【片づけ】「たった1つだけ」の恐ろしさ

投稿写真

【片づけ】「たった1つだけ」の恐ろしさ

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

「部屋が何となく散らかっている」のと「スッキリしている!」の違いって、ほんの些細なことだったりするんです。

たった1つの紙くずが床に落ちているだけで、お部屋全体の雰囲気は、あっという間に荒んでしまいます。

1つの紙くずに引き寄せられるようにして、モノが置きっぱなしにされたり、ガラクタが散乱したり。

ところが逆に、頑張って床の上のモノを完全にゼロにするだけで、実際以上に空間は広々とします。

たった1つのマイナス要因が存在するかしないかで、全く違った印象になってしまうのです。

たった1つの恐ろしさも感じますし、1つもないということの清々しさも感じます。

その違いに対して意識的になると、片づけの指針が自然と定まってきます(^.^)

ブログをまとめてみる >

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)