【来年の手帳】ちょっと意外な選択

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

今日は家族を残し、一人で一日外出してきます。

食事の支度は夫に任せておけば心配しなくていいので、たいへんありがたいことです。

さて私は普段の生活は、家事ノートとそれに貼りつけた年間スケジュールで回しています。

今年はスケジュールが立て込む時期だけ、ジブン手帳を取り出して併用していました。


全く開かない時期もあるので、空白も多いんです。

一方、家事ノートの記載が途切れることはほぼありません。

だから私にとってはやはり家事ノートがメインなんだと思う一方、元来の手帳好きの血が時々騒ぐ…。

そして、仕事のことをもう少し詳細に計画したり、チェックしたりする必要も感じるので、やっぱり手帳買ってしまいました。

ちょっとね、我ながら意外性のあるチョイスになりました。

フランクリンプランナーの「ビジョナリー・ウーマン」です。

{7195349D-5DF4-42D1-B581-C809C8AF53F4:01}


システム手帳は使いこなせないので(紙がバラバラになるのがダメ)、綴じ手帳です。

最初の方に「大切なことを大切にする」「あなたらしさを明確にする」などの読み物とワークが30ページも続きます。

そして人生の「ミッションステートメント」を決めて、常にそれを意識しながら過ごす…。

ホントはね…こういうふうに目標を立ててガンガン向かっていく系、どっちかというと苦手なんです。

ウィークリー部分も、1週あたり4ページ分で、かなりガッツリ。

{5EF12ABB-D14D-433E-A5AD-B06086C112A5:01}

{209EB7E3-742C-49E2-AAD1-204E507A6644:01}


息切れするかも~。

でもちょっとやってみようと思ったのは、自分の中に新しいフォーマットを根付かせたいからなんです。

フォーマットの力って大きくて、欄がなければ思いもつかないことを、そこに欄があれば何とか埋めようという意識が働くものです。

有名な「緊急・重要」のマトリクスや、母親や妻やPTA役員といった自分の役割を意識するための一週間コンパス。

フォーマットを使って、その発想に慣れてしまえば、家事ノートに新たな視点を自然と持ち込むこともできるようになるかもしれません。

そんなことを期待して、ちょっとがんばってみますね~♪

12月スタートなので、あと1ヶ月のうちにワーク部分を終わらせて、よいスタートが切れるようにしたいです。

くつ

片づけるる子のメール相談室、11月生を募集中です。

枠が2名様しかお取りできず、お一人ご予約の方がいらっしゃるので、検討中の方はお急ぎ下さいませ~。
⇒詳細こちら

地味に見えますが、効きます♪

虹

桜お片づけ見える化シート11月版配布スタート!PDF
桜使い方について詳しい解説はこちら。PDF
桜お片づけ見える化シートって何?という方はこちらを見てね。

お問合せ・ご質問ご質問やお問合せはこちらのフォームからお願いします(SSL方式なので安全です)。
⇒ご質問・お問合せ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)