スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「何となく」で片づけてはいけない理由

暮ラシノユトリ舎お片づけ担当の鈴木るる子です。

私の今日の一人お昼ご飯。

{881E1D85-6373-4ED2-A170-F8BBA9D92C5B:01}

「主婦のお昼ご飯」としてツイッターで発信中なので@suzukirurukoで検索してみてね♪

虹

ちょっと反省の日々でした。

ここ数日間、何となくザッと片づけることはしていましたが、15分計る「ゆる片づけ」や5分計る「ぷち片づけ」をしていなかったかも?

不思議なもので、何となく片づけると、片づき方も何となくになってしまうんです。

たとえばテーブルの上にはモノを置かないと決めていたはずなのに、常に何かが2、3個置かれている状態。

モノが山積みになっているわけではないのに、ゼロと2、3個の違いって大きいです。

もちろん、たとえば「リモコンとティッシュだけは置いてもいい」と決めていれば、それはそれでOKなんですよ。

「置かない」と決めた、にもかかわらず置いてあるという状態が気持ちのモヤモヤを生み出すのですよね。

というわけで、先ほどやっとタイマーをセットして、「テーブルからモノをなくす」と目標も明確にしたうえで、5分間片づけました。

効果てきめん。

その証拠にこうしてパソコンに向かって、落ち着いて文章を書く気になれました(笑)。

テーブルにころがっていた2、3個のモノ正体は、実は外から来たものでした。

松ぼっくりと、知人からいただいたハンカチの入った袋、娘の折り紙作品。

置き場所が決まっていないので、気持ちが曖昧なままにテーブルの上であっちに寄せたりこっちに寄せたり、ついついしてしまっていたのです。

松ぼっくりについては「ころがしておく」のではなく「飾る」と決めて玄関へ、折り紙は娘の机へ。

ハンカチは、使うかどうか決められずに置きっぱなしになっていましたが、気持ちが定まるまでこのままというわけにはいきません。

普段使いのハンカチの引き出しにしまいました。

今後使うかもしれないし、また移動させるかもしれないけれど、テーブルの上に放置するよりは遥かにましです。

ちょっと真剣に向き合えば置き場所が見つかるのに、こういう曖昧なモノは、何となくの片づけだと先延ばししてしまうのです。

5分と決めて、5分以内にぜひとも何とかしようと思うと、何とかできるものなのですね。

時間を計って片づけるというのは、もちろん1人で取り組んでも十分使えるテクニックです。

そうは言ってもちょっとだけ、きっかけがほしいなと思われる方。

お片づけのはじめの一歩を応援するメール講座がおすすめです。

メールボックスに届く7つのお片づけワークをこなしながら、1コマ15分のお片づけを進めていく講座です。

詳しくは下記のURLをクリックして、説明をお読みいただければと思います。


チューリップ紫お片づけのはじめの一歩を応援するメール講座21日ゆったりコースで無理なく♪
チューリップピンク
じっくりお片づけ習慣が身につきます。詳しくは詳細ページを♪
チューリップオレンジ
早く何とかしたいあなたに。7日コースはこちらから。

桜お片づけ見える化シート11月版配布スタート!PDF
桜使い方について詳しい解説はこちら。PDF
桜お片づけ見える化シートって何?という方はこちらを見てね。

お問合せ・ご質問ご質問やお問合せはこちらのフォームからお願いします(SSL方式なので安全です)。
⇒ご質問・お問合せ



るる子流魔法のお片づけマニュアル入門編: 1人でできる「ゆる片づけ」&「ぷち片づけ」レッスンノート
鈴木るる子
B00M8XSU3G

るる子流魔法のお片づけマニュアル 実習編: 1人でできる「ゆる片づけ」&「ぷち片づけ」レッスンノート
鈴木るる子
B00MGY4J8W

るる子流魔法のお片づけマニュアルトラブル解決編: 1人でできる「ゆる片づけ」&「ぷち片づけ」レッスンノート
鈴木るる子
B00MGY4JTQ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。