スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母業になくてはならないミニ裁縫箱

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

何度かも書いていますが私はお裁縫が苦手。

できるだけ避けて通りたいのですが、母業をしているとそういうわけにもまいりません。

ボタンは何だかしょっちゅう取れるし、スイミングで級が上がったらワッペンを付け替えなくてはなりません。

ただでさえ腰が重いのに、裁縫箱はリビングの収納庫の扉を開けて、さらに引き出しを開けたその中に収納してあり、余計億劫さが募ります。

そこで何年か前に、最低限のものだけを小さい箱に入れて、手近に置くことにしました。

私のミニ裁縫箱。

針山と白と黒の糸、糸切りバサミ、リッパー。

それだけ。

この箱の定位置は、リビングのよく使う引き出しの一番手前という一等地です。

よい場所を与えている甲斐あって、繕い物のハードルはグンと下がりました。

ところが気がついてみるといつの間にか、余分なものがいろいろ突っ込まれて山盛りになっていました。

綿、リボン、出番の少ないゴム通しなどなどが邪魔して、針と糸が取り出しにくい状態に。

半分は娘のシワザもあります。

で、久しぶりに整理して元のシンプルな状態に戻しました。

針に通しっばなしだった糸もいったん全部取りました。

ただしボタンつけ用に1本だけ適当な長さの糸を通しておくと、それはそれで便利なのです。

{3CE8E8B5-1AAD-4A34-9F78-DF2E8D01F91B:01}

ほらスッキリ!

年末であちこち気になるけれど、こんなちっぽけなところを整理して悦に入っている私なのでしたf^_^;

虹

片づけるる子のメール相談室、1月生の募集を開始しました。

片づけ習慣を自分一人で身につけようとすると、ついついだらけてしまったり、くじけそうになったり。

メール相談室をやっているから頑張れるというお声をたくさんいただいています。

1月生のスタートは年明け10日頃になりますが(ご相談に応じます)、年内にお申し込みをして、新年に向けての地ならししておきませんか?

一つ行動に移せば、その分前進できます♪

こちらから受付中です。
⇒こちら

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。