スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもとの「お約束」って誰のため?

てんとうむし片づけペースメーカー鈴木るる子です。

昨日のクッキーですが、帰って来た娘に聞いたら、戸棚の奥の奥に手を突っ込んでちゃんと出してくれました。不思議だ。というより、戸棚の中・・・断捨離必要かも。焦る

さて、タイトルのお話です。

子どもにどうしても守ってほしいことがあると、私たちはつい「わかった?おやくそくよ」と言って子どもから約束を取りつけようとします。

るる子も、最近遅れがちになっている夕食の時間を元に戻したいと思い、5歳の娘にそういう言い方をしていました。

「6時半にはご飯を食べたいから、15分になったらお片づけを始めてね。おやくそくよ時計

娘は一応「わかった」というのですが、6時15分になって私が声をかけても、なかなか遊びをやめようとしません。

「早く!ご飯が遅くなるでしょ!」なんて怒鳴りつつも、どうせ片づかないんだから、なんて私の方ものんびり構えしまって、結局食べ始めるのが遅くなったりしていました。汗

これじゃあちっともお約束ではありません。

結局のところ、子どもとの「おやくそく」って大人だけに都合がいいことが多いような気がします。あせる

本当に約束するのであれば、るる子の方も6時半にはきちんと食べ始められるように準備を整えなくては。ナイフとフォーク

(あ、もちろん「道路に飛び出しちゃだめ。お約束よ」というのはOKだと思います。)

というわけで言い方を変えました。

「6時半にご飯が食べられるように、かーたんも頑張ってお料理するからさくらちゃんも6時15分になったらお片づけしてね。

この言い方の方がずっと効果的でした。

娘はまだお片づけに時間がかかるので、途中で気を散らしたりして、時間までに終わらないこともあります。

その時は「終わらないから手伝ってー」と頼んできたりして、お互いに食事時間を守ろうという意識が芽生えてきました。アップ

子どもが「お約束」を守らないときには、それが大人からの一方的になものになっていないかどうか、見直してみることも必要かもしれませんね。ひらめき電球


桜お片づけ見える化シート9月版好評配布中!PDF
桜使い方について詳しい解説はこちら。PDF
桜お片づけ見える化シートって何?という方はこちらを見てね。


ペタしてね

読者登録してね
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。