スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現実的な放射能対策

ヒマワリ片づけペースメーカー鈴木るる子です。

9月分のお片づけ見える化シート、週明けに配布予定です。8月も残り少なくなりましたが、8月分は左のサイドバーからダウンロードできますドキドキ

チューリップピンクチューリップピンクチューリップピンク

雨続きで、夏が突然終わってしまったみたいに涼しくなりましたね。雨

過ごしやすくて助かりますが、残暑見舞いの出し残しも、今さら出しづらくなってしまい、困った困った。シラー

・・・雨が降ると放射能のことがどうしても頭をよぎります。

東北産や関東産の牛肉がセシウム汚染の疑いで出荷停止になったり(一部停止が解除になったようですね)、お米からもついに微量のセシウムが検出されたとか。

食べ物のことも含め、考え過ぎると何もできなくなってしまうけれど、やっぱりどうしても気になります。

放射能の専門家、中部大学の武田邦彦教授のブログで「どう乗り切るか、毎日迷っているお母さんに」という記事を見つけました。

何から何まで気をつけることは現実的に不可能なわけですが、その中でどうすればギリギリ子どもを守れるかというガイドラインを示してくれています。

我が家はミネラルウォーターを常備しているわけでもないし、野菜の産地もそれほど気にせず買いものしています。

申し訳ないと思いながらも、東北産を避けたりもしていたのですが、関西方面では関東の野菜も敬遠されると知ってから、ますます思いは複雑になりました。

日々迷い考えながら、それぞれの立場や住む地域に応じて、放射能を正しく怖がる知恵を身につけなければなりませんね。目

武田邦彦教授のブログ記事はこちらです。


ペタしてね

読者登録してね

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。