私にとってのトイレ掃除の意味

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

以前の私は、トイレ掃除がどーーしても好きになれませんでした。

本当は毎日したいと頭では思っているのに、どうしても億劫で、一日延ばしにしては、何日かたって仕方なくやる。

翌日も続けてやろうと思うのに、ついついまた先送り。

その繰り返しでした。

ある時、掃除用具をきちんと揃えてトイレに常備するようにしました。

それまではトイレ掃除のたびに、キッチンの片隅から掃除用具を運んでいたので、今から考えれば億劫で当然だったのです。

自分がトイレを使ったついでに、一日の中で気が向いた時に掃除すると決め、思い立った時に常に道具が手近にあるので、やっと気軽に掃除ができるようになりました。

連続日数を記録するアプリを使い始めたのも功を奏して、習慣として定着しました。

1年以上、途切れることなく続け、376日という記録を樹立。

それをあえて途切れさせてからは、連続日数を伸ばすことにはフォーカスせず、記録もつけたりつけなかったりです。

それでも最近までは、記録をしていないとサボりがちになり、反省してまた記録をつけたりしていましたが、たぶんもう大丈夫。

というのは、今は1日でもサボると、気になって、掃除したくてしかたなくなるんです。

えらい変わりようだな!

私はいわゆる綺麗好きな人ではありませんし、清潔とか不潔とかの感覚って人によって違いますよね。

だからこれは個人的な感覚だし、それさえも時を経ると変わってしまうことがあるというお話です。

義務感で掃除するのと、汚れが気になって仕方ないから掃除するのとでは、習慣としての力強さが違います。

掃除しないと気持ち悪いなと感じるようになった今、この習慣はめったなことでは揺らがないだろうなと思っています。

最初はあんなに億劫で、毎日掃除しようと決めたはずなのにできない自分は、どこか欠陥があるのでは?とまで思ってしまったほどなのです。

大げさですが、ホントのこと。

そんな私でも、淡々と、でもしつこく続けていたら、感覚まで変わってしまいました。

そう考えると、今現在は苦手な他のことに関しても希望が持てるような気がしませんか?^^

だから私にとってトイレ掃除って、思いのほか大きな意味があって、それでついつい何度も記事にしちゃうのかもしれません。

さて掃除道具は、こんなふうにカゴに入れてトイレの吊戸棚に置いています。

{244945EE-E6A1-4146-85D3-055A7552FA1D}

スプレー容器にはアムウェイのLOCという万能洗剤を薄めて入れていますが、この容器を替えてみました。

(LOCは、私はお友だち経由で買いましたが、Amazonでも買えると思います。すごくオススメです。)

上からプッシュする式ではなく、引き金式(といっていいのかな?あ、今調べたらトリガータイプと言うらしいです。トリガー=引き金だけどね)。

量も100CCから300CC入るようになり、使い勝手もよくなりました。

これでますますお掃除しやすくなりました♪

前のスプレーボトルはこんな感じ~。

{C772F2DE-20A9-43A3-932D-A91027D22C2C}
(あれー、写真の撮り方も上達した?気のせい?)

ちょっと押しづらかったけど、それほど気にせず使っていました。

コンパクトだし、これはこれでよかったです。


無料メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト
⇒こちら
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)