スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫に家事を分担してもらうコツ

おはようございます♪片づけペースメーカー鈴木るる子です。

私が子育て中にもかかわらず「お掃除苦手なの~」ですませてこられたのには理由があります。

子どもが生まれて以来、夫が家事に目覚めてくれて、週末などに掃除もしてくれるというのが大きいんです。

まあ私がサボっているので「見かねて」というのが本当のところなのでしょう。

週末の料理もそうですが、いつの頃からか自主的にやってくれるようになりました。

いい旦那さんねと褒められますし、実際にそうなんだと思います。

それか私があまりにも家事サボりすぎなの?^^;

ただ私が唯一気をつけているのは、やってもらうからには文句を言わないということです。

掃除の仕方一つとっても人によってやり方は様々。

私はナチュラルクリーニングに惹かれますが、夫は強い洗剤でガシガシ落とす!!というタイプです。

おかげで我が家の洗剤ストックは、ごちゃまぜ状態です。

重曹やクエン酸やナチュラル系の洗剤と、マジックリンだのカビキラーだのが混在してます。

本当は洗剤にしても掃除方法にしても、シンプルに統一したいんですが、私のやり方を押しつけて、やってもらえなくなると困ります。

だから洗剤などに関しては、あくまでも「情報交換モード」を装い「こんないい洗剤があったよ!」とさりげなく宣伝します。

昨日の記事では、自分にとって心地よい洗剤を選びたいとも書きましたが、今はまだ過渡期。

夫も気に入れば、やがて我が家のスタンダードになるかもしれませんし。

あと週末の料理も、とことん自由にやってもらってます。

メニュー決めから始まって、作り方、味付け、相談されない限り放置です(笑)。

食べてみて塩加減などの意見は言いますが、基本的には、自由に作ってもらい、褒めたたえながら食べるというスタンスです。

掃除道具同様、調味料なども私なら使わないようなものをいろいろ買ってきたりしますが、それもそっとしておきます。

夫は口出しされるのが嫌いな性格ということもあり、この作戦でかなりうまくいってます。

実は収納も相談なしに変えられなかったりと、キッチンを「主婦のお城」にできないデメリットもあります。

でもそれを差し引いてもやっぱりプラスの方がずっと大きいんじゃないかな~と思ってます。

というわけで、夫に家事を分担してもらうコツ、我が家の場合。

1)文句を言わない 2)褒めたたえる でした。^^


⇒るる子の魔法のお片づけマニュアル(只今準備中♪こちらは予告編です)


桜お片づけ見える化シート5月版配中!PDF
桜使い方について詳しい解説はこちら。PDF
桜お片づけ見える化シートって何?という方はこちらを見てね。
スポンサーサイト

コメント

1. 秘訣♪

こんにちは♪

るるこさんの割り切りが、筋が通っていて気持ちよいですね~

世の中の主婦が、やるなら私流じゃなきゃ気がすまない、だから乱されるなら手を出さないで!、とばかりに抱え込んで、結果的に一人で首を絞めている、大変さは減らない~の悪循環にはまっているのとは大違いですね(^-^)v

潔さに、乾杯です。

冷静に考えて、自分が逆の立場なら、好きにしたいって思いますもの、その想像力と、実行に移すところ、見習いたいですね~

2. ありがとうございます~

>cocue-cocueさん

うわ、何かほめられすぎでちょっと照れてしまいました(^^ゞ
私が夫に強制したわけでもないのに、どんどん家事をするようになったので、何でだろう?と考えてもわからず、思いついたのがこれぐらいだったのです。

手を出されるのが嫌みたいなので、任せる時は任せてしまった方がお互いラクということに気づきました。

でも譲れないところはじわじわと自分流を混ぜ込んだりもしています(爆)。

コメントありがとうございました♪

3. 良いことだ~

福徳、福徳 (^^)

4. ふふふ

>なんこさん

ありがとうございます♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。