スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オシャレな部屋の写真の裏側(爆)

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

今朝、一日遅れでメルマガを配信しましたが・・・・すみません!!

大失敗!( ;∀;)

子ども部屋の一角をオシャレなコーナーにしたと書きましたが、写真のリンクを貼り忘れてしまったんです~。

こちらにリンクします。メルマガ読者以外の方もご覧いただけます。
⇒子ども部屋のオシャレコーナー
⇒楽屋裏


次号のメルマガでも、改めてリンクをお知らせしますね。本当に申し訳ありませんでした。

さてさて楽屋裏の写真ですが、ちょっと引かれてしまう可能性あり(爆)。

でもあえてこれを発表することで、2つのことをお伝えしたかったんです。

1つは、周りがいかに散らかっていても、「聖域」を作ることは可能ですよ♪ということ。

メルマガにも書いたことですが、1ヵ所だけでも整えてみると、「ここだけ空気が違う」ということがちゃんと実感できるんです。

それを足掛かりにして、周辺を片づけていくという動きにつながればいいですよね。

もう1つは、ネットのオサレな写真にだまされてはいけませんよ♪ということです。

ブログに写真をアップするときは、やはり多少は周辺のゴチャゴチャしたモノをどかしたり、ということをします。

現実とかけ離れた写真を撮ることはできませんが、素敵に見せるための演出というのはね、あります。

それに、ある一瞬を切り取れば美しく整えられた部屋であっても、そこで人が生活する限り散らかっている時間というのは必ずあります。

なのでよくあるオシャレな写真を見て、「我が家と全然違う…」とがっかりしないで下さいね。

今はゴチャゴチャで、間に合わせのモノにあふれている場所であっても、いつからでも選び直すことができるんです。

素敵な空間というのは、必ず誰かが手をかけて作り上げているもの。

逆に言うと、手をかけられない時間帯や時期には、それが崩れます(笑)。

でも、そうしたらまた手をかけて美しくしていけばいいだけのことですね。

いつもお伝えしていることですが、モノが散らばっている部屋でも5分間一心不乱に片づけると劇的に片づきます。

そのためには、モノの置き場所を決めておくなどの作業は必要にはなりますが。

でもね、ある意味空間というものはとても平等で公正なもの。

早い話、いったんそこからモノを全部なくしてみればいいんです。

その何もないところをどんなモノで満たしていくかは、全く自由です。

憧れの空間があるなら、それに近づける努力をすれば必ず近づいていきます。

私自身のそんな試行錯誤の過程を、楽屋裏も含めてお届けてしているのが、「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト」のメルマガなんです。

購読はこちらからお申込みいただけます。
⇒こちら

{5646307D-8217-40A6-9FDC-D6F88C5B7813:01}

空間を変えれば人も変わる

空間を変えれば人も変わる。

不思議なんだけど、当たり前でもある。

私の部屋を居心地よく整えたら、家族が妙に入り浸るようになった。

娘の姿が見えないと思っていたら、私のリラックスチェアーに座ってマンガ読んでたり。

子どもって居心地のいい場所を見つけ出す天才だもの。

猫みたい。

夫も用もないのに部屋に入ってきたり、通り抜けたりするようになった(ドアが2ヶ所あるのでね)。

部屋をどんな風に変えたら、人がどんな風に変わるのか、やってみないとわからない。

狙い通りできることも、そうでないこともある。

逆に思ってもみない効果が出ることもあって、そっちの方がおもしろいかな。

もちろん家族だけじゃなくて、自分も同じ。

モノの位置が変わり、片づき方が変わると、自然と行動が変わる。

何だかワクワクしませんか?(^.^)


{9B0471D5-1BAD-40E8-9552-5331263B22C4:01}


「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト」のメルマガは明日配信です。

月末近いので、50個の「プレ捨て」がほぼ終わり、6月の本格スタート間近となりました。

無料メルマガお申し込みはこちらから。

捨てたモノの内容や個数を半年分記録できるシートもプレゼントします。
⇒こちらから♪

「捨てる」」と「手放す」の違いって何?

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

今週から配信を開始した「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト」メルマガでは、ご覧の通り「捨て」という言葉を使っていますよね。

1年で2000個手放す実況中継メルマガ(5月上旬で終了)では、もっぱら「捨てる」ではなく「手放す」という言葉を使っていました。

それは、モノを手元からなくすには、捨てる以外にも「売る」「誰かにあげる」「バザーに出す」などの方法がいろいろあるから。

…というのは表向きの理由です。

本当はね、「捨てる」という言葉の強さに、少したじろいでいたのかもしれません。

捨てるのはできないけれど、誰かが使ってくれると思ったら「手放す」ことはできるという場合もあるでしょう。

ま、あんまり実質的な違いはなくて、「手放す」と言いながら普通にゴミ袋に捨てているモノも多々ありました。

単なる気分の問題ですよね。

「手放す」と表現することで、モノを減らしやすくなるなら別にいいんじゃない?という感じ。

ではなぜ新メルマガでは「捨てる」を使うことにしたのでしょう。

えーとですね。

実は単に語呂がいいから、だったのです。

「1ヵ月100個捨て」なら収まりがいいけれど、「1ヵ月100個手放し」?

何だかちょっと変。

最初はそう思って「捨て」という言葉を何気なく使ったのですが、その時に初めて自分がこの言葉を避けていたことに気づきました。

捨てるという言葉は潔いです。

覚悟が問われるような気がします。

それだけでなく、どことなく罪悪感を掻き立てられる。

それは、よいと思ってそのモノを買ってしまった過去の自分を責められている気になるから?

モノに対しても「捨てる」と言ってしまうと、優しくないような気がするから?

別にね、「手放す」と言って気持ちが楽になるのなら、それで全然かまわないと思うんです。

私も語呂さえよければ、「手放す」の方が柔らかい印象で好き。

ただ今回図らずも「捨てる」という言葉を使う羽目になったことで、自分の中に潜む臆病な気持ちに気づきました。

「捨てる」ってキッパリ言いたくない自分。

潔くなりきれない自分。

そんな自分を否定するわけではないけれど、少しだけ覚悟を新たにして、これからは「捨てて」いきたいと思っています^^。


⇒メルマガのお申し込みはこちらから

{EDBAF939-6669-4E3E-8FED-BFDE0103308D:01}




片づけが順調な時にありがちな失敗

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

家の中の整理がある程度進んでときに、嬉しくなってついしてしまいがちな失敗があります。

それは家族の今までの習慣を無視して、モノの置き場所を勝手に移動させてしまうこと。

もちろんみんなが使いやすいように、また取り出しやすくしまいやすいなど動線を考えて定位置を決めるのは、家族のためにもなることです。

でも気をつけないと、主婦だけの独りよがりになってしまうこともあるのです。

モノの置き場を変えた後に、自分でさえ「あれあれ?どこだっけ?」ってなることありませんか?

爪切りの定位置を、こちらのペン立てからあちらの引き出しに移したとすると、頭ではわかっていてもついペン立てに手を伸ばしてしまいますよね。

自分でさえそうなってしまうなら、ましてや家族はどうでしょう。

場所を変えてほしいなんて頼んだわけでもないのに、いつのまにか違う場所が定位置になっていたら、混乱したり不満に思ったりしても不思議ではありません。

家族みんなが使うモノなら、必ず家族にも説明して了承を得ることが大事です。

我が家でも、冷蔵庫に貼っていたマグネットや買い物メモを正面から側面に移したのですが、たったそれだけのことでも家族には「なんで~?」と言われましたよ。

見た目をスッキリさせたいこと、遠くに移すわけではないことを説明して理解を得ました。

(結果は私としては大満足です^^。)

それから最近、メジャー(巻き尺)の定位置を変えました。

今まではリビングの収納庫の扉を開けて、その中の引き出しから取り出すという2アクション必要な場所に置いてありました。

アクション数が2つというのもさることながら、収納庫の前に人がいたり、ラグが挟まって開けづらかったりして、とても面倒でした。

筋トレが趣味の夫は、毎日自分の体のサイズを測ってうっとりしなければならないので、メジャーの使用頻度が上がりました。

そのたびに「ちょっとどいて」とかやって扉を開けているので、ワンアクションで取れる別の引き出しに移しました。

夫にとってはメリットしかないはずですが、それでもまずは提案して、様子を見るというプロセスを踏みました。

特に不都合はなく定着したので、成功したと言っていいでしょう。

でももしその場所がしっくりこなければ、結局出しっぱなしになったりなりがちですのでので、やはり慎重さが必要なんですね。

実は昨年度のことになりますが、小5娘の担任の先生が長期でお休みをするという事態になったことがありました。

その間代わりの先生が来て下さったのですが、その先生のお話で感動したことがありました。

ただでさえ動揺している子どもたちに少しでも安心感を持ってもらうため、提出物の出し方や出す場所などの細かいことも、諸々できる限り変えないように気をつけて下さったとのこと。

先生にとってはご自分なりの方法があるでしょうに、子どもたちの慣れ親しんだ置き場所ややり方を尊重して下さったのですね。

やはり「モノの置き場所」や「いつものやり方」って、良くも悪くも気持ちに影響してきます。

自分だけの考えで、勝手にモノを動かしすぎないよう気をつけなければと思います^^。


{B389BD5B-6650-4088-ACF4-C3631C4B7BE5:01}



ご提供中のサービス
1.音譜片づけるる子のメール相談室(残り2名様)
2.音譜お片づけのはじめの一歩を応援するメール講座21日コース
3.音譜1年で2000個手放す実況中継メルマガ(無料)5月16日にリニューアルします♪

2000個手放したら見えてきた次のステージ

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

1年で2000個手放す実況中継メルマガを今朝配信いたしました。
⇒今さらですが登録はこちらから(^^♪

なんとね、今回で50週なのです!

1週間あたり40個を目標としていますから、今週で2000個達成!・・・のはずでした。

実際は少し遅れ気味で、現在の通算カウント数は1898。

達成まであと102個です。

厳密にはまだ1年たっていませんし、2000個に到達するまではこれまでと同じペースで配信する予定です。

メルマガにも書いたことなのですが、50週目の節目を迎え、このプロジェクトを続けてきた意味が自分なりにストンと腑に落ちました。

え?今更??

…はい実はそうなんです。

もともと2000個という数字、当てずっぽうではなくてそれなりの根拠はありました。

とはいえ私にとっても未知の領域ですから、手探りの1年間でした。

最初の頃は、迷わず捨てられるモノが次から次へと見つかって、ハイテンションで楽しかったです。

だんだんに勢いが鈍ってきて、それまでと同じような考え方をしていたら行き詰まるということがわかってきました。

それからは自分の判断力、決断力、感性など総動員してモノに向き合う日々。

その甲斐あって、片づけとは関係ない分野でも、そういう力が磨かれたことを実感できたのは、半年も過ぎた頃だったでしょうか。

それにしてもモノの処分って本当にキリがありません。

新たに流れ込む分もあるので、ちっとも減らないと感じたり、いやいやそれを放っておいたら大変だったのだと思い直したり。

流れ込む分があったとしても、2000個を処分してみるとやはり家の中はずいぶん変わりました。

そして2000個プロジェクトが私にくれたものは結局何だったかというと。

誰もが「こんなお部屋に住みたいな~」「あんな家だったら素敵だろうなあ」という理想があると思います。

その理想にどうやって近づいたらいいのかという答えが見えてきたのです。

つまり次のステージに進むための大前提が整ったようです。

1年前の私は、どこをどうしたら理想に近づけるのか見当もつきませんでした。

数年間の「ゆる片づけ」「ぷち片づけ」の実践で、たしかにストレスなく人を呼べる家にはなっている。

でも本当に自分が満足できて、自慢に思える家かというと、そうはなっていない。

「片づけ」は終わったのに、どうして先に進めないんだろう?

それがずっと疑問でした。

でもね2000個手放してみてわかったんです。

結局のところ、あの頃は「片づけ」が不十分だったのです。

多すぎるモノに邪魔されて、理想のイメージもうまく浮かんでいなかったということ。

理想と現実のギャップに悩んでいる方は、一度だまされたと思ってその場所からモノを徹底的に取り除いてみて下さい。

空間がモノに押しつぶされず、本来の姿でホッと息をついているのがわかると思います。

すべてはそこからなんです。

あくまでも目安ではありますが、家の中から2000個のモノが減ると、少なくともモノに邪魔されずに理想の空間を作っていく基盤が出来上がります。

そのことが納得できたので、この1年は無駄ではなかった、続けてきて本当によかったと、しみじみしている私なのです^^。

{1EF33B96-B930-4A45-95EE-1C1A050FAC35:01}

{51833277-92F5-4C40-ABFD-FA110D24606E:01}
写真は近くのお気に入りカフェ。こんなふうに洗練と落ち着きを兼ね備えた空間が好き。



ご提供中のサービス
1.音譜片づけるる子のメール相談室(残り2名様)
2.音譜お片づけのはじめの一歩を応援するメール講座21日コース
3.音譜1年で2000個手放す実況中継メルマガ(無料

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。