スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休みは子ども部屋お片づけのチャンス

おはようございます♪片づけペースメーカー鈴木るる子です。

今日から8月。

夏休みもいよいよ佳境に差し掛かってきました(笑)。

皆さんお疲れを出しませんように。

さてタイトルの子ども部屋のお片づけ。

頭ではわかっていても、なかなか本格的に取りかかれずにいました。

それが昨日、ちょうどよいきっかけがありました。

私がちょっと体調を崩してお昼寝してしまい、娘を1時間くらい放っておいたのですね。

するとその間に、子ども部屋のオモチャをあれこれ出して、遊びたい放題。

しばらくお蔵入りしていたシルバニアまでが、部屋中に散らばっていました。

起きた時ギョッとしたのですが、これはもう覚悟を決めるしかありませぬ。

本腰入れてやろうと決意して、1コマ15分で4コマ分の時間を取りました。

前々からやろうねと言っていたので、娘も幸い協力的。

我が家の子ども部屋は和室なので、収納は押し入れです。

奥行きいっぱいの収納家具(キャスター付き)にオモチャ類を入れています。

すべてのオモチャをとにかく出して、掃除もして、あとはひたすら分類作業です。

前にもご紹介した、分類用のシートを広げて、「処分するもの」「使っているもの」「使わないけど取っておくもの」の3つに分けさせました。

うちの娘…小2ですが、すでに「捨てられない女」の兆しあり。

「使わないけど取っておくもの」すなわち「宝物」がやたら多いんですよね。

それでもさすがに少しは進歩が感じられ、折り紙の作品や、幼稚園で指編みした毛糸などは、「処分」に分類してくれました。

折り紙を1センチくらいの玉に丸めた「木の実」が何十個も出てきたのには呆れましたが、それもめでたく処分認定。

15分ごとに「あと2コマ」「あと1コマだけ頑張ろう」と声をかけ、1時間頑張りました。

子どもって成長しますから、幼児時代のオモチャから、去年の学校のノートまで、モノの種類もいろいろです。

古いからいらない、とはもちろん一概に言えないし、私が勝手に判断するわけにいかないし。

本当に頭の痛い問題でした。

押し入れが半ばブラックボックス化していたのですが、何が入っているか把握できたのでだいぶ気が楽になりました。

処分できたのは、私の希望よりは少ないですが、それは仕方ないですね。

同じモノであっても、いったん「宝物」認定したモノなら、前向きに収納方法を考えてあげようという気にもなります。

時の経過とともに、宝物も変わっていくでしょうし。

まだ途中ではありますが、だいぶ見通しが立ってきました。

今日も続きをする予定。

次の記事(Simplogから投稿予定)に、分類途中の写真を載せますのでご覧下さい。

うっかり写真をiPhoneで撮ってしまったら、パソコンでアップするやり方がわからず・・・。

(今から出かけてしまいますが、たぶん今日中にはアップできると思います^^)


桜お片づけ見える化シート8月版配スタート!PDF
桜使い方について詳しい解説はこちら。PDF
桜お片づけ見える化シートって何?という方はこちらを見てね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。