【小5算数】計算プリントで人生を知る♪

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

この頃、小5の娘と一緒に朝起きてすぐの数分間、計算プリントをやってます。

はい、娘だけでなく、私も一緒に^^。

東京都国立市の「まなびば」という、子どもも大人も通える塾(なのかな?)の先生が考案されたオカダ式計算プリントです。

もちろん子どもだけでもいいんですが、何となく私もやってみようかなぁと思って。

そしたらねー、いろいろと面白くて。

最初は「これって自分を知る手段かも」って思ったんです。

だから記事のタイトルも「計算プリントで自分を知る」にしようかなと思ってました。

が、自分を知るだけではなく、もう1つ深いところまで学べるかもしれないって今は思ってます。

だからタイトルを「計算プリントで人生を知る」にしてみました^^。

このプリント、タイマーで時間を計って解きますが、急がなくていいんですって。

ただデータを取るだけ。

昨日の自分と競う必要もなければ、ましてや人と競うこともない。

娘と私も、うまい具合に違うプリントを解いていて、目標時間(過ぎても大丈夫な目安が書いてあります)も違うので、お互い焦ることもありません。

操作ミスをしにくい、ドリテックのこのタイマーがおススメ。

{5ACD2528-E68A-473B-A639-3A41A6271190}


私は引き算の筆算をやっていて、10日くらい同じプリントを解きました。

普通に解いているだけですが、日によって集中力があったりなかったり、時間も伸び縮みするし、ミスの数もいろいろ。

実は私、ずーっとミスをゼロにすることができずにいたんです。

「調子いいな♪」と思っても、どこかで「あれ?」と思うような単純ミスをしていたりする。

でね、そしてミスのパターンを見てみると、「繰り下がりをしなくていいのにしている」ことが多いんです。

ふむ。これは何を意味しているのか。

引き算の筆算で、繰り下がりをするとき、隣の位から1借りてきますよね。

私は、借りてもいないのに借りたと思い込んで、減らさなくてもいい隣の位の数字を減らしていました。

これって自分の思考パターン?って考え込んじゃいました。

借りを作ったわけでもないのに、勝手に恐縮して、「私、借りてますよね」ということにしちゃってるの?うーむ。

考えすぎでしょうか^^;。

でもこのパターンのミスが一番多いんですよねえ。

あと興味深かったのが、タイムが縮んでミスも減った翌日のこと。

時間がいつも以上にかかったうえに、今までにない5個もミスしてしまいました。

・・・「ミスしたくない」っていう恐れのせいですごく気が散ったようです。

無心で解いていればできるはずのものが、「あ、今の間違ったんじゃない?」とオドオドしながら解いたら、時間もかかるし集中できないし。

恐れってすごい破壊力あるんだなーとびっくりしちゃいました。

それで、ここまでだったら「自分を知るのに役に立つなぁ」で終わっていたのですが、さらに興味深いことが起きたのですよ。

それは少し寝坊してしまって、「今日はもう間に合わないかも??」と焦っていた日のこと。

娘も時間がないので不機嫌全開で、2人で大人げなく口喧嘩しながら解いていました。

しかも途中で中断して消しゴムを取りに立ったりしたので、感触としては最悪だったのです。

ところが答え合わせをしてみると・・・なんと全問正解。

何日も何日も、どうしてもミスゼロにできなかったというのに、こんなに集中力がなくて怒りながら解いたのがパーフェクトなの??

人生って・・・と思いましたよ^m^

ここからいろんなことが引き出せそうに思います。

というわけで、自分を知り人生を学びながら、計算プリント解いてます。

で、娘の方はといえば、「朝起きてまず計算プリント」などという、少し前には考えられなかったライフスタイルが身についていることにまずビックリ。

今のところは問題が易しいので、余裕で楽しく取り組んでます。

計算問題解いてから一日を始めると調子がいいんですって。

プリントを開発された「まなびば」の岡田先生によると、基本的な計算問題があやふやだと、速さや割合の概念を理解するのに差しさわりが出るのだとか。

いろいろとつながっているようで興味深いんです。

私はまあ大人なので、たぶんそこは大丈夫・・・と思うのですが( ;∀;)、小5娘がこれから出会う算数の難関分野の理解がスムーズになるといいな。

通信教育もありますので(うちも基本的にはそうです)、興味のある方は問い合わせをされてみて下さい。

お話聞くだけでも面白い先生です。

⇒ホームページはこちらです♪
計算練習で学び方を学び直す学習塾「まなびば」

小さかった娘の「おきがえシールちょう」

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

今日は小5娘の運動会でした。

昨日が雨だったので、順延となりました。

短い練習期間で、組体操、騎馬戦と練習を重ね、見事に形にしていました。

家でも倒立の特訓に毎晩付き合いました。

高学年ともなると、応援団や各種の係に駆り出され、どの子も忙しい。

娘は5年生にして初めてリレーの選手に選ばれたので、それはそれで大変だったようです。

本当に大きくなったなーと感無量です。

昨日だったか、娘の部屋の片づけをしていたら、小さなメモ帳が出てきました。

表紙に書いてあったのは「おきがえシールちょう」の文字。

{B0529117-14E1-4AB3-8C5B-15CC1382623F}


娘が幼稚園の年少さんの時、朝一人でお着替えができたらシールを貼り、何枚かたまったら「アンパン」とか「プリン」とか景品をあげていたんですねー。

これを発見した時、いろんな意味で胸が詰まりました。

今は普通にお菓子も食べているけど、あの頃は今よりも甘いものに気をつけていたから、アンパンは特別なご褒美だったんです。

そしてあの頃はお着替えができたら、あんなにほめちぎって、シールを貼って親子ともども喜んでいたのね〜。

今は、当たり前ですが、着替えたからといって何の感動もないし、あれができてないこれができてないと文句ばかりが頭に浮かんでしまいます。

こんなに大きくなって、毎日勉強もして、元気いっぱい運動会の練習をして、下級生の面倒も見て。

いったいシール何百枚あげたらいいんだろう?

大きくなればその分だけ、親との距離も離れ、遠くから見守ることが多くなります。

何でも自分できちんとできて当たり前、できなかったらその分マイナスってつい思ってしまうけれど、それは違うな。

こんなに成長して、毎日頑張っている娘をちゃんと認めて、心の中で花丸シールを貼ってあげたいなと思ったのでした。

高学年でも大活躍!朝のおしたくボード

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

昨日の自分のブログのアクセスを見ていたら、2012年の「朝のおしたくボード」の記事が3位に入っていました。

古い記事なのに。

どこかで紹介していただけたのかもしれません。ありがとうございます。

やはり新学期の生活リズムを整えるために、こんな過去記事もありましたのでリンクしておきます♪

★新生活のリズム作りアイデア集



ちょうど新学期が始まって、学校生活のリズムになかなか戻れないお子さんもいそうな時期です。

おしたくボードのことは何度も記事にしているので、しつこいかなと思ったのですが、また書いちゃいます。

もともとは娘が幼稚園の頃に始めた方法なのですが、成長するにつれ「もうなくても大丈夫かな」と何度も思いました。

実際、使わずにすませていた時期もあるのですが、しばらくするとまた「やっぱり必要!」となって華麗なる復活。

考えてみると大人であってもルーティンのリストがあれば行動しやすくなるのですから、遠慮しないでどんどん使えばいいんですよねー。

我が家は、私の方が新学期に向けて切り替えがうまくできずに体調崩したりしていましたが、娘はなぜか元気いっぱい。

大変ありがたいことですが、それでもやはり夏休み中はいつもより夜更かししていたので、朝の支度がやや不安でした。

そんな時に、このおしたくボードがあると思っただけで、ずいぶん心強いのですよ。

もういい加減ボロくなっていますが、やっぱりこれはスグレモノです。

両面マグネットを小さく切って、朝のお支度の項目を1枚に1つずつ書き、ホワイトボードに貼りつけます。

終わったものから裏返すと、あとは何をすればいいのか一目でわかるという単純なツール。

サクサク支度が進む日は使わないこともあります。

でも娘の様子を見ていて「やる気なさそう」とか「時間が押し気味だな」と思ったら、収納庫から出してきて目の前にバンと置きます。

それだけでちょっとスイッチ入ります。

支度が遅れ気味で本人の機嫌が悪くなりかけていても、「ほらこれとこれは終わってるよね」といくつか裏返して見せるだけで、元気を取り戻します。

「もう間に合わない・・・」と半泣きだった時も、「ごはんはあと何分で食べ終わりそう?」「歯磨きは1分でいけそう?」と聞きながら、時間を横に書き留めていきました。

こんな感じ。
{14470B3B-F515-4FA7-995A-0D0E96986AD2}



合計してみると、テキパキ動きさえすれば余裕で間に合うとわかり、笑顔が戻りました。

おしたくボードは簡単に作れますし、1回作っておくとずーっと使えてコスパ抜群。

材料はすべて百均で揃います。

注意すべきなのは、必ず「両面」マグネットシートを選ぶこと。

片面だけのものもありますので。

もし片面のを買ってしまったら、これからやることを左列に貼り、終わったら右列に移すとかすればいいかな。

でもやっぱり両面がおススメですね。

色が派手なので、マスキングテープを表面に貼ってみました~。




無料メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト
⇒こちら


メール講座
チューリップ紫お片づけのはじめの一歩を応援するメール講座21日コース♪
チューリップピンク
楽しくお片づけ習慣が身につきます。詳しくは詳細ページを♪



【夏休み】頑張りすぎない昼ご飯&夜の振り返りタイム

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

子どもの夏休み中のお昼ご飯はママたちにとって悩みのタネですね。

夏休み開始から1週間たちますが、今年はけっこう行き当たりばったりで何とかなってます。

以前は1週間でローテーションを組んでいました。

数字麺類(パスタ、うどん、ソーメンなど)
数字丼もの
数字外食または冷凍もの
数字パン
数字チャーハン

こーんな感じ。

土日はほとんど夫が担当してくれることもあり、平日だけ何とか回そうと思って5つのバリエーションを考えました。

これはこれで、あると便利です。

外食の予定はずれることがあるので、その場合は順番を適当に入れ替えたりしていました。

今年は、このローテーションをヒントとして頭の中に置きながらも、あまり厳密に回してはいません。

昨日と今日と続けて同じようなパンになってしまったし。

{34B959AF-22D6-4F62-A0A0-4C91CD374D56}
これが昨日。

{6BAAB098-8247-45FF-9767-1C43BB5A8801}
これが今日。(うふふマンゴー豪華でしょ(^.^))

それは小5娘の強いリクエストがあったからなんですが、結局ダンドリしすぎてもその通りにいかないことも多いんですよね。

一応栄養バランスも考えているんだし、同じものばっかり続くのはダメ!なんて自分を責めないことにしました。

それよりも一日の終わりに、「今日も楽しく過ごせたね♪」と娘と振り返れることが大事。

これは娘が自然発生的に始めたことなのですが、夜寝る前にその日のことを振り返って「今日も充実してた!」とお互いにプラス面を強調します。

昨日などは朝の出足が遅くなり、モヤモヤも大きかったのですが、いいことを数え上げるとけっこういろいろあるものです。

夫が晩ご飯外食という日にしかチャンスがない、夕方カフェにも行けたし♪

(娘と短時間だけでも近所のカフェで集中して読書したり手帳タイム取ったりします)

お友だちとも遊べたし、私は小学校で個人面談も。

たしかに全体としてみれば、そこそこ実のあるよい一日でした。

・・・っていう気分になれることが、大事なのよね、たぶん^^。

まだまだ始まったばかりの夏休み。

何とか平常心を保ちつつ、キーッとならずに過ごしていきたいです(希望)。




IKEAのアイスキャンディ型で夏休みのヘルシーおやつ

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

夏休みに入って2日が経過しました。

お天気がパッとしなかったこともあり、小5娘は宿題をしたり、お友だちとちょっと遊んだり、割合に地味に過ごしています。

さてこの夏休み、というより、休みに入る少し前からなのですが、我が家では甘いもの減らそうキャンペーンに取り組んでおります。

もともと子どもが小さい頃は、甘いものには気を配る方だったのですが、成長するにつれて変わってきました。

特に友だちづき合いやスイミングの時のおやつ交換で、親の私の感覚も徐々に変化し、最近では甘いお菓子を常備するように。

食費に占めるお菓子代の割合も大きくなる一方で、これではいけないなぁとずっと考えていました。

きっかけになったのは、娘の骨折でした。

ころんで手をつき、手首を痛めた時にふと「骨が弱いのでは?」と心配になったのです。

骨をもろくさせる原因の1つに、砂糖の取りすぎというのもあり、ちょっと減らしてみようと思いました。

とりあえず一日に摂取してよい砂糖の量を調べてみました。

それまではいつも当てずっぽうに、「さすがにこれは食べすぎじゃない?」と私が思ったら止めるという具合だったのです。

今の時代、ちょっと真面目に調べようと思うとすぐ情報が得られてありがたいですよね。

ネットで調べたところ、成人でも1日あたりの砂糖摂取量は25グラムまでというWHOの基準が出てきました。

子どもはもちろんそれより少ないです。

目安として、体重を2で割ってそれにグラムをつけた量まではOKなのだそうです。

体重30キロの子なら、30÷2=15で、15グラムまでならOKとのこと。

ケーキなんかだと1個で糖分が30グラムくらいなので、2日に1度しか食べられないことになります。

チョコレートは重さの約半分が糖分なので、それで見当をつけます。

キャンディは1個あたり4グラムくらいのようです。

そんなふうに調べてみると、普段いかに砂糖を取りすぎていたかがわかってビックリします。

さて前置きが長くなりましたが、そういうわけで我が家では市販のお菓子に頼る割合を減らそうと試みているところです。

その一環として、アイスは買わずに手作りしようと思いました。

冷たいものは甘さを感じにくいため、知らないうちに大量の砂糖を取ってしまうことになるのです。

冷たいもの自体もあまり体によくはありませんが、学校から汗だくで帰ってくるなり、すぐに1本食べていたので、せめて甘くないものにさせたいと思いました。

アイスキャンディ型をネット検索するといろいろ出てきますが、IKEAのがよさそう♪

ちょうど立川店の近くまで行く用事があったので、ゲットしてきました。

オンラインで買うこともできます。

ちなみに6本セットで、1個あたり55ミリリットルと小ぶりです。

それこそ牛乳を凍らせるだけでも楽しめます。

写真はバナナミルク。

{8B3FCFE1-F9B9-4C45-87BF-C7C6D8F26F65:01}


すりつぶしたバナナに2倍の牛乳を足して凍らせました。

お砂糖は一切加えていませんが、娘は「美味しい‼」と大喜び。

このレシピ(というほどのものではありませんが)を考えたのも娘です^^。

あとはイチゴヨーグルトプラス牛乳とか、冷凍マンゴープラス牛乳など試していますが、何をどう凍らせてもちゃんと美味しいです。

梅ジュースでも作りましたが、それもよかったですよ。

今年の夏休みは大活躍してくれそうなアイスキャンディ型です。

{8F7679AB-7DA4-411D-BBC1-0B9D34448F02:01}
ちょっとわかりにくいんですが、右端に写っています♪

メルマガ(無料)
⇒こちら


メール講座
チューリップ紫お片づけのはじめの一歩を応援するメール講座21日コース♪
チューリップピンク
楽しくお片づけ習慣が身につきます。詳しくは詳細ページを♪