お部屋の素敵センサーを目覚めさせる方法

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

1時間のうち5分だけを片づけに充てる生活。

始めて1週間になりますが、この習慣は最強だ!!

いやいやいや、始めたのは1週間前ですが全然真面目に取り組めてなくて、1時間に1コマどころか、1日1コマだった日さえあります。

家にいる時間が少なかったり、せっかく家にいられても頭痛で動けなかったり。

昨夜は寝る前のテーブルクリアもサボってしまったので、今朝の時点ではリビングが悲しい状態に。

それでも、可能な時だけでもいいから5分だけ整えようと心がけることで、本当に快適に過ごせるようになりました。

今は立ち直って、5分片づけも何度か実行し、たいへんスッキリとした環境でパソコンに向かっています。

そしてこれは、メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト」のネタに取っておきたかったことなんですが(笑)…

やっぱりね、素敵とかオシャレとかいう以前に、まずは余計なモノを片づけることがすべての基礎になるなーと思いました。

床にもテーブルにもモノが散乱している状態では、素敵センサーも働かないんですよ。

自分がどんなテイストの部屋が好きなのかさえも、散らかった状態だと冷静に判断することがむずかしいです。

まあ好きなタイプの部屋くらいはわかるかもしれませんが、それと目の前の現実を結びつけることができない。

片づいた状態になって初めて、「ではここに何を置けば自分の好きな部屋になる?」という段階にまで目を向けることができるのですね。

まずは余分なモノを床やテーブルから取り除き、モノがあふれて閉められない引き出しや扉をなくすところから始めましょう♪

{1CAAA5B1-4089-4181-9048-EECAC4F7F287:01}


虹

ところで明日の投票は、みなさん必ず行きましょうね~~。

このブログでこういうことを書くのはどうなのかなと思ったのですが・・・

でもね、丁寧で心地よい暮らしも、家族との幸せな毎日も、すべて平和の上に成り立っているんですよね。

日々のこまごましたことに心を向ければ向けるほど、平和を守るのは大切なことだと心から感じます。

自民党の改憲草案、もしまだ目を通したことがなければ、投票の前にどんなものか見てみて下さい。

現憲法と対比した解説がネット上でも見つかります。

与党改憲勢力が参議院で3分の2を獲得してしまうと、政権の暴走に対する歯止めがなくなってしまうんです。

今、日本はとても重大な局面を迎えているので、よく考えて投票したいところです。

話題になったのでご存知の方も多いと思いますが、東京選挙区の三宅洋平さんの演説はわかりやすいですよ。

Youtubeで見られますので、見たことない方はぜひ~。たくさんありますが、再生回数ダントツの高円寺編とかおすすめです。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)