手作り炭酸入浴剤の作り方と使い勝手レポ

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

♪昨日書いたのにアップ忘れてました。書き直してるとまた遅くなるのでそのままアップしちゃいます♪

今日は娘の小学校の始業式と入学式があり、いよいよ新しい年度が始まりました。

自分の子どもの成長の早さにも驚きますが、よその家の子はもっと早く感じる。

え、もうあの子の弟が〇年生??という驚きがたくさんあります。

我が家にとっては小学校生活最後の1年。

楽しい思い出がいっぱいできるといいなあと願っています^^。

さてさて、昨日の記事に書いた、春バテ対策の手作り炭酸入浴剤なのですが・・・

やってみた結果をご報告しますね。

えーとその前に、まず作り方を書きます。

とても簡単で、重曹大匙3、クエン酸大匙1、塩大匙1を混ぜるだけ。

アロマを垂らしてもよさそうと思っていたのに、昨日は忘れてしまいました。

ご存知のように、重曹とクエン酸を混ぜて水に入れると、シュワシュワシュワーと激しく泡が出ます。

ドキドキしながらお湯に入れてみました。

すると。

シュワシュワシュワー!

確かにすごい勢いで泡が出ました。

でもそれはほんの一瞬で、数秒もたたないうちにおしまい。

拍子抜けったらなかったです。

もちろんシュワシュワが終わってからも、お湯の中には無数の気泡が漂っていたし、お湯もまろやか~な感じでした。

お肌がつるつるになったし、湯冷めもしにくかったので、効果はあったみたいです(それとも単にもう春だから??)。

ただちょっとつまらなかった、というだけで。(^^ゞ

それで今日は炭酸入浴剤を買ってきて使ってみました。

炭酸系ってなぜだか、こういうやたらテンション高いパッケージなんですけど、何ででしょうね??

{6DD15AA4-F99D-4DDB-A034-90927B497B3A}


左の方です。これでも他のに比べたら、いちばんおとなしいイラストなんですよー。
(右のは炭酸ではありません)

これはシュワシュワ―もあったし、お湯の中でパチパチ弾ける成分が入っていたので、けっこう楽しめました。

でも香りがちょっときつく感じたので、やっぱり手作りも捨てがたいなぁ。

何より経済的ですしね。

泡の出る時間を伸ばして長く楽しむために、今度は型でギュッと固めて、バスボムみたいにしてみようかと思います。



無料メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト
⇒こちら


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)