【お片づけ】自分を信じることができないなら

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

お家素敵化計画の一環として、リビングの片隅にライティングビューローを導入しました。

娘と私のスタディコーナーです。

{2B3BE79D-275A-4C0A-AB39-C5FDCB19B972}
(この写真、なぜかテーブルにKindleがっ。どういう趣旨で撮ったんだったかしら⁇)


蓋を閉じればキャビネット風の外観ですが、パタンと開けると机になります。

メルマガでは詳しくご紹介したのですが、これが来る前は、たまたま家にあった座机が置かれていました。

その家具自体が、もともと実家にあったもので、自分の好みではないのと、モノをチョイ置きしたら当然丸見えなのを何とかしたいと思ってました。

そこで思い切ってこのライティングビューロー買いました!

これいいなと思ってから実際に購入に至るまでずいぶんかかってしまいました。

もし素敵化プロジェクトがなかったら、まだ買えずにいたと思います〜。

家具を買うには思い切りも必要だし、お金もかかります。

リビングは家族みんなの場所だから、家族の意見も聞かなければならないし。

ということでかなり思い切って決断したのです。

しかも通販なので、現物が届くまでドキドキでした。

品物に関しては、妥協せずに気に入ったものを選んだので、満足しています。

暮らしやすくなったし、リビングのスッキリ度は格段に上がりました。

で、これを買おうとした時に頭をよぎったこと。

結局机の上が散らかって、蓋が閉められなくなくて開けっ放しになるんじゃないの?という心の声が…。

でもね、それをキッパリと退けることができたのは、毎晩食卓の上をリセットしてから寝る習慣が続いているから!

生活の場って、どんなにモノを減らそうが、定位置を決めようが、定期的にリセットしないとやっぱりダメなんです。

そのことが身にしみているのと、実際にやってみると朝起きてきた時本当に爽快なので、自然と続くようになりました。

その感覚があるので、ライティングビューローも大丈夫と思えました。

使う時はもちろん開けっ放しですが、外出前と寝る前は閉めるよう心がけています。

決心したことが守れるかな?と自信が持てないことってよくあると思います。

自信を育てるには、苦にならずできそうなことを1つでも続けてみること。

連続記録をつけて、それを伸ばしていくやりかたが効果的ですよ。

すごく頑張らないとできないことだと続かないので、まずは簡単にできることから。

段階を踏んで、できることのレベルを確実に上げていくのがオススメです。

たとえばテーブルリセットなら、最初はただ上に乗ったモノを別の場所にどけるだけ、とか。

それが続くと、「この、どけたモノを何とかしたいな」ってなってくるかもしれません。

その辺は工夫次第、自分と折り合いながら、だましだまし続けてみて下さいね。

自分を信じることができると、あらゆる物事がスムーズです。

あ、もちろん私も自分を信じられない項目も山盛りですよ。

とりあえず、こまめなリセット習慣については、自分を信じることができたので、先に進むことができた、というお話です(^.^)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)