スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の家が恥ずかしいモード

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

今日は久しぶりのお友だちが我が家に遊びに来てくれます。

人が来るからと言って、泣きそうになりながら片づけをしていた時代は過去のこと。

お客様どんとこい!・・・のはずだったのですが、何だか今日は妙に恥ずかしい。

とりあえず片づいてはいるので、そんなに焦ることもないんですが、細かいところがキリもなく気になります。

それは、お花を買いそびれてしまって棚の上が殺風景だったり、窓掃除をこの頃サボっていたり、急に冷蔵庫の扉の汚れが気になってみたり。

今までは「まあいいでしょ」と流せていたことが、何だかすごくソワソワしてしまってダメです。

窓掃除にしたって、サッシの溝にしたって、「あーもうー、どうして小まめにやっておかなかったんだろう!」と、小掃除をサボっていた自分を責めております(笑)。

お友だちは、粗探しをするような人ではないので、たぶん私が気にしすぎなだけ。

トイレ掃除はとっくに終わっているし、玄関掃除もOK。

前ならそれでよしとしていたことが、他にも気になるポイントが山盛り状態になっています。

さらに、「子どもがいるんだからリビングは別にオシャレでなくてもいいや。散らかってなければ」と思っていた点にも変化が。

「あーん、こっち側から見た角度がちっともオシャレじゃないー」と、勝手にガッカリしています。

どうしちゃったんでしょう?

苦しいと言えば苦しいんだけど、ちょっとそんな自分が面白かったりもします。

でもこれはたぶん良いことなのです。

メルマガでも実況中継していますが、私は現在「お家を素敵空間にするプロジェクト」の真っ最中。

その影響で、センスとか清潔感とか、そういうことに対して敏感になり、要求水準が高くなってきているんだと思います。

自分に対してイジワルな姑みたいになっておりますが、つくづく思うことは、お客さんが来てくれるのってありがたいなあということです^m^

{B29AF246-3319-4BFD-8FBC-814F1E6C1D92}
↑パッと見、特に問題のないリビング。

無料メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト
⇒こちら


メール講座
チューリップ紫お片づけのはじめの一歩を応援するメール講座21日コース♪
チューリップピンク
楽しくお片づけ習慣が身につきます。詳しくは詳細ページを♪



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。