スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しすぎたコーチャンフォーの本屋&文房具屋

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

先日お友だちと一緒に、若葉台のコーチャンフォーに行ってきました。

コーチャンフォーというのは、本屋と文房具屋とCD売り場とカフェが合体した巨大店舗!

とは言いながら、行ってみるまでどんな場所なのかよくわかっていませんでした。

若葉台の駅で降りたのは私は初めて。

駅前から続く遊歩道をのんびり歩いて行くと、不思議な外観の建物が前方に見えてきました。

{F66CE981-8ADB-4466-BC98-09F1E242135C:01}


すごい広さです。

自動ドアを入ると可愛いトイレが♪

{1EE7597E-EE6F-4964-92EA-26DFAD993DDC:01}


店舗の入り口付近は児童書の売り場になっていました。

{DC84CCE9-2EB6-421B-BB8F-78115B04B967:01}
天井に、はらぺこあおむし。

何だかそれだけでワクワク。

きっと児童書を大切に扱っているんだろうなあ。

そして品揃えを見ると、これがまた良心的なのですよ。

定評あるロングセラーが目立つところに並べられていて、落ち着いた雰囲気です。

派手な装丁で面白おかしく子どもの興味を惹くだけではなく、本当によい絵本とは何かと考えられたラインナップだと感じました。

そしてとにかく売り場が広い。

体育館2つ分くらいはあるなあ。

公式サイトに写真も出ているのでご覧下さいね。

検索機に案内してもらったら、10台くらいずらっと並んでいて壮観。

しかも椅子付きでした!

楽しすぎてしまって、空腹も忘れ売り場をあちこち歩き回った私たちでしたが、お昼をだいぶ回ったので駅前に戻ってランチしました。

そしてまだまだ見足りないので、午後も再びコーチャンフォーへ。

徒歩5分もかかりません。

コーチャンフォーに併設のカフェもありますが、ドトールなので食事向けではないかな。

そして午前には全く回れなかった文具や雑貨のエリアに足を踏み入れたら、これがまた大興奮ですよー。

マリメッコをはじめとする北欧雑貨に始まり、あまり他では見かけないオシャレなノート、紙、輸入もののシックな塗り絵などなど。

私は時間の都合で、本当に駆け足になってしまったのですが、必ずまた来ようと心に誓いました。

平日だったせいもあるでしょうが、ゆったりとした心地よい時間が流れていました。

朝から夕方まで過ごせそうです。

あ、大人ならね。

お子様連れだと…どうだろう?

児童書はそういうわけで充実していましたが、キッズコーナーとかがあるわけではないので、長時間は厳しいかもです。

でも広々してセンスよくて、とってもリフレッシュできる場所でした~。



チューリップ紫お片づけのはじめの一歩を応援するメール講座21日コース♪
チューリップピンク
楽しくお片づけ習慣が身につきます。詳しくは詳細ページを♪


桜お片づけ見える化シート12月版配布スタート!PDF
桜使い方について詳しい解説はこちら。PDF
桜お片づけ見える化シートって何?という方はこちらを見てね。

お問合せ・ご質問ご質問やお問合せはこちらのフォームからお願いします(SSL方式なので安全です)。
⇒ご質問・お問合せ



るる子流魔法のお片づけマニュアル入門編: 1人でできる「ゆる片づけ」&「ぷち片づけ」レッスンノート
鈴木るる子
B00M8XSU3G

るる子流魔法のお片づけマニュアル 実習編: 1人でできる「ゆる片づけ」&「ぷち片づけ」レッスンノート
鈴木るる子
B00MGY4J8W

るる子流魔法のお片づけマニュアルトラブル解決編: 1人でできる「ゆる片づけ」&「ぷち片づけ」レッスンノート
鈴木るる子
B00MGY4JTQ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。