スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空間の心地よさを上げるヒミツ

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

空間を居心地よくするために、簡単にできるのに忘れがちなこと。

それは、換気です!

朝起きると、まずリビングのカーテンと窓を開けて換気をするようにしています。

朝の空気を取り込むのはとても大事なこと。

我が家のリビング、素敵空間プロジェクトの真っ最中ということもあり、片づけやインテリアの面ではだいぶ改善されてきました♪

ただ、以前から変わらぬ悩みがあります。

それは部屋に漂う空気が、どうもスッキリしないということ。

まず夏は熱気がこもります。

そして湿気もこもる。

リビングとキッチンの間には仕切りのない造りなので、調理をしたりお湯を沸かしたりして出た水蒸気も、リビングに蔓延します。

空間って面白いなと思うんですが、扉ひとつ隔てるとそこは玄関で、空気が全く違うんですよね。

北側なので明るくはないけれど、空気がひんやりしていて、開けた感じがします。

隣接してはいるけれど、違う空間なんです。

本当に不思議。

天井の高さかなぁ、日当たりかなぁ、などといつも考えますが、わかるようなわからないような…。

夏に熱気がこもるからと言って、冬に暖かいかと言えば特にそういうこともないんですよねえ。

過ごす時間が長い場所なので、もっと気持ちよい空気で満たしたいと常々思っていました。

換気のことは、もちろん一番に思いついたのですが、実を言うと最近まであまり効果ないなーと思ってました。

風通しが悪い部屋だからしょうがないのかなって。

この間、秋というのに妙に暑い日(暑さが続きますよねえ)、私が外から帰ったら娘がリビングの窓を開け放っていました。

それも3箇所!

いつもはせいぜい1箇所プラス玄関に通じる扉を開けていただけ。

それを娘は景気よくあっちもこっちも開け放ってました。

そしたらね、風が通って気持ちよいこと。

なーんだ、今までは換気の仕方が足りなかっただけなんだとわかりました。

我が家の窓の鍵は、一般的なタイプではなくて開け閉めが面倒なのですが、こんなにスッキリするなら換気を頑張ろう♪

空間の心地よさをアップさせるために、本当に簡単で効果的な方法です。

{E7BB91A8-C717-4F3C-8136-BB768A1745DF}
↑根津美術館。極上の空間でした(^.^)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。