小4娘の英検5級合格作戦♪

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

小4の娘が1月の英検で、5級に合格しました。クラッカー

5級は初歩的な内容ではありますが、合格は合格(^^♪

これまで断片的に英語に触れてはきましたが、スクールなどに通う経験もなく合格できたことは、やはり評価してやりたいなと思っています^^。

我が家では、小さい頃から家庭での絵本の読み聞かせやビデオの視聴、オンライン英会話スクールでのレッスンなど、細々と続けてきました。

あとは学校でも英語の授業はあります。

ただ娘自身は、正直なところ特別に英語が好きというわけでもないみたい。

だからこそ余計、自信をつけさせてモチベーションを高めたいという私の下心もあり、受けさせてみました。

本当は対策せずに、今までの知識を動員して合格できたらカッコよかったのですが、そうもいかず試験勉強はちゃんとしました。

期間は約1ヵ月、1日あたりの勉強時間は10~15分くらい、あくまでも嫌気がささない程度に、です。

それでも合格ラインが6割のところ、9割以上の正答率で、リスニングは満点でした。

ただし毎日の勉強の10分間は、けっこう密度高かったと思いますよ。

そのあたりのこと、我が家の体験談としてお話ししてみます。

5級の内容は、中学初級とされていますが、「初級」と言われても・・・と雲をつかむような話。

最初は全く見当がつかず、試しに5級用の問題集や参考書を買ってみたものの、帯に短したすきに長しで、なかなか進みませんでした。

そんな中、とある問題集との出会いがとても大きかったのです。


出る順で最短合格!英検5級パーフェクト問題集
ジャパンタイムズ
4789014657


これはネットで勉強法を探している時に知ったのですが、ダイレクトな試験対策という意味では本当にとてもよかったです。

こちらのサイトで紹介されていましたが、勉強法も含めてとても参考になりました。

本当に、このやり方を知らなければ、無駄なことをいろいろやって時間切れになっていたかも。

有用な情報を教えていただけて感謝しています!

さてこの問題集は「出る順」なので、焦る気持ちを抑え、最初から順番にマスターしていくと、対策がどんどん進みます。

今、5級のはAmazonで大変な値段になってしまっているようですけど…どうしたことでしょう??

元は1,300円くらいです。

私は近くの書店で買いましたが、どこかで入手できるのであれば、この本はとてもおすすめです。

娘の実力ですが、1ヵ月前の時点では問題を解かせようとしても読めない単語が多く、おぼつかない感じで、焦る焦る。

でもこの問題集のいい点は、英検5級に頻出する事柄だけがギュッと詰まっているところなんです。

第1章の1問目は、毎回必ずと言っていいほど出題されるパターンのもの。

2問目はきっと2番目によく出題されるものなのでしょう。

そう信じられたから、1問解くごとに合格に近づいていると思えて、精神衛生上とてもよかったです。

娘の自信をなくさせてはいけないので、最初から問題に正解することは重視せず、何度も音読させて(読めない単語は教える)、自然に覚えれらるようにしました。

英検5級のレベルは、それほど高度ではありませんが、単語の羅列だけで対処できるレベルでもありません。

筆記とリスニングのパートがありますが、リスニングに関しては、数字の聞き取りを少し練習した程度。

素直で答えやすい作りになっているので、学校でも授業を受けている小学生ならそれほど心配しなくてもいいレベルだと思います。

むしろ筆記の対策はそれなりに必要で、単語を並べ替えて文を作る問題なども出ますから、最低限の文法は抑えておいた方がいいです。

でも実際のところ、「be動詞と一般動詞の違い」「3・単・現のs」など、「それ十分基本でしょ?」という項目でも、完璧にしなくても大丈夫でした。

問題集を解く中で、求められるレベルがわかったので、本当に気が楽になりました。

そしてここからが、密度の高い10分間を作るコツなのですが、読めない単語を含む文だけを書き抜いた、音読用の参考書を手作りしました。

大きめのフォントで、行間も空けて印刷しましたが、A4で8枚くらいになりました。

{A259FF0E-D61D-4CA3-A009-A167F884646C:01}

それを1日2枚くらいずつ音読させ、まだ覚えていない文には印をつけるという方法で、だんだんパーフェクトに近づけていきました。

意味などはその都度解説しています。

ただあまり文法事項には深入りせず、文全体の意味と読み方を覚えさせるようにしていました。

あとは曜日、月の名前、数字(序数、14と40の区別)などをトレーニングして、本番に臨みました。

英検協会のホームページに載っていた過去問も解かせましたが、「あれもこれも見たことある」という感じで、違和感なく取り組めて、安心材料になりました。

英検5級を受けさせてよかったと思うのは、やはり英語を読むことに前より抵抗がなくなったことです。

日本語では読書好きな娘を、英語でも読書が楽しめるようにしてやりたい。

そこまでいったら後は放っておいても自分でどんどん読んで、英語力をアップさせていくのではないかな?

というのが私の野望です^^。

あまり小さいうちから試験試験というのもどうなのかと思い、今まで受けさせずに来ましたが、やはり試験というわかりやすい目標があるのはいいなと感じました。

星

今日の「こはすのお片づけ」は、順番から言って「す」になりますね。

「は」と「こ」が気になるけれど、ここは思い切って「す」の「北欧風の布探し」をしようかな。

そうだ、余裕があったら2コマ目は「は」をやろう。


【現在ご提供中のサービス】

音譜片づけるる子のメール相談室(3名様限定)

音譜お片づけのはじめの一歩を応援するメール講座21日コース

音譜1年で2000個手放す実況中継メルマガ(無料



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)