献立生活の2大メリットは?

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

献立をきちんと立てる生活になってからの二大変化は、心に余裕ができたことと、食費が減ったことです。

週の始まりに、その週の外食や飲み会の予定を夫に聞きます。

昨日も月曜だったので聞いたところ、今週は特になしとのことだったのですが、昼間にメールが入りました。

ある急ぎの仕事が入ったので、たぶん連日外食になるだろうとのこと。

突然の予定変更ですから、さぞかし焦りそうなものなのですが、私それを聞いたときも「ふーんそうか」と思っただけでした。

献立の内容や作る量を変えるつもりもなかったし、余ったら別の日に食べればいいかって感じ。

そして夕方になると再びメール。

入ったと思った仕事は、他に担当者がいたことがわかったので、自分はやらなくてよくなったとのこと。

つまり最初の予定通り普通に家に帰れるというのです。

それも同じく「ふーん」。

短時間のうちに二転三転したのに、現実問題としても気持ちの面でも、ほとんど影響がなかったんですよね。

これって献立のおかげなんです。

一見、逆のようにも思えますよね。

もし献立が全く決まってなくて、何の準備もしていなかったら、その方が融通が利きそうじゃないですか?

でもそうだとすると、逆に心が揺れると思うんです。

「あ、夫が帰ってこないんだったら、カンタンなものですませちゃおうかな。〇〇にしようと思ったけど、面倒だからそれはやめて・・・」などとソワソワ考える。

その挙句に、後から「やっぱりご飯食べます」なんて言われたら、ムッとしてしまうかも。

献立が決まっていて、材料もある。

それを作ればいいだけだと思っていると、食べるの食べないの言われても、特に影響されずにすむのです。

面白いですよね。

それから食費については、、月曜日にまとめ買いをすると、あとは週の途中で1回買い足す程度ですみそう。

やはり買い物の回数を減らすと、使う金額は減りますね。

まだ3週目なのではっきりとはわからないのですが、3割くらい減っているような気も??

2月の締めの時にまたちゃんと計算してみます。

{5D997984-5765-4930-B381-4D0B6B255FA1}


というわけで、快適献立生活、これからも続けていきたいと思いまーす。


無料メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト
⇒こちら

我が家でも「つくおき」に挑戦してみた結果

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。


「つくおき」が発売された時、週末に平日のごはんをすべて作ってしまうという発想にスゴイ!と目を見張りました。


ただ著者はフルタイムで働いている人。


毎日帰りも遅いようだし、基本的に家で仕事している私には必要ないかなぁと思って、購入には至りませんでした。


でもこのところ、夕方のバタバタがひどかったので、対策をいろいろ考えていました。


やはり時間のかかる夕食準備を何とかしたいですよねえ。


もしかして今なら「つくおき」が役に立つんじゃない??とひらめいて、買ってきました。


{680C4404-3537-4C5B-815C-A932567304E6}


さすが!


システマチックだし、とても参考になる~。


容器の使い方や食べる順番に至るまでよく考えられていて、なんて賢い人なんだ!と思いました。


本職はSEなのだそうです。なるほどー。


けれどこのまま実行に移すと、我が家の場合やりすぎの部分と足りない部分が出てきちゃいます。


当たり前ですよね。


それぞれの家庭によって事情は様々だし、その点については著者のNOZOMIさんも「そのまま真似する必要はない」って書いておられます。


というわけで、つくおき簡単バージョンをやってみようと思い、とりあえず1週間分の献立を立ててみました。


でも紙に書いて眺めていると、どう考えても作りすぎな感じがありあり。


我が家の基本の献立は、実は一汁三菜ではなく、一汁四菜なんですよね。


毎日毎日4品作るわけではなく、常備菜は翌日以降も食べることも多いです。


それを考えると、きっちり5日分用意したのでは多すぎます。


でもどのくらい余るのかは、その時になってみないとわからないんですよねえ。


ということで、もう少し緩やかに捉えることにしました。


献立は一応1週間分考えて、必要な材料もある程度買っておく。


調理は翌日分くらいまでを視野に入れて、やや前倒しで作る。


これではあんまり「つくおき」じゃないかも・・・と思ったのですが、その程度でも十分意味がありました!!


今までが行き当たりばったりすぎたのかもしれませんが、これだけで本当に楽になっています。


とにかく献立が決まっていて、材料も揃っているというだけで、大船に乗った気持ち。


そこに1、2品でも完成した料理があれば、鬼に金棒。


人は「迷う」ことによってエネルギーを消耗します。


献立を決めるのも、なかなか決まらなくて迷うから大変なのです。


それに買い物っていうのも、予定していた食材がなかったり高かったりで、けっこう迷う場面が多くないですか?


その部分をまとめてクリアしておくだけで、料理に取りかかるハードルはうんと下がります。


もちろんこんなこと今さら仰々しく言うほどのことはなくて、それくらいやってる方も多いと思うんですが。


我が家は娘が小さかった頃の方が、献立やまとめ買いを真面目にやっていました。


だんだん大きくなってきて、そこまで神経質にしなくても回るようになって、油断するようになり、リズムが崩れました。


習い事の時間帯が遅い方にずれたことも一因です。


そこでまた反省して、まとめ作り生活に戻ろうとしているわけ。


その時期によってちょうどよいやり方はいろいろです。


つくおきに刺激され、ちょっとだけでも前倒しで作っておくやり方で、今の我が家の夕食事情は十分改善されました。


具体的なやり方としては、家事ノートと付箋を使います。


今後進化するかもしれませんが、今のやり方をシェアします。


長くなったので記事を分けますね。







無料メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト
⇒こちら

片づけたくない時。こんな風に考えたら素敵かも^^

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

バレンタイン。ちょっと過ぎちゃいましたけど、どんなふうにお過ごしでしたか?

我が家は女の子ですが、男の子をお持ちのママはちょっとドキドキな一日だったのかな?

小5ともなれば、友チョコ交換の真っ盛り??と思いきや、意外にそうでもありませんでした。

ちょこっと(洒落じゃないですよ)仲のいいお友だちからもらい、ちょこっとお返しした程度。

よくも悪くも、あんまりそういう風潮に巻き込まれない娘なのでした。

私の好きなKate Dicamilloさんという作家がいます。

去年は私にとって、子育てで中断した英語の勉強復活元年でしたが(勉強は中断しても仕事はしてた)、勉強も楽しく♪と思って児童文学をいろいろ読みました。

そのうちの1冊、Dicamilloさんの"The Miraculous Journey of Edward Tulane"という本は、去年読んだ20冊近くの中でも、深ーく心に残る物語でした。

{96BC451F-8166-42C1-B8F8-956145FA67A1}


日本語では『愛を見つけたうさぎ』というタイトルで出ています。


愛をみつけたうさぎ エドワード・テュレインの奇跡の旅 (ポプラ文学ポケット)
ケイト・ディカミロ バグラム・イバトーリーン
4591151301

私、FacebookでDicamilloさんをフォローしているのですが、バレンタインデーのご本人の投稿で、この物語からの引用がありました。

Edwardというのは陶器でできたうさぎの人形です。

持ち主の少女に可愛がられ、裕福な暮らしをしていましたが、その頃はその幸せに気づくこともなかったのです。

あるハプニングで少女と離れ離れになってから、いろいろな人の手に渡って旅を続けるのですが、その過程で苦しみながら愛とは何かを知っていくエドワード。

もうね、涙なしでは読めない、でも心が温かくなるお話です。

Dicamilloさんの投稿は、別の人形がエドワードに愛とは何かを語りかける場面のセリフでした。

自分を愛してくれる誰かが現れるかどうか自信のないエドワードに、

「必ず誰かが見つけてくれる。

でもそのためにはまず自分から心を開かなくては」

って言うんです。

物語を思い出すだけで涙が出ちゃうんですけど。

でもそれで思ったのは、これってお片づけでも同じだなってこと。

私たちは美しく整った空間から、よいエネルギーや癒しを得ることができます。

でもその空間を作るのは自分なのです。

片づけるっていうのは、その空間を大切にし、愛を送る行動だと思うんですよね。

手間と時間をかけて空間に愛を送ると、空間からはもっと大きなお返しがきます。

片づけがスムーズに進まない時は、植物の力を借りて下さい。

花やグリーンを飾ってみると、それにつられて雑多なモノをなくそうという力が働きます。

そう考えると、花を飾るということは、空間に愛を送るメッセージなのかも^^。


{547F1B68-8AF9-4066-8A7D-2FD1699A06B7}


無料メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト
⇒こちら


空間からパワーを受け取る方法

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。


今朝メルマガの配信を行いました。


いつもお読み下さりありがとうございます^^。


メルマガでは、1ヶ月で100個を目安に、家の中にとどまってしまった不要品を手放す様子をリアルタイムでレポしています。


それと同時に、家をときめく空間にするための「素敵活動」を進めていきます。


先週と今週で、キッチンの出窓が見違えるようになりました。


本がゴチャゴチャ置かれていて手の施しようもなく、無意識に諦めていた場所なので、素敵度がアップして嬉しいです(^.^)


その過程で気づいたこともあり、もちろんメルマガにも書いたのですが、ブログでも少しシェアしますね。


ときめく空間を作りたいと思った理由の1つに、空間から元気をもらえたらな~というムシのいい願いがありました。


そこにいるだけでパワーチャージされる家に住めたら嬉しいですよね(^.^)


そのために、見ただけで幸せを感じられるオシャレな場所を家の中に増やしたいなと思ったのです。


メルマガでもお伝えしたのですが、キッチンの出窓に置いてあった図書館の本、いったんは写真撮影のためにどかしてみたものの、また戻しました。


周りのデコレーションなども替えましたが、実はもっと大切なことがありました。


それは「空間に意識を通わせること」。


具体的にはメルマガの内容とかぶってしまうので、詳しくは書きませんが、すぐにできるのは「モノをまっすぐ置いてみる」ことかな。


これができていると、たとえ見た目は多少モノが多くてゴチャゴチャであっても、自分にとって満足感のある空間になるんだということを、身をもって体験しました。


オシャレな雑貨や観葉植物も、気分を上げてくれるし、手っ取り早く雰囲気を変えることができるけれど、それより大事なのは、心を込めることなのかも。


・・・って何だか曖昧な精神論に聞こえるかもしれませんが、やってみると決して曖昧でないことがわかります。


その空間を大切に思う気持ちがまずあれば、モノを乱雑に置いたり、殺風景なまま放置したり、しないはずですからね。


私が全部ちゃんとできているというわけではないのですが、それができている場所については、見ていても気持ちがいいし、空間からのパワーを確かに受け取れていると思うのです^^。


普段はメルマガ用の写真をブログにはあまり載せませんが、今日は載せてみる。


キッチンの一角です。


{B8FF0229-8A3E-4A94-9954-0E11CE4DD66F}



無料メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト
⇒こちら

だらしなさを許してくれる布巾たち

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。


ちょっと手が空いたのでキッチンを整えていたら、思わず笑ってしまいました。


古いタオルを切って作った、その辺を拭くための使い捨て布が、よ、4枚も~。


調理台の周りからゴロゴロ出てきました。


気軽に拭いて、どんどん処分したり、水滴を拭いた程度なら洗濯して使い回したりと、ごく気楽に使っています。


それにしても4枚はひどいー。


自分のだらしなさに笑ってしまいますが、そんなだらしなさも受け止めてくれる方式であり、気兼ねなく使える布巾なのです。


少数精鋭の布巾を、常に清潔に保って大事に使うのは、今の私にはストレスみたい。


布巾が汚れるのが嫌で、台を拭くことをためらってしまうことも…。


それくらいなら、惜しげなくどんどん拭いてポイポイ洗濯したり捨ててしまってもよい布の方がいいな。


{974E22A3-91C8-4D41-A4F6-3199059212C8}


子どもが何かこぼした時なども、自分でこの布を取り出して拭いているので、家族にとっても便利なようです。


ティッシュが全然減りません(^.