メルマガに書けなかった処分品のエピソード

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

本日メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト」の配信を行いました。

⇒お申込みこちら

今回は、ずっと気が重くて先延ばししていた玄関のコートかけ近辺に、エイヤッと目を向けてみたら・・・

思っていたよりずっと簡単に、空間の雰囲気を変えることに成功しました。

お金もかけず、手間もほとんどかかりませんでした。

いつも思うことですが、億劫で避けている場所の片づけや素敵化計画、真剣に向き合うだけで糸口がつかめることが多いですね。

いや、向き合おうと思うだけでもいいかも。

ちょっと時間を取って、考えてみるだけで、アイデアが浮かんだり、ちょっと手を動かす気になったり。

見て見ぬふり、素通りっていうのはもったいないって思います。

メルマガでは、ビフォーアフター写真付きでレポしています。

捨て活動の方は、娘の教材をたくさん処分しました。

その話を中心に書いていたら長くなってしまって、チラッとしか触れられなかったのですが、「古いソックス」を処分したということも書きました。

古いソックス?

何の話かというと、ランニング用のソックスのゴム部分がだいぶ伸びてきたので、処分することにしたのです。

{02832542-0BD6-45AA-98B2-2B73E1CB1A26}
↑びろーん。

まあそれだけのことなんですが、でもね、思ったの。

この私が、ランニング用品を擦り切れるまで使えたなんてすごいなあって。

元々私は運動嫌いで、学校卒業以来、自分から体を動かそうなんて思わないで暮らしてきました。

このままじゃいけないと強く思って、3、4年前におそるおそる走り始めたんですよね。

最初はランニングウェアも持ってなかったので、Tシャツにユニクロのリラックスパンツ穿いて。

走る気あるの?っていうような格好ですが、最初はそれでもいいんです。

靴下だけはスポーツ用のを3足セットで買ったけど、たまにしか走らないし、何ヶ月も空くことがあるし、いつまでも新品みたいでした。

でもさすがに何年も使っていたら、ちょっとずつ布地もくたびれてきて、はっきりとゴムが伸びたなと思ったのが最近のこと。

処分することにしました。

買った時は、自分がこんなに長い間走るとは思っていませんでした。

ソックスが傷んで捨てようと思うほど、走ってこられたなんてねえ。

全然熱心ではないし別に速くもないけれど、走るのは好きだし楽しいです^^。

モノを捨てるのって、必ずその背後に何らかの思いが潜んでいますよね。

だからむずかしいことも多いんですが、普段何気なく見過ごしていることに改めて思いを向けるチャンスでもありますね。

無料メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト
⇒こちら


我が家の素敵化計画も、1年の期限まであと4ヶ月ほどになりました。

家の中の素敵スポットが増えるように、楽しんで取り組んでいきたいと思ってます^^。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)