スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

献立生活の2大メリットは?

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

献立をきちんと立てる生活になってからの二大変化は、心に余裕ができたことと、食費が減ったことです。

週の始まりに、その週の外食や飲み会の予定を夫に聞きます。

昨日も月曜だったので聞いたところ、今週は特になしとのことだったのですが、昼間にメールが入りました。

ある急ぎの仕事が入ったので、たぶん連日外食になるだろうとのこと。

突然の予定変更ですから、さぞかし焦りそうなものなのですが、私それを聞いたときも「ふーんそうか」と思っただけでした。

献立の内容や作る量を変えるつもりもなかったし、余ったら別の日に食べればいいかって感じ。

そして夕方になると再びメール。

入ったと思った仕事は、他に担当者がいたことがわかったので、自分はやらなくてよくなったとのこと。

つまり最初の予定通り普通に家に帰れるというのです。

それも同じく「ふーん」。

短時間のうちに二転三転したのに、現実問題としても気持ちの面でも、ほとんど影響がなかったんですよね。

これって献立のおかげなんです。

一見、逆のようにも思えますよね。

もし献立が全く決まってなくて、何の準備もしていなかったら、その方が融通が利きそうじゃないですか?

でもそうだとすると、逆に心が揺れると思うんです。

「あ、夫が帰ってこないんだったら、カンタンなものですませちゃおうかな。〇〇にしようと思ったけど、面倒だからそれはやめて・・・」などとソワソワ考える。

その挙句に、後から「やっぱりご飯食べます」なんて言われたら、ムッとしてしまうかも。

献立が決まっていて、材料もある。

それを作ればいいだけだと思っていると、食べるの食べないの言われても、特に影響されずにすむのです。

面白いですよね。

それから食費については、、月曜日にまとめ買いをすると、あとは週の途中で1回買い足す程度ですみそう。

やはり買い物の回数を減らすと、使う金額は減りますね。

まだ3週目なのではっきりとはわからないのですが、3割くらい減っているような気も??

2月の締めの時にまたちゃんと計算してみます。

{5D997984-5765-4930-B381-4D0B6B255FA1}


というわけで、快適献立生活、これからも続けていきたいと思いまーす。


無料メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト
⇒こちら
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。