スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

献立生活の2大メリットは?

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

献立をきちんと立てる生活になってからの二大変化は、心に余裕ができたことと、食費が減ったことです。

週の始まりに、その週の外食や飲み会の予定を夫に聞きます。

昨日も月曜だったので聞いたところ、今週は特になしとのことだったのですが、昼間にメールが入りました。

ある急ぎの仕事が入ったので、たぶん連日外食になるだろうとのこと。

突然の予定変更ですから、さぞかし焦りそうなものなのですが、私それを聞いたときも「ふーんそうか」と思っただけでした。

献立の内容や作る量を変えるつもりもなかったし、余ったら別の日に食べればいいかって感じ。

そして夕方になると再びメール。

入ったと思った仕事は、他に担当者がいたことがわかったので、自分はやらなくてよくなったとのこと。

つまり最初の予定通り普通に家に帰れるというのです。

それも同じく「ふーん」。

短時間のうちに二転三転したのに、現実問題としても気持ちの面でも、ほとんど影響がなかったんですよね。

これって献立のおかげなんです。

一見、逆のようにも思えますよね。

もし献立が全く決まってなくて、何の準備もしていなかったら、その方が融通が利きそうじゃないですか?

でもそうだとすると、逆に心が揺れると思うんです。

「あ、夫が帰ってこないんだったら、カンタンなものですませちゃおうかな。〇〇にしようと思ったけど、面倒だからそれはやめて・・・」などとソワソワ考える。

その挙句に、後から「やっぱりご飯食べます」なんて言われたら、ムッとしてしまうかも。

献立が決まっていて、材料もある。

それを作ればいいだけだと思っていると、食べるの食べないの言われても、特に影響されずにすむのです。

面白いですよね。

それから食費については、、月曜日にまとめ買いをすると、あとは週の途中で1回買い足す程度ですみそう。

やはり買い物の回数を減らすと、使う金額は減りますね。

まだ3週目なのではっきりとはわからないのですが、3割くらい減っているような気も??

2月の締めの時にまたちゃんと計算してみます。

{5D997984-5765-4930-B381-4D0B6B255FA1}


というわけで、快適献立生活、これからも続けていきたいと思いまーす。


無料メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト
⇒こちら
スポンサーサイト

素敵活動は自分を映し出し、導いてくれる

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。


本日、メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト」の配信を行いました。


書きたいことがありすぎて、全部書けなかったので、ブログで書いちゃいます。


内容的にも、うん、その方がいいような気がする。


素敵活動ってそもそも何のためにやるのか、と言う話なのです。


もともと片づけが苦手だった(…今もですー)私。


人を呼べないほど、またしょっちゅう探し物をしているほど、家の中が散らかっていた頃は、片づけはとても切実な課題でした。


明らかに生活に悪影響が出ているので、何とかしなければ!という思いが強かったです。


一通りそこそこ片づいてしまってからは、百点満点とはとても言えないけれど、まあこの状態をキープできてればいいんじゃないの?とのんびりモード。


それでも生活するうちに、モノはまた増えますからメンテは必要ですが、必死さとかモチベーションは、やはり低下しますよね。


その一方で、なんで我が家はいつまで経ってもどこか垢抜けないんだろう⁇と、モヤモヤを感じ続けていたのも事実です。


私ね、今さらですが、インテリアとかにあんまり興味がなくて。


しかもセンスに自信もないし。


そんな私が、なんで素敵活動なんてしてるのかなぁって、時折不思議に思うことがあるんです。


{ED6DD25D-2426-4FB5-B5C0-929AA020F047}


毎週のメルマガがあるから、半ば義務のように活動していることもあるけれど、その一方で手をかけると空間の雰囲気がガラッと変わる感動も何度も経験していて。


あぁ、これが醍醐味なんだなーと思ったりもしました。


でもね、クリスマスのしつらえとかして、玄関が本当に雰囲気がよくなってうっとりしていたのに、クリスマスってすぐ終わっちゃうんですよね。


{F80848A5-6660-442B-A886-12EA7AF7E9D8}


そうするとまた、新たに整えなければならず、あー何だかエンドレスだなぁなんて思ってしまったりして。


空間を整えるのって、常に「今」に合わせる必要があるんですよね。


生ものなんです。


ライブなんです。


めんどくさいんです(笑)


でもだからこそ、空間を整える作業って、自分を映し出す鏡の役割を果たしてくれます。


私は去年の12月から「モーニングページ」というものをつけています。


毎日ノートに3ページ分、思ったことを垂れ流す(笑)のですが、そのノートの中に時々ハッとするような言葉が書かれています。


{C4665C38-A9BE-4ACD-8087-3CFC2F34AFBE}

自分で書いたはずなのに忘れている言葉。


たとえばこんなことが書いてあるのを発見しました。


「人間は変化しながら生きていくもの。


素敵活動は、その変化を拾い上げ、方向づける活動だ」って。


まさにそうよねえ。


つまり素敵活動は、行きたい方向に自分を仕向けてくれる羅針盤みたいなものなのかも。


今よりもちょっとだけよい方向へ。


そう考えると、素敵活動は自分をシャンとさせてくれるありがたーい習慣なのかもしれないです(*^^*)


そんな素敵活動の様子をリアルタイムでお届けするメルマガのお申し込みはこちらです。


無料メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト
⇒こちら

付箋を使った献立マネージメント

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

「つくおき」にチャレンジした・・・というか、チャレンジしかけた話を昨日の記事に書きました。

つくおき 週末まとめて作り置きレシピ (美人時間ブック)
nozomi
433497841X


結果的に、我が家ではつくおきをフルに実行すると、むしろ食べ物が余ってしまうことがわかりました。

一方で1日分の皿数が足りないので、つくおきというよりは、単に献立をまとめて考え、買い物も3日分程度しておくという、中途半端な取り組みに。

でも2週間続けた現時点で、とても生活がしやすくなってストレスも減ったと感じています。

具体的なやり方なのですが、家事ノートをほぼ1ページ使って、専用の欄を作ります。


{57BB5F83-607E-4298-8C46-A593D3F258F7}

一応週の前半については、肉、魚、野菜×2をとりあえず割り当てることにして、付箋に料理名を書いて貼りつけます。

日曜のうちか、月曜の午前中に材料を買いそろえ、月曜の夕食を作る時に少しだけ前倒しで翌日の分も1品くらい作っておく。

すると翌日は、副菜がちょっと余っていたりするので、魚を焼いてキュウリを漬ける程度でほぼ完成してしまうことも。

なぜ付箋に書くかというと、1日目の余った料理を2日目の欄に移し、その日に予定していたものを先送りするなどができるからです。

ハッキリ言って、夫が夕食を食べる日数、料理が美味しくできたかどうか(爆。美味しいものはやはり売れ行きがいいです)などによって変わるので、途中で調整が必要なのです。

写真は、来週の分の献立を考えてみたところ。

月、火については4品ずつ書いてありますが、その後は多少緩やかに。

それでもたぶん、ほとんど困ることはないと思います。

ただ、いざという時に「わー何作ったらいい?」と頭ぐるぐるしないように、副菜の候補を欄外に貼りつけてあります。

ノートに直接書いてあるのは、必要な食材。

木曜日に生協が来るので、それも含めて考えています。

あと買い物も週に1回だと、だんだん足りないものが出てくるので、真ん中くらいに一度買い足す日が必要みたい。

実はちょっと困っているのが、家事ノートに付箋を貼ってしまうと、剥がれるのがこわくて取り扱いに気を使ってしまうことです。

ふだん開きっぱなしにしているし、カバンに入れて持ち歩く時でさえ使っているページを一番外側にしてあるので、何か保護するものが必要なのです。

コピー用紙を3つ折りにした、献立シートを作ってみたりしましたが、まだ定着せず。

どっちがいいのか、様子を見ながら考えようと思います。

何だか、つくおきからかけ離れているように見えますが、やっぱりこの本は買ってよかったです。

ここまでシステマチックに作り置きしている人を見てから献立を考えると、なんかもー、ちょろく思えてしかたない。

あともちろんレシピを参考にさせてもらってもいます。

まだ我が家の夕食づくりシステムも変化していきそうなので、今後また何か発見などあればシェアしますね♪



無料メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト
⇒こちら

我が家でも「つくおき」に挑戦してみた結果

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。


「つくおき」が発売された時、週末に平日のごはんをすべて作ってしまうという発想にスゴイ!と目を見張りました。


ただ著者はフルタイムで働いている人。


毎日帰りも遅いようだし、基本的に家で仕事している私には必要ないかなぁと思って、購入には至りませんでした。


でもこのところ、夕方のバタバタがひどかったので、対策をいろいろ考えていました。


やはり時間のかかる夕食準備を何とかしたいですよねえ。


もしかして今なら「つくおき」が役に立つんじゃない??とひらめいて、買ってきました。


{680C4404-3537-4C5B-815C-A932567304E6}


さすが!


システマチックだし、とても参考になる~。


容器の使い方や食べる順番に至るまでよく考えられていて、なんて賢い人なんだ!と思いました。


本職はSEなのだそうです。なるほどー。


けれどこのまま実行に移すと、我が家の場合やりすぎの部分と足りない部分が出てきちゃいます。


当たり前ですよね。


それぞれの家庭によって事情は様々だし、その点については著者のNOZOMIさんも「そのまま真似する必要はない」って書いておられます。


というわけで、つくおき簡単バージョンをやってみようと思い、とりあえず1週間分の献立を立ててみました。


でも紙に書いて眺めていると、どう考えても作りすぎな感じがありあり。


我が家の基本の献立は、実は一汁三菜ではなく、一汁四菜なんですよね。


毎日毎日4品作るわけではなく、常備菜は翌日以降も食べることも多いです。


それを考えると、きっちり5日分用意したのでは多すぎます。


でもどのくらい余るのかは、その時になってみないとわからないんですよねえ。


ということで、もう少し緩やかに捉えることにしました。


献立は一応1週間分考えて、必要な材料もある程度買っておく。


調理は翌日分くらいまでを視野に入れて、やや前倒しで作る。


これではあんまり「つくおき」じゃないかも・・・と思ったのですが、その程度でも十分意味がありました!!


今までが行き当たりばったりすぎたのかもしれませんが、これだけで本当に楽になっています。


とにかく献立が決まっていて、材料も揃っているというだけで、大船に乗った気持ち。


そこに1、2品でも完成した料理があれば、鬼に金棒。


人は「迷う」ことによってエネルギーを消耗します。


献立を決めるのも、なかなか決まらなくて迷うから大変なのです。


それに買い物っていうのも、予定していた食材がなかったり高かったりで、けっこう迷う場面が多くないですか?


その部分をまとめてクリアしておくだけで、料理に取りかかるハードルはうんと下がります。


もちろんこんなこと今さら仰々しく言うほどのことはなくて、それくらいやってる方も多いと思うんですが。


我が家は娘が小さかった頃の方が、献立やまとめ買いを真面目にやっていました。


だんだん大きくなってきて、そこまで神経質にしなくても回るようになって、油断するようになり、リズムが崩れました。


習い事の時間帯が遅い方にずれたことも一因です。


そこでまた反省して、まとめ作り生活に戻ろうとしているわけ。


その時期によってちょうどよいやり方はいろいろです。


つくおきに刺激され、ちょっとだけでも前倒しで作っておくやり方で、今の我が家の夕食事情は十分改善されました。


具体的なやり方としては、家事ノートと付箋を使います。


今後進化するかもしれませんが、今のやり方をシェアします。


長くなったので記事を分けますね。







無料メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト
⇒こちら

るる子の家事ボードが雑誌に載ります♪

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

今週はメルマガの配信も遅れたうえに、その後も何やかやでブログの更新もできていなくてすみませんー。

でもね、今日はちょっと嬉しいお知らせが♪♪

このブログでも何度かご紹介している、私の家事ボードが雑誌に掲載されることになりました!!

宝島社発行の『~マネするだけで暮らしが効率的に~ノート&手帳が劇的進化!ふせんのスゴ技』というタイトルです。

家事ボードのことを取材していただき、写真付きで紹介していただけるみたいです。


{305F3584-713D-467D-9891-16C07DE83FEB}


3月4日発売予定とのことで、私もまだ現物を見ていないのですが、本屋さんで見かけましたら、手に取ってみていただけると嬉しいです。

家事ボードは、朝家事が滞りがちな自分に嫌気がさし、何とか楽しくリズミカルにできないかなと思って作ったものです。

朝家事の順番って、体調や子どもの行動など、日によっていろんな都合で前後することがよくあります。

それでも取りこぼしなく、家事がスムーズに進むようになったのは、この家事ボードのおかげ。

最近ではべったり頼らなくても、必要なことは大体できるようになりましたが、それでも時々チェックしてます。

ゴミ捨てがとことん苦手な私なので、毎日やっていることなのに忘れている日もあって、・・・自分でもびっくりだよ。

私と同じタイプの人には、こういう家事の見える化、ホントにおススメします。

家事ボードについては、このあたりの過去記事を参考にされて下さい。

⇒こちら


付箋を使った家事の見える化といえば、最近は献立についても付箋を使って工夫しています。

まだ2週目なのですが、夕食の支度が楽になったうえに、食費がすごく減った模様!

もう少し検証してから、またご報告しますねー^^。


無料メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト
⇒こちら

メルマガ配信のお知らせ&星の王子さまチョコ

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。


明日は月曜日♪


メルマガの発行日で、いつもは朝8時に配信しています。


今週は、申し訳ありません❗️


配信が遅れます。


当日の遅い時間に出せるか、または一日遅れの火曜日の朝になるか…。


いつもは日曜日の間に準備をして、予約配信の設定をします。


そのためには明るいうちに、素敵活動のビフォーアフター写真を撮って、本文も書かなければならないのですが、週末に疲れを出してしまいました。


原因がよくわからないのですが、とにかくひたすら眠くてだるくて(^^;;


熱があるかと思って測ると平熱なのですが、ひょっとすると風邪の引きかけだったかもしれません。


というわけで、メルマガがお手元に届くまでしばらくお待ち下さい。


よろしくお願いします。


さて、メルマガ遅れるお知らせだけではナンなので、私の秘蔵っ子のチョコレートをご紹介します❗️


星の王子さまチョコです*\(^o^)/*


{179977F4-44ED-4D1C-90DE-BB93C34C6884}


堀口ひとみさんのブログで見かけ、一目惚れ。


3秒後には検索してました。


メリーチョコレートの商品で、バレンタインの限定品だったかも?


たぶん最後の1つだったような気がします。


本当は2つか3つ欲しかったのに、1個しかカートに入らなかったので。


ネット上では買えたことになってても、後から品切れって連絡来ないかな?とドキドキしましたが、一応無事に届いてよかった!


うっとり眺めてばかりで、当分食べる気にはなれません(笑)。


来年も出してくれるといいなー。


何だかとってもツボなのです。


『星の王子さま』は大好きな本です。


子どもの頃から知っていましたが、本当に理解できて心にしみたのは10年くらい前?


大人にならないと本当の意味ではわからないお話じゃないかな。


サン=テグジュペリの作品は『人間の土地』も大好きで、私にとって生涯の宝物と思える本なのです^_^。





無料メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト
⇒こちら

♪修正テープと家計簿のご紹介♪

投稿写真

♪修正テープと家計簿のご紹介♪

修正テープ買った〜。

コンパクトで可愛いの。

家計簿つける時、やっぱりないと不便で。

今年の家計簿は、ちょっと浮気して、高橋書店のにしてみた。

費目の自由度が高いところが好き。

ブログをまとめてみる >

片づけたくない時。こんな風に考えたら素敵かも^^

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

バレンタイン。ちょっと過ぎちゃいましたけど、どんなふうにお過ごしでしたか?

我が家は女の子ですが、男の子をお持ちのママはちょっとドキドキな一日だったのかな?

小5ともなれば、友チョコ交換の真っ盛り??と思いきや、意外にそうでもありませんでした。

ちょこっと(洒落じゃないですよ)仲のいいお友だちからもらい、ちょこっとお返しした程度。

よくも悪くも、あんまりそういう風潮に巻き込まれない娘なのでした。

私の好きなKate Dicamilloさんという作家がいます。

去年は私にとって、子育てで中断した英語の勉強復活元年でしたが(勉強は中断しても仕事はしてた)、勉強も楽しく♪と思って児童文学をいろいろ読みました。

そのうちの1冊、Dicamilloさんの"The Miraculous Journey of Edward Tulane"という本は、去年読んだ20冊近くの中でも、深ーく心に残る物語でした。

{96BC451F-8166-42C1-B8F8-956145FA67A1}


日本語では『愛を見つけたうさぎ』というタイトルで出ています。


愛をみつけたうさぎ エドワード・テュレインの奇跡の旅 (ポプラ文学ポケット)
ケイト・ディカミロ バグラム・イバトーリーン
4591151301

私、FacebookでDicamilloさんをフォローしているのですが、バレンタインデーのご本人の投稿で、この物語からの引用がありました。

Edwardというのは陶器でできたうさぎの人形です。

持ち主の少女に可愛がられ、裕福な暮らしをしていましたが、その頃はその幸せに気づくこともなかったのです。

あるハプニングで少女と離れ離れになってから、いろいろな人の手に渡って旅を続けるのですが、その過程で苦しみながら愛とは何かを知っていくエドワード。

もうね、涙なしでは読めない、でも心が温かくなるお話です。

Dicamilloさんの投稿は、別の人形がエドワードに愛とは何かを語りかける場面のセリフでした。

自分を愛してくれる誰かが現れるかどうか自信のないエドワードに、

「必ず誰かが見つけてくれる。

でもそのためにはまず自分から心を開かなくては」

って言うんです。

物語を思い出すだけで涙が出ちゃうんですけど。

でもそれで思ったのは、これってお片づけでも同じだなってこと。

私たちは美しく整った空間から、よいエネルギーや癒しを得ることができます。

でもその空間を作るのは自分なのです。

片づけるっていうのは、その空間を大切にし、愛を送る行動だと思うんですよね。

手間と時間をかけて空間に愛を送ると、空間からはもっと大きなお返しがきます。

片づけがスムーズに進まない時は、植物の力を借りて下さい。

花やグリーンを飾ってみると、それにつられて雑多なモノをなくそうという力が働きます。

そう考えると、花を飾るということは、空間に愛を送るメッセージなのかも^^。


{547F1B68-8AF9-4066-8A7D-2FD1699A06B7}


無料メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト
⇒こちら


モーニングページでシンクロが起きる理由

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

今朝、メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト」を配信しました。

無料メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト
⇒こちら


今日のお題は、見えないところの素敵化でした。

収納扉の中などの見えない場所は、見えないんだからどうでもいいじゃんってなりがちですが、そこをあえて素敵にしようとすると、どうなるか。

とはいえ今回は完成形にまでたどり着いていないのですが、それでも言葉にできない高揚感がありました。

途中まででもやってみてよかったと思います。

ゆるゆるペースですが、今後とも温かく見守っていただけると幸いです。

音譜

さてモーニングページの効果について、昨日の続きです♪
昨日の記事⇒☆

モーニングページというのは、ジュリア・キャメロン著『ずっとやりたかったことをやりなさい』に出ているノート術(?)です。


ずっとやりたかったことを、やりなさい。
ジュリア キャメロン Julia Cameron
4763193449




モーニングページの効果を調べていた時、「シンクロが起きやすくなる」というを目にして不思議に思いました。

それ以外の、創造性が高まるとか、思考が整理されるとかは、何となくわかるんです。

頭の中にあるものをバーッと外に出すことによって、アイデアが引き出されたり、頭がスッキリしたりしそうですもんね。

でも、シンクロ?

実際にそういう効果があったという人の話をネット上でも見かけますが、どうしてそうなるのかよくわかりませんでした。

実際に自分でやってみると、本当にシンクロが起きやすくなりました。

関亜紗子さんのマインドマップの講座を受けたいけれど、日程が合わないなぁと思っていたら、絶妙のタイミングで、主宰者の方からお声をかけていただき、受けられるようになったり。

直接の面識はないある方が、なぜか突然夢に出てきて、そのことを寝ぼけ眼でモーニングページに書いたら、その方から読者登録をいただいたり!

これには本当にびっくりしました。実際にノートに文字が残っているので証拠もあります。
(数ヶ月前にこちらから読者登録はしていたので、繋がりゼロではなかったのですが、そのタイミングにびっくりしたんです)

それをきっかけにして、その方のイベントに参加して、ご本人にもお会いしてきました^^。

あとは、しばらく連絡を取っていなかった友だちのことを書いたら、その日の夜にメールがあったりとか。

あとね、「〇〇の理由が知りたい」と書いたら、何日も原因不明でモヤモヤしていたことの答えがその日にわかったこともありました。

だんだんそれが当たり前になってきて、最近では解決したいことや、答えを知りたいことはとりあえず書いとけーって感じになってきてます。

{13A3E279-9BE0-4A31-AC04-19C34AEACE02}


どうしてそんなことが起きるのか。

それはきっと、もともと人間の意識って現実に影響して、現実を変える力があるんだと思うんです。

でもそれに普段はあまり気づいていなかったり、信じていなかったりする。

そこをあえて文字にすることで、「私はこのことを意識しているんだな」と自分にわからせることができて、何らかの現実的な動きにつながるんじゃないかなぁと。

普段はそれだけ、気づかないうちに自分の思いを抑圧しているってことかもしれません。

モーニングページは自分が本当は何を考え何を望んでいるのかを、はっきり照らし出すノートなんですね。

だから書いたことが現実とリンクして、「シンクロだー」ってなるのかも、と思っています。

私より2週間くらい遅く始めたお友だちがいるのですが、その人もモーニングページで疑問を投げかけると、答えが与えられることがあるって言ってました。

いろんな意味ですごく面白いです^^。

朝の30分から40分が取られるのは正直ツライです。

私も何年か前にやろうとした時は、続きませんでした。

でもなぜか今は続いているし、効果も感じている。

人それぞれのタイミングもあるでしょうし、前に一度やろうとしたから今回スムーズにできた面もあると思います。

三日坊主になりそうで迷っている方もいらっしゃるかもしれませんが、よかったら試しにやってみて下さい。

本には他にも詳しいワークがいろいろ載っていますが、私はモーニングページだけやってます。


無料メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト
⇒こちら

【モーニングページ】何度も救われています

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。


モーニングページを始めて2ヶ月半が経ちました。


{E5292D4B-937D-4C48-A477-DEF5222B30A7}


なるべく朝起きてすぐ、ノートに3ページの文章を何でもいいから書き続けるというモーニングページ。


創造性が養われ、考えがまとまったり、シンクロが増えたりという効果があると言われています。


一般的に言われているのはこのような効果なのですが、私はそれ以外にも何度モーニングページに救われたかわかりません~~。


最初に効果を感じたのは2日目でした。


書き始めた時点では眠気と憂鬱感で、その日を乗り切れるかどうかも怪しかったのが、書き終わる時にはなぜか気分爽快。


キツネにつままれたような気分でしたが、とにかくそうだったのです。


その後も、書いているうちに気持ちが明るくなって、元気に活動できるようになったことが何度かありました。


面白いことに、調子の悪い時の方がその効果をハッキリ感じ取れるのです。


一昨日もそうだったかな。


実は朝一で書けず、その後理由もない停滞感で、このままではボーッとしたまま時間が過ぎてしまう!と思った時に、30分時間を取ってモーニングページ書いてみました。


するとその後は、むしろ普段よりも能率よく、物事がサクサク進み、結果的にはアクティブな一日になりました。


寝る前に振り返って、「あー、モーニングページやってよかったー」と思いました♪


もともと元気な時は、それなりにその日のスケジュールを考えたりしますし、いろいろいいアイデアを思いついたりもします。


モーニングページは、最初の8週間は自分でも読み返さない方がいいそうです。


12月3日にスタートし、年末年始の1週間ばかりは体調を崩して中断しましたが、トータルで8週間過ぎたので、先日読み返してみました。


読み返してみてびっくり!


…内容のことじゃありません。


時間がかかるんです(笑)


書くのは時間がかかるけど、読み返すのはあっという間かと思っていたら、わざわざそのためにカフェに行ったのに、10日分しか読めませんでした。


たったそれだけなのに、すっかり忘れていたことがいろいろ書いてあって面白いです。


思ったよりもずっしりと中味が濃いのですねー。


眠気と闘いながらの走り書きなので、読みづらくて時間がかかるというのもあると思います。


あとモーニングページを書いているとシンクロが増えるというのも本当です。


実際に何度もシンクロが起きています。


最初はその理由がわからなかったのですが、今はわかる気がします。


長くなったので、そのことについてはまた別記事で書きますね(^.^)




無料メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト
⇒こちら

私にとってのトイレ掃除の意味

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

以前の私は、トイレ掃除がどーーしても好きになれませんでした。

本当は毎日したいと頭では思っているのに、どうしても億劫で、一日延ばしにしては、何日かたって仕方なくやる。

翌日も続けてやろうと思うのに、ついついまた先送り。

その繰り返しでした。

ある時、掃除用具をきちんと揃えてトイレに常備するようにしました。

それまではトイレ掃除のたびに、キッチンの片隅から掃除用具を運んでいたので、今から考えれば億劫で当然だったのです。

自分がトイレを使ったついでに、一日の中で気が向いた時に掃除すると決め、思い立った時に常に道具が手近にあるので、やっと気軽に掃除ができるようになりました。

連続日数を記録するアプリを使い始めたのも功を奏して、習慣として定着しました。

1年以上、途切れることなく続け、376日という記録を樹立。

それをあえて途切れさせてからは、連続日数を伸ばすことにはフォーカスせず、記録もつけたりつけなかったりです。

それでも最近までは、記録をしていないとサボりがちになり、反省してまた記録をつけたりしていましたが、たぶんもう大丈夫。

というのは、今は1日でもサボると、気になって、掃除したくてしかたなくなるんです。

えらい変わりようだな!

私はいわゆる綺麗好きな人ではありませんし、清潔とか不潔とかの感覚って人によって違いますよね。

だからこれは個人的な感覚だし、それさえも時を経ると変わってしまうことがあるというお話です。

義務感で掃除するのと、汚れが気になって仕方ないから掃除するのとでは、習慣としての力強さが違います。

掃除しないと気持ち悪いなと感じるようになった今、この習慣はめったなことでは揺らがないだろうなと思っています。

最初はあんなに億劫で、毎日掃除しようと決めたはずなのにできない自分は、どこか欠陥があるのでは?とまで思ってしまったほどなのです。

大げさですが、ホントのこと。

そんな私でも、淡々と、でもしつこく続けていたら、感覚まで変わってしまいました。

そう考えると、今現在は苦手な他のことに関しても希望が持てるような気がしませんか?^^

だから私にとってトイレ掃除って、思いのほか大きな意味があって、それでついつい何度も記事にしちゃうのかもしれません。

さて掃除道具は、こんなふうにカゴに入れてトイレの吊戸棚に置いています。

{244945EE-E6A1-4146-85D3-055A7552FA1D}

スプレー容器にはアムウェイのLOCという万能洗剤を薄めて入れていますが、この容器を替えてみました。

(LOCは、私はお友だち経由で買いましたが、Amazonでも買えると思います。すごくオススメです。)

上からプッシュする式ではなく、引き金式(といっていいのかな?あ、今調べたらトリガータイプと言うらしいです。トリガー=引き金だけどね)。

量も100CCから300CC入るようになり、使い勝手もよくなりました。

これでますますお掃除しやすくなりました♪

前のスプレーボトルはこんな感じ~。

{C772F2DE-20A9-43A3-932D-A91027D22C2C}
(あれー、写真の撮り方も上達した?気のせい?)

ちょっと押しづらかったけど、それほど気にせず使っていました。

コンパクトだし、これはこれでよかったです。


無料メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト
⇒こちら

水筒用のブラシが不要になるかもしれない話

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

1ヶ月で100個捨てるというプロジェクトを続けていますが、先日ボトル用のブラシを捨てることにしました~。

小5娘が水筒を持つようになった幼稚園入園の頃に買ったと思うので、かれこれ8年くらいは使っているのでしょうか。

生協のカタログで見つけ、実物を見ないで注文しました。

実は届いた時に、予想より大きくてびっくりしたのです。

柄がくるくる回って、ブラシ部分が水筒の中で自動的に回る構造になっています。

その機能必要かなぁ?と疑問に思いながら、そして予想よりちょっと大きかったなあという心の声を感じ続けながら、8年使いました。

先日、無印の柄つきスポンジを買ってみました。

これはステンレスの柄の部分を簡単に開くことができ、スポンジを取り外せるという製品です。
{AFD27552-C547-4194-B73F-9CA362A47B78}
(左です)

買った時にはスポンジもちゃんとついていたので、今はそのまま使っています。

へたってきたらスポンジだけ買い替えることもできるし、場合によっては食器洗い用と兼用にもできるかも?


{7782C304-2C95-483A-B005-10BADB78C274}

そうしたら水筒用のスポンジが不要になりますよね!素晴らしい!

毎回いちいちつけたり外したりする煩わしさに、自分がどのくらい耐えられるかにもよりますので、それは試してみます。

今までのブラシと違ってスポンジが少し硬いので、水筒の口に入りづらくて「え?使えない?」と一瞬焦りましたが、何とか大丈夫そう。

そして今までのブラシでは取り切れず、定期的に竹串で掃除していた底の部分も、このスポンジだときれいになります。

買ってよかったです♪

私の所有物、無印率やたら高いんですけど、シンプルで使いやすい商品が多いからどうしてもそうなっちゃう。

捨て活動の一環として古いブラシは捨てますが、代わりに1つモノが増えたので、プラスマイナスゼロ。

でもしっかりカウントはしますよ^m^



無料メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト
⇒こちら

空間からパワーを受け取る方法

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。


今朝メルマガの配信を行いました。


いつもお読み下さりありがとうございます^^。


メルマガでは、1ヶ月で100個を目安に、家の中にとどまってしまった不要品を手放す様子をリアルタイムでレポしています。


それと同時に、家をときめく空間にするための「素敵活動」を進めていきます。


先週と今週で、キッチンの出窓が見違えるようになりました。


本がゴチャゴチャ置かれていて手の施しようもなく、無意識に諦めていた場所なので、素敵度がアップして嬉しいです(^.^)


その過程で気づいたこともあり、もちろんメルマガにも書いたのですが、ブログでも少しシェアしますね。


ときめく空間を作りたいと思った理由の1つに、空間から元気をもらえたらな~というムシのいい願いがありました。


そこにいるだけでパワーチャージされる家に住めたら嬉しいですよね(^.^)


そのために、見ただけで幸せを感じられるオシャレな場所を家の中に増やしたいなと思ったのです。


メルマガでもお伝えしたのですが、キッチンの出窓に置いてあった図書館の本、いったんは写真撮影のためにどかしてみたものの、また戻しました。


周りのデコレーションなども替えましたが、実はもっと大切なことがありました。


それは「空間に意識を通わせること」。


具体的にはメルマガの内容とかぶってしまうので、詳しくは書きませんが、すぐにできるのは「モノをまっすぐ置いてみる」ことかな。


これができていると、たとえ見た目は多少モノが多くてゴチャゴチャであっても、自分にとって満足感のある空間になるんだということを、身をもって体験しました。


オシャレな雑貨や観葉植物も、気分を上げてくれるし、手っ取り早く雰囲気を変えることができるけれど、それより大事なのは、心を込めることなのかも。


・・・って何だか曖昧な精神論に聞こえるかもしれませんが、やってみると決して曖昧でないことがわかります。


その空間を大切に思う気持ちがまずあれば、モノを乱雑に置いたり、殺風景なまま放置したり、しないはずですからね。


私が全部ちゃんとできているというわけではないのですが、それができている場所については、見ていても気持ちがいいし、空間からのパワーを確かに受け取れていると思うのです^^。


普段はメルマガ用の写真をブログにはあまり載せませんが、今日は載せてみる。


キッチンの一角です。


{B8FF0229-8A3E-4A94-9954-0E11CE4DD66F}



無料メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト
⇒こちら

だらしなさを許してくれる布巾たち

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。


ちょっと手が空いたのでキッチンを整えていたら、思わず笑ってしまいました。


古いタオルを切って作った、その辺を拭くための使い捨て布が、よ、4枚も~。


調理台の周りからゴロゴロ出てきました。


気軽に拭いて、どんどん処分したり、水滴を拭いた程度なら洗濯して使い回したりと、ごく気楽に使っています。


それにしても4枚はひどいー。


自分のだらしなさに笑ってしまいますが、そんなだらしなさも受け止めてくれる方式であり、気兼ねなく使える布巾なのです。


少数精鋭の布巾を、常に清潔に保って大事に使うのは、今の私にはストレスみたい。


布巾が汚れるのが嫌で、台を拭くことをためらってしまうことも…。


それくらいなら、惜しげなくどんどん拭いてポイポイ洗濯したり捨ててしまってもよい布の方がいいな。


{974E22A3-91C8-4D41-A4F6-3199059212C8}


子どもが何かこぼした時なども、自分でこの布を取り出して拭いているので、家族にとっても便利なようです。


ティッシュが全然減りません(^.

マグネット栞をマスキングテープでリメイク♪

投稿写真

マグネット栞をマスキングテープでリメイク♪

もともとは黄色い無地のマグネット栞。

ふと思いついて、マスキングテープを貼ってリメイクしてみた。

うん、なんかいい感じ。

簡単だし、何度も貼り直せるし。

ノートはモーニングページに使っている、無印のB6のリングノート。

12月から始めて、そろそろ2ヶ月になります。

朝一で寝ぼけながら書き始めるので、栞は必須なのです。

栞つけてても、1ページ飛ばして書いてしまったことも…。

それくらい眠い。

それでも効果をたくさん感じるのでやめられない(^.^)

また詳しくレポしますね♪

ブログをまとめてみる >

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。