまたま図書館から借りている本を集めて写真を撮ってみました。

{9E2CBF83-B666-4477-9DF2-5B4B7C403B4D}


あと『思い出のマーニー』は私が英語版を読もうと思って買ってあるので、その写真も。
{F85C80A0-A83B-41EA-BC42-E6F37D414799}

ちなみに、娘を読書好きにさせた読み聞かせの方法は、とにかくただ毎晩寝る時に何冊か読むだけ。

起きている時でも、読んでと言われればいつでも読みました。

娘が小さい頃は、「だっこして」と「えほんよんで」には最優先で応えていました。

今は娘からの要求は、却下の方が多いくらいだけど・・・(-_-)


無料メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト
⇒こちら

スポンサーサイト

片づかなくて頭ゴチャゴチャな時の処方箋

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

あまりにも部屋が混沌としていて、片づけようと思ったら頭がゴチャゴチャになってしまう。

かつてはしょっちゅうそういうことがありました。

最近はそんなことも減ったよねえ(除:子ども部屋)なんて調子に乗っていたら、なぜか!リビングのライティングビューローがすごいことに・・・。

このところ立て続けに本を買い込んだことと、娘の通信教育の資料を取り寄せたり教材を導入したり。

そういう新しいことがいくつか重なって、モノと思考の整理が追いつかなくなりました。

去年このライティングビューローを買った時に、寝る時は必ず蓋を閉めるというルールを作って守ってきたのに、ここ数日はそれもできていませんでした。

よし、1時間に1回の「ぷち片づけ」の5分間を使って片づけよう!と思いました。

でもね、最初の1コマなんて、モノをあっちにやったりこっちにやったりしているだけで5分たってしまってタイムアウト!

これじゃあ、いつまでたっても片づかないよ~と焦りました。

要は片づけようと思っているすべてのモノに、それぞれ理由があって、片づけることができないんです。

この資料は読んでからじゃないとしまえない、この本は厚いので置きたい場所に入らない、などなど。

そういう状態に陥ってしまった時にすべきことは・・・

分類です。

どういう分け方でもいいのです。

所有者別とか、用途別とか、部屋別とかね。

でももっと混乱してしまった時におススメなのが、今日の私のやり方。

それは「置き場所がわかるモノとわからないモノに分ける」です。

新しく家に入ってきて、置き場所をまだ決めていなかったりで、どこに置こう?というものや、しまい込む決心がつかないものは「置き場所がわからないもの」扱いです。

置き場所がわかるのに、片づかないもの。

それはたいていの場合、そこに戻すのが面倒なモノです。

たとえば、寒〜い別室に持っていくべきものだったり、片づけようと思ったらその場所自体が散らかっていたり。

で、この分類をしているうちに面白いことが起こります。

まず、本当に置き場所がわからないものは意外に少ないことに気づきます。

たいていのモノは、真剣に考えればどこに置いたらいいかちゃんとわかっているんです。

でも中には本当にどうしたらいいか迷ってしまうものもあります。

すると面白いことに、それとの対比で、置き場所がわかってるなら片づければいいじゃんという前向きな気持ちになれるんです(≧∀≦)

何事も「わからない」って苦しいこと。

わかっていることのありがたさが身にしみるんですね。

面倒ではあっても、置き場所がわかっているのだから、そこに片づけます。

私が一時フリーズしてしまったのも、この面倒さをできるだけ避けようとしていたからです。

暖房器具をよけて通らないと開けられない引き出しに入れたいもの。

ちょっとよけて通ればいいのに、なんだかそれが面倒くさい。

もちろんこういう家具のレイアウトはできるだけ避けた方がいいんですが、それはまた別の話。

とにかくほんのちょっとの面倒さを乗り越えて片づけることができました。

それで結局のところ、ライティングビューローの蓋は無事に閉まるようになりましたー!

{D36994D0-DD76-4D37-B85D-D0B702779EC2}


とにかく片づけが滞ったら、まずは手を動かす。

闇雲に動かしても仕方ないので、頭は「分類」を意識する。

これだけでスーッと流れ出しますよ(^.^)


無料メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト
⇒こちら

今年のお年玉切手、なかなかよいです(^.^)

投稿写真

今年のお年玉切手、なかなかよいです(^.^)

お年玉付き年賀はがきで当たった切手です。

少し前までは、お年玉でもらえる干支の切手って、純日本風であんまりオシャレな感じはしなかったものですが…

今年のはかわいいなあ❤️

色合いや、周りの模様なんかもセンスを感じますよね。

あと最近思うんですが記念切手に素敵なものが多いですよね〜。

まるでかわいいシールを物色するような気持ちで、あれこれ見ちゃいます。

手紙やハガキを出す機会はそれほど多くないので、買い込みすぎに注意!なのですが。

郵便局に足を運んだら、ついでに記念切手コーナーを眺めるのが最近の私の楽しみです(^.^)

ブログをまとめてみる >

【マインドマップ】小学生の夕方のスケジュール

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

小5娘、毎日お友だちと外で遊ぶのが楽しくて仕方がないんです。

最近は公園でネコを手なずけることに熱中しているようです。

それはいいんだけれども、時には宿題もそこそこに飛び出して行き、帰ったら帰ったで、趣味のイラストに没頭してしまい、夕方のスケジュールがどんどんタイトに(涙)。

私は私で、以前は6時半と決めていた夕食の時間が後にずれ込むようになり反省中です。

その結果寝かせるのも遅くなり、毎晩バトルの今日この頃でした。

習い事の時間帯も、だんだん遅くなっていったりして、小さい頃のように単純にはいかない。

体力がついてきて、多少夜更かししても何とかなってしまうのも、もちろんいいことだけれど緊張感を奪っているかもねえ。

高学年になったので自分で何でもできるはずと思って、目を離す部分が増えましたが、離し過ぎているのかもしれません。

現にうまくいっていないわけですから。

これも、片づけ同様、「今の自分(たち)」をありのままに見られていないってことですよね。

怒ってばかりいてもしかたないので、この頃毎日こんなのを描いています。

マインドマップで作る娘用のTodoリスト。

{CF5253D0-4A77-4AB6-8F0F-90FA155990DD}

これもねえ、最初は娘が自分で描いてくれたらいいのにと思っていたんです。

マインドマップを習ってきたので、楽しそうに(実際楽しいんですけど)描いて見せて、娘が自主的に使うようになってくれないかなぁと期待しました。

でもそれは私の勝手な希望であって、そもそも押しつけたら「自主的」じゃないし(笑)。

前に作ったこんなのも併用して、夕方の過ごし方を真剣に管理するよう頑張ってます。
{E7AFD7AE-73E1-4518-9AF7-C73601959EBC}
(ホワイトボードに、両面マグネットに書いたやることリストを貼る。ちょっと汚いですが💦)

娘もマインドマップやら、ホワイトボードやらを頼りにするようになってきたので、やっと定着してきたみたい。

そのうちに、本当に自主的に描くようになるかも。

今は種まきの時期ですね。

いくつになっても手がかかるなーと思ってしまうけれど、そのうち手を出そうにも出せなくなるんでしょうから、今の時期を大切にしたいと思います^^。


この新習慣で調子の悪さが劇的に改善

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。


ここ何日か、調子がよいなーと思えることが増えました。


これまでも、まあ普通に過ごしてはいたのですが、なんとなーく重苦しかったんですよね。


自分でも気づかない程度に。


いや、気づいてはいたかな。


でも生活が回らなくて困るというほどでもないし、だからどうというわけでもなく。


ただ心の中で「何となく調子出ないな~」と思っている状態。


それがここ数日でずいぶん改善され、前の自分に戻った感じがします(^.^)


いつから調子悪かったんだろう?と考えても、よくわからないくらい長かったですよ。


去年の秋頃には、既に何か変だなーと感じてましたから。


元気が出てきたのにはちゃんとした理由があります!


ランニングをほぼ毎日するようになったから♪


運動が体にいいということぐらい、みんな耳にタコができていると思いますが、想像以上にダイレクトに影響するんですね。


話として知っているのと、身をもって実感するのとでは大きな違いがあると思いました。


ランニングに関しては今まで、これといったノルマや目標もなく、週に2日も走れば大満足。


下手すると何ヶ月も走れなくても特に気にしないくらい、本当にゆるゆるでした。


そこをあえて、試しに毎日走ってみようと思い立ち、今日で一週間。


日に日に元気になってきて、気持ちが前向きになったのを感じます。


一回あたりの距離は2キロくらい、時間も20分未満。


しかもスロジョグなので、かなりゆっくり~なペースです。


それでもちゃんと効果があるみたい(^.^)


とても単純なことですが、体を動かすのって本当に大事ですね。


心身ともに調子がイマイチという方、運動不足を疑ってみて、思い当たるフシがあれば是非ともジョギングをオススメします!


ウォーキングでもいいと思います♪


また今後の様子を時々レポしますね~。


iPhoneのランキーパーというアプリを使って、距離やスピードを記録しています。



毎日いろんな景色を目にして、写真撮りつつ楽しく走ってます。

{DD153F44-7001-4905-B166-828D42EE589F}


{1353EFBF-1E46-4F40-9293-15FCAF4EC02A}

{48111853-963A-4AC6-A3C5-9B65A8748FE1}


メルマガに書けなかった処分品のエピソード

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

本日メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト」の配信を行いました。

⇒お申込みこちら

今回は、ずっと気が重くて先延ばししていた玄関のコートかけ近辺に、エイヤッと目を向けてみたら・・・

思っていたよりずっと簡単に、空間の雰囲気を変えることに成功しました。

お金もかけず、手間もほとんどかかりませんでした。

いつも思うことですが、億劫で避けている場所の片づけや素敵化計画、真剣に向き合うだけで糸口がつかめることが多いですね。

いや、向き合おうと思うだけでもいいかも。

ちょっと時間を取って、考えてみるだけで、アイデアが浮かんだり、ちょっと手を動かす気になったり。

見て見ぬふり、素通りっていうのはもったいないって思います。

メルマガでは、ビフォーアフター写真付きでレポしています。

捨て活動の方は、娘の教材をたくさん処分しました。

その話を中心に書いていたら長くなってしまって、チラッとしか触れられなかったのですが、「古いソックス」を処分したということも書きました。

古いソックス?

何の話かというと、ランニング用のソックスのゴム部分がだいぶ伸びてきたので、処分することにしたのです。

{02832542-0BD6-45AA-98B2-2B73E1CB1A26}
↑びろーん。

まあそれだけのことなんですが、でもね、思ったの。

この私が、ランニング用品を擦り切れるまで使えたなんてすごいなあって。

元々私は運動嫌いで、学校卒業以来、自分から体を動かそうなんて思わないで暮らしてきました。

このままじゃいけないと強く思って、3、4年前におそるおそる走り始めたんですよね。

最初はランニングウェアも持ってなかったので、Tシャツにユニクロのリラックスパンツ穿いて。

走る気あるの?っていうような格好ですが、最初はそれでもいいんです。

靴下だけはスポーツ用のを3足セットで買ったけど、たまにしか走らないし、何ヶ月も空くことがあるし、いつまでも新品みたいでした。

でもさすがに何年も使っていたら、ちょっとずつ布地もくたびれてきて、はっきりとゴムが伸びたなと思ったのが最近のこと。

処分することにしました。

買った時は、自分がこんなに長い間走るとは思っていませんでした。

ソックスが傷んで捨てようと思うほど、走ってこられたなんてねえ。

全然熱心ではないし別に速くもないけれど、走るのは好きだし楽しいです^^。

モノを捨てるのって、必ずその背後に何らかの思いが潜んでいますよね。

だからむずかしいことも多いんですが、普段何気なく見過ごしていることに改めて思いを向けるチャンスでもありますね。

無料メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト
⇒こちら


我が家の素敵化計画も、1年の期限まであと4ヶ月ほどになりました。

家の中の素敵スポットが増えるように、楽しんで取り組んでいきたいと思ってます^^。


買ってよかった無印のアロマストーン

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

トイレに置く、アロマ用ストーンを買いました。

{6E423D8B-B459-4ADA-BC8A-1032A31E7EBF}

無印良品の製品です。

10個入りで650円。

ただの素焼きの石なのに意外に高い!と思ってしまって、なかなか買えませんでした。

でもなかなかシンプルで感じのよいアロマストーンが他に見つからないんです。

先日、自転車を修理に出し、待っている間の時間つぶしに入ったファミマで売っていたので、思わず買ってしまいました。

結論。

買ってよかったです。

ちょこんと3つばかり小皿に置いてみると、可愛いし、色合いも柔らかくて、見ているだけで和みます^^。

前に使っていたアロマストーンは、板状のものをスタンドに立てて使うタイプでした。

そうすると、お掃除が終わってアロマを垂らすには、

①スタンドからはずして平らなところに置く
②アロマを垂らす
③スタンドに戻す

というプロセスが必要でした。

でも小皿に乗せたアロマストーンだと、①の手間も③の手間もいらないのです。

楽ちーん。

前のが汚れてしまって処分してからは、小皿に重曹を盛ってストーン代わりにしていた時期もあります。

これも手間としては同じだし、見た目も悪くなかったです。

何回か使ってからアロマの染み込んだ重曹を便器に流すと、いい香りが長く漂っていて、それもよかったです。

でも何となくこぼしそうでヒヤヒヤしたし、やっぱり専用のアロマストーンの方が落ち着くなあ。

小さいことですが、トイレに行くたびに何となく嬉しくて、ちらちら眺めたりしています。



片づけがうまくいかないココロの仕組みとは

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。


毎日、1コマ5分の片づけタイムを利用して、手元箱の整理をしました。


この手元箱というのは、家事ノート、トラベラーズノート、マインドマップ用ノート、読みかけの本、ペンケースなどなど、いつも身近に置きたいものが集めてあります。


気の多い私は、手元に置きたい!と感じるものがゴチャゴチャとたくさんあります。


たとえば、本当に読みかけの本ならいいのですが、既に読み終わった本も未練がましく入れてあったり、英単語を書こうと思っている、実際は白紙のままのノートが入っていたり。


その他にも、少し前には実際によく使っていたけれど、最近は使っていないものが幅をきかせています。


で、そのせいで、テーブルの上からサッと手帳を片づけようとすると、箱がいっぱいではみ出しちゃう。


こういうことって、実によく起こります。


そしてそれは、今の自分の現実を見ていないから、なんですよねー。


読み終えた本は過去のものだし、英単語を書こうと思っているノートは、来るか来ないかわからない未来のもの。


それに場所を取られて、今現在、実際に使っている手帳やペンケースの置き場所がなくなったり、窮屈になったりしてるんです。


その矛盾に気づくことができれば、潔く場所を空けることができます…と言いたいところですが、


そう簡単に切り替えられないこともあります。


なぜなら別の場所に片づけてしまったら、それっきり忘れてしまいそうだから。


でもね、どっちにしても使わないままに置いてあったのですから、そこにあってもなくても同じことなのです。


人間が気を配れる範囲には限りがあります。


それなら身の回りをスッキリさせておいた方が、その分頭もスッキリするのでお得です(^.^)


本当に必要なものなら、どこかにしまい込んだとしてもまた思い出して取り出して来るでしょう。


しかも今よりも、もっとちょうど良いタイミングで♪


いきなり捨てるわけでもないんだし。


などと、自分に言い聞かせ、実際に使っていないものをやっと撤去しました~。


それから、年末からリビングにゴロゴロしていた「年賀状箱」も、今さらながら整理。


年賀状を書いたり、お返事を出したりする期間は、箱にまとめると便利なので、空き箱を「年賀状箱」にしていました。


中は、去年までの年賀状、いただいた年賀状、いただいた喪中ハガキ、新品の年賀状など、とにかく関連するものはすべてひとまとめにしていました。


その箱が、今から年賀状を出したりもらったりすることはないのに、まだ残っていたのです。


しかもやたらと目立つ赤でしょ?

{4C85F05C-6B3B-483D-B2B0-D6B6D13A2356}

この箱一つで、散らかり感大幅アップです。


{F884AC33-803D-4272-AFDD-92FE505777F0}

ほらー、なくしてみると、いきなりスッキリ!

これも結局のところ同じことなんです。


つまりは現在をちゃんと見ていないから、年賀状関連の作業が終わっても、ずっと箱を残してしまっていたのですね。


片づけが進まないのは、もしかしたら今の自分の現実をありのままに見ていないせいかもしれません。


少し前の自分と今の自分は、気持ちも状況も違うのです。


現実はどうなのかな?という目で見始めると、どこに何を置くべき(置くべきでない)のか、突然クリアに見えてくるんですよねー(^.^)


今の自分にとっての便利さや心地よさを第一に考えると、滞っていた片づけが気持ちよく進み始めるかもしれません♪

4年目に入った10年日記のいい点・悪い点

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

10年日記をつけ始め、今年で4年目に入りました。

データが蓄積されて、面白みが増してきました。

正直、抜け落ちている日もけっこうあるんです。

あとから埋められる日は埋めますが、もうどうしようもない部分もありますねえ。

10年ともなると、いろんな時期があるので、肩ひじ張らずに続けることが大事かなぁと思います。

年末年始は、さすがに気合も入りやすいので、毎年のおせちの内容やら、お正月の過ごし方は書いてあり、これは参考になります。

住所録や年賀状のデータも、10年日記の巻末を活用することにしていますしね。

もちろん、原始的に手書きです。

何年か前までは、年賀状ソフトを使っていて、パソコンに入ってるから大丈夫!なんて思っていましたが、印刷がうまくできなくなってしまいました。

そんなこともあるし、自分を取り巻く状況も少しずつ変わっていくので、結局はシンプルな手書きが一番いいのかも。

元旦の朝、何時に起きたかなんていうちょっとしたことなんかも書いてあると面白いですね。

前の晩が遅いので、寝坊してしまったりするんですが、「すっごい寝坊した!!」とか思っても、去年も似たりよったりだったり(笑)。

今年の年末年始は、私が「ぎっくり首」になってしまったので、そのあたりも記録しましたが、毎年読み返して苦笑いしそうです。

私が使っている10年日記は石原出版社のものですが、とてもよく考えられていて使いやすいです。
{8CAB591F-5D71-4BAA-A5EC-EF66ADFA3A03}


ただね~、しかたないこととは言え、やっぱり大きくて重いんですよねえ。

手軽に片手でサッと取り出して書くというより、どうしても「よっこいしょ」という感じがあり、ちょっとしたことだけれどそれが億劫に感じられることも。

そして、これは私の個人的な感覚なので、他の人には当てはまらないとは思うんですが、1年分の欄が横に細長いんですよ。

まあ、ごく普通のレイアウトだし、何の問題もないんですけど、私はもう少し真四角に近い欄が好きなの。

だから1年分のスペースを横に細長く取るのではなく、左側に5年分、右側に5年分というふうにブロック状になっていたら素敵なのにって思うんです。

何なんでしょうね、この感覚^^。

ところで今、この記事を書こうと思ってあちこち見返していたら、「夏休みの振り返り欄」というのがあって。

あってというか、私が自分で空きスペースに書いていたんですが。

去年は8月頃の日記が抜けているので、振り返りも書き忘れていましたが、こういうのもいいですねえ。

夏休み全体の過ごし方や感想、お天気や気温(猛暑だったが急に涼しくなった、とか)も書いてあり、あ、これはいいからぜひ再開しよう!と思いました。

10年日記、始めるにはちょっと思い切りが必要ですが、10年続けたら何物にも変え難い宝物になりそうです。

私もこれを機に、またいろいろ新たな工夫も凝らしつつ、ゆるやかに続けたいなと思いました。




真冬の夜をエコに暖かく♪

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。


大寒波がきて、真冬の寒さが続いています。


大雪に見舞われた地域のみなさんは大丈夫でしょうか。


東京はお天気こそいいものの、平年よりも最低気温の低い極寒が続いています。


3日前に導入したのは…


湯たんぽです。


子どもの時以来、その存在を忘れていましたが、近所のお友だちが使っていると聞き、エコだし「いいかも!」と我が家も真似っこ。


雪国育ちの夫は寒さに強いし、娘も暑がりの方なので、試験的に私だけ買ってみました。


ホームセンターの棚で、この派手な黄色を見たときは「…うーん」と思いましたが、カバーがふかふかの黄色で、ひよこみたいに可愛く思えてきました(笑)


{3CA0A9F6-846D-481F-AB0D-B2D9683F926F}

{8BF9CFDC-6768-4774-A057-16BCD8F66C2E}
中味はこんな。さすがに、ちと無骨。

でもなかなかよいです。


何か暖かいものがお布団の中にあるというのは心の支えですね~。


0.9リットルと、小さめのタイプですし、足元に置けば、お腹や肩のあたりは冷たいままですが、布団の中であちこち動かすと順に暖まってきます。


…とここまで書いて、ネットで湯たんぽのことをちょっと見ていたら、早めに布団の真ん中に入れておき、寝る時に足元へ移動させるのがいいみたい。


なるほどー(←湯たんぽ初心者)。


コンセント不要なのも助かるし、ここ2、3日ですが本当に愛用してます。


低温やけどには気をつけるのと、お湯が出てきたら大変なので、蓋はかなり注意深く閉めてます。


まだまだ寒さが続きますが、賢く乗り切りたいですね(^.^) 



大掃除すごろくは1年中使えます

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

年末の大掃除用に作ったすごろく、こちらのブログでも配布したのですが、お友だちが使って感想を教えてくれました。

21コマあるので、掃除したい場所を1つずつ書き込み、できるところから取り組んでいったそうです。


順番を飛ばしてもいいし、1日に3つくらいやってもいいんです。

そうしたらやる気が続いて、一時は年内に間に合わないかも・・・と思ったけれど、なんと大晦日にクリアできたとか!

ゴールの欄に書いていた「ごほうびのたぬきケーキ」(←というのがあるんだそうです^^)も、ちゃんと食べられたそうですよ。

そんなふうに活用してもらえて、とても嬉しかったです。

絵が上手なので、可愛いイラストが描いてあったり、クリアした日は花丸がつけてあったり、見ていても楽しいですよねー。

了承を得て写真も撮らせてもらいました。

{459B9E8F-ACB5-47ED-81AF-997B7CB7A046}


{07A4F955-711D-47BD-83B0-D05B25BF92E8}


この段階では、まだゴールまで行っていなかったんですが、ケーキの写真も後で見せてくれました♪

本当にありがとう(^.^)

このシート、タイトルこそ「大掃除」という文字が入っていますが、デザインはシンプルにしてあるので、別にいつからでも使っていただけます。

あと、引き出しの整理などは「掃除」ではないけれど、別にそれでも全く問題ありません。

ご自分が進めたい作業を割り当てて使っていただければオーケーです!

大掃除が中途半端に終わったことが気になっているなら、今からでも大丈夫ですよ。

気になっている場所を、掃除しようという目で1回チェックしただけでも、見て見ぬふりしている時とは違うんです。

だから年が明けてしまったからと言って気にせず、できる時からスタートして下さい。

私もパーフェクトには程遠かったので、気になったところを今になってちょこまかと掃除し始めていますよ。

掃除は日々の生活の一部ですものね。

気負わずに少しずつ気づいたところから手がけていきたいです。

いつでも使える大掃除カウントダウンすごろくの説明とダウンロードはこちらからどうぞ☆

⇒こちら



トイレ掃除は私のバロメーター

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

年末にぎっくり首(?)になった時、基本的に毎日やっているトイレ掃除が途切れ途切れになりました。

確か大晦日は、夫がやってくれたこともあり、私はやらなかった気がします。

(普段は夫が週1回掃除してくれますが、それと関わりなく私は私で掃除します(笑))

元旦は、年の初めということもあり、また幸い首を前に倒す分には大丈夫なので、おそるおそる掃除してみました。

でも翌日は、多少微熱も出て「・・・やっぱり疲れたしやめとこう」とスキップ。

その後少し気分がよくなってきたのと、前日サボってしまったのが気になって掃除してみたけれど、何となく不安定で。

そんな時期が数日間。

今は全く痛みもなくなったし体調もよいので、普通に毎日のペースに戻すことができました。

私のトイレ掃除の連続最高記録は376日間です。

その後いったんゼロにして再スタートしてからも、毎日するのが原則で、たまにできない日があっても翌日からはまた順調に続けてきました。

途切れ途切れになった状態を見て、あーこれ自分の体調としてはかなり重症な方だったのかもと思いました。

連続記録を作っていた時期は、376日間(それ以上の期間)大きく体調を崩さなかったっていうことなんですよね。

毎日続けていることがあると、こんなふうに健康状態や精神状態のバロメーターになるのですね。

たかがトイレ掃除なんですけど~。

でも自分の観察にもなるし、トイレはキレイになるので、毎日掃除はおすすめです♪

最後にアロマを香らせるのが好きです。


{E8428DAD-A2C2-41B9-AEA4-5392E8EB0BF6}
まだサマーシトラス使ってるの。これには訳があって。無印で冬仕様のアロマをチェックしたら、スーッとしたミント系の香りで、だったらサマーシトラス使い続けてもいいんじゃない?と思ったんです(^.^) 


【お片づけ】 自分の進歩は目に見えない

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

今年最初のメルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト」を配信いたしました。

無事に発行できてよかった^^;

2017年の素敵活動の展望について書いています。

やはり書き出してみると、いろんなことが見えてくるものですね。

私は最近習ったマインドマップの形で書きましたが、そうでなくともやはり書き出すことは頭の整理に効果あります。

音譜

Facebookでは、自分の1年前の投稿が表示されることがあります。

ブログから自動投稿されるように設定しているので、要は1年前のブログ記事を思わぬ時に目にすることになるわけです。

先日こんな記事が上がってきたのですが、一読して「ん?」と思いました。





長期のお休みや、帰省の直後でも、リビングが混乱状態でないことに感激しているんですが・・・

今の私にとってそれは普通のことになりつつあるので、逆に新鮮だったのです。

でも確かにねー、普段は頑張って片づけていても、長期のお休みで生活のリズムが変わったり、旅行や帰省から帰った時などは散らかっていました。

その頃と今との違いと言えば、すっごくすっごく単純なこと!

こまめに片づけをしているか否か、なんです。

常にどこもかしこもきれいってわけにはいかないけれど、片づいていない状態が目の前にあった時に、それをどう感じるか。

そっちを当たり前と思わないで、床にモノがない、使っている以外のモノは外に出ていない方が普通になれば、戻そうという力が働きます。

こんなことを考えたのも、先ほどの記事を目にしたからで、そうでなければ改めて自分の変化に気づくこともありませんでした。

進歩しているかどうか、時折り定点観測できる機会があるといいですよね。

そしてまた、苦手なことであっても根気強くある方向に仕向けていくことで、ちゃんと進歩できるんだということが改めてわかりました^^。

{A377F1A2-6F21-4A0B-818C-326E2E472A00}




停滞感の原因は意外に些細なことだった

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

物事が何となく停滞してスムーズに進まない時。

意外に小さいことが影響している場合があります。

私にとって、「使い捨て布のストックがちゃんとある」ということが、とても大事だったということがわかりました。

我が家で食器用の布巾として使っている白のフェイスタオル。

古くなってくると、それを小さく切って置いておき、調理台を拭いたりテーブルを拭いたり、気軽に使えるようストックしています。

そのストックが減ってきていて、遂には1枚もなくなってしまいました!

普段はこうなる前に対処してるんですが、体調崩してたこともあり、とうとう0枚に…。

ちょっとした汚れをサッと拭きたいと思った時に適当な布がないのって、地味にダメージ大きいですね。

調理中や何かの作業中に、モノを置きたい場所にすぐ置けないのって、かなりストレスが溜まります。

我が家の使い捨て布、「使い捨て」と言いながら、あまり汚れていないものは洗濯して使いまわします。

ストック不足とわかりつつも、また洗濯から戻ってきたりするので、変に凌げてしまっていたんですね。

でもカゴが本当に空っぽになってしまったので、やっとタオル2枚分を切りました。

実は大した手間じゃないんですよ。

サッサとやればよかった。

使い捨て布がたっぷりあるって素敵(笑)!

{2D83CD2A-445C-45F0-8460-32D4FCBAB6B2}


拭きたい瞬間に汚れを拭けると、それだけで気持ちもスッキリします。

暮らしをスムーズに回すコツは、意外と些細なことの中に潜んでいるかもしれません。

ストレスや違和感を感じたら、1つずつ対処する姿勢が大事ですね♪

マインドマップの助けを借りて立ち直る

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

まだまだ首が動かないので(涙)、まとまった内容のある記事を書くのは諦めて、その都度思ったことなどシェアしていきます。

何しろ書きたいことはいろいろあるので!

今日は「立ち直る1月4日」というテーマ設定して、年末に習ったマインドマップを書いてみました。

立ち直る1月4日♪
{EE416BC8-3384-48EA-BFC5-556917C2269A}

3食用意して自分も子ども食べること、布団をたたむことなど、非常にやさし〜い内容になっております。

気づいてみると、起き抜けの頭痛がなかったので、それも書き込んでお日さまマークつけてみました。

これを撮ったのは午前の段階ですが、昼ごはんもクリア、予定外の洗濯もしたので、うーんまずまずなのかなあ。

外に出てみるチャレンジは、まだこれからだけど。

行けるのか⁈

いずれにしても、見える化大事よね〜。

おー、この記事アップしたら、「ブログ」のところにもお花のシール貼れます。

短いですがアップしちゃいます(≧∇≦)


2017年に向けて私が受け取ったメッセージは…

あけましておめでとうございます。

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

穏やかなお天気が続いていて、静かなお正月です。

夫と娘が一泊で実家に出かけています。

私は家でお留守番(笑)。

実は年末から首を痛めてしまって、とっても不自由しています。

動かさなければ痛くないので、一緒に行こうかとも思ったのですが、たとえば電車に乗り遅れそうになっても、私だけ走れなそう。

足手まといになるので、家でおとなしくしていることにしました。

ツライのはむしろ寝る時で、痛くないポジションを探し当てるまでにものすごく苦労します。

ちょっとした角度の違いで痛みが走るので、休むために横になるという行為が、余計ストレスをもたらすという辛さがあります。

何でこんなことに…。

原因はよくわからないのです。

いわば寝違えのような症状なのですが、なったのは30日の夕方。

自覚としては「私、なんにも悪いことしてないのに」といった感じです。

こんなふうになったのも初めてのこと。

ぎっくり腰ならぬ、ぎっくり首というのがあるらしいですね。

何でこうなってしまったのか、たくさんたくさん考えました。

自分なりに出した結論は、肩こりを放置しすぎたことと、甘いものの食べ過ぎ。

甘いものは普段食べ過ぎないようにしているのに、12月は何だかいろいろな巡り合わせで毎日甘いおやつを食べていたのです。

アフタヌーンティーなんかも行っちゃったしね〜。

首を痛めた時に真っ先に思い当たったのが、甘いもののことでした。

調べてみたらやっぱり、肩や首の凝りに関係が深いみたいですね。

食べるものだけでなく、凝りがひどいなーと思いつつ、ストレッチもせずに放置していたのもいけなかったですね。

反省して、甘いものは当分食べないことにしたり、これからはストレッチをちゃんとやろうと決心したり。

ただし治るまでは首を動かすこと自体ご法度なので、しばらくはひたすら安静にします。

動けないので、本当にいろいろいろいろ考えます。

今年は長年続けてきた毎年の習慣をやめてしまったり、おせちも年賀状も大幅に縮小したりと、年末の過ごし方も変わったのです。

そのことを、あっけらかんと肯定的に受け止めればいいものを、すごく罪悪感を持ってしまっていたかもしれない。

スピリチュアル的には、首は罪悪感と関係が深いらしいです。

何しろね〜、首をグキッとやってしまった覚えはなく、本当に普通に生活していただけなので、何がいけなかったんだろう⁇と、かなり謎なのです。

それでも、甘いものの食べ過ぎや、肩こりには気づいていたのに、軽視してしまったなーという反省はあります。

なのでとにかく2017年は「わかっているのに見て見ぬふり」というのをやめたいなと思ってます。

そういうメッセージを受け取ったつもりで過ごしていこうかな♪

メールいただいてる皆さん、急ぎのお問い合わせ以外、お返事が少し遅れますがご理解下さい。

(このブログ記事も朝から夕方までかけて少しずつ書きましたf^_^;)

今年も暮ラシノユトリ舎と鈴木るる子をどうぞよろしくお願いします(^.^)

おせちをやめた我が家のお雑煮、夫が作ってくれました。
{D8E92635-C51D-442E-BBB4-1CCB68C5FCE3}


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。