停滞感の原因は意外に些細なことだった

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

物事が何となく停滞してスムーズに進まない時。

意外に小さいことが影響している場合があります。

私にとって、「使い捨て布のストックがちゃんとある」ということが、とても大事だったということがわかりました。

我が家で食器用の布巾として使っている白のフェイスタオル。

古くなってくると、それを小さく切って置いておき、調理台を拭いたりテーブルを拭いたり、気軽に使えるようストックしています。

そのストックが減ってきていて、遂には1枚もなくなってしまいました!

普段はこうなる前に対処してるんですが、体調崩してたこともあり、とうとう0枚に…。

ちょっとした汚れをサッと拭きたいと思った時に適当な布がないのって、地味にダメージ大きいですね。

調理中や何かの作業中に、モノを置きたい場所にすぐ置けないのって、かなりストレスが溜まります。

我が家の使い捨て布、「使い捨て」と言いながら、あまり汚れていないものは洗濯して使いまわします。

ストック不足とわかりつつも、また洗濯から戻ってきたりするので、変に凌げてしまっていたんですね。

でもカゴが本当に空っぽになってしまったので、やっとタオル2枚分を切りました。

実は大した手間じゃないんですよ。

サッサとやればよかった。

使い捨て布がたっぷりあるって素敵(笑)!

{2D83CD2A-445C-45F0-8460-32D4FCBAB6B2}


拭きたい瞬間に汚れを拭けると、それだけで気持ちもスッキリします。

暮らしをスムーズに回すコツは、意外と些細なことの中に潜んでいるかもしれません。

ストレスや違和感を感じたら、1つずつ対処する姿勢が大事ですね♪
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)