スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主婦のお昼ご飯は「おままごと」なの?

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

平日の昼ご飯は、家で一人で食べることが多いです。

大体が前の晩の残り物ですが、きれいに盛り付けて「主婦のお昼ご飯」としてTwitterに投稿するのが、私の趣味みたいになっています。

日によっては大したものがなくて、あまりにも見栄えがしないから、今日はやめようかなと思うことも。

というか、わりとしょっちゅう思ってます。

何しろ残りものなので、タッパーに入ったままの様子を見ると、本当に大したことなくて。

でもそこでちょっと気を取り直してお皿に盛りつけ、ランチョンマットを選んだり(と言っても基本2枚だけ)、箸と箸置きの取り合わせを考えたりしてみます。

すると不思議に、美味しそうなオシャレランチに見えてくるのが面白くて。

{B30709D3-6A01-4704-AA5E-F0A6C9FF3842}

{890547A9-8421-4FAD-9524-76A9677BE71B}

{E60B1FBA-6337-4A51-8AD8-45CAF22B386B}

{89AE0612-5F18-4EC9-91D2-F54A65EAA5DC}


そうは言っても、どこかで「おままごとみたい」って思っていて、私ったら何やってるんだろう?と脳内ツッコミしたりしてました。

外でランチする日もあるし、本当に冷蔵庫が空っぽで、写真撮るほどのものが作れない時も。

そういう「本当に無理な時」は別として、できる時はなるべく欠かさずその「おままごと」を続けていたのですが。

先日、やればできそうなのに「今日はもーいいやー」と思ってしまって、キッチンの椅子でタッパーから直接食べてしまいました。

そうしたら何とも味気ないこと!

味の感じ方も違うし、気持ちの満足度もあまりにも違いました。

「おままごと」なんて思っていたけど、実は私にとってとても大事な習慣だったのです。

そしてもう一つ思ったこと。

主婦のお昼ご飯は、私がいいと思って好きでやっていることです。

そういう自分の行動を、誰かに何かを言われたわけでもないのに、どうして頭の中で勝手に「おままごと」なんて揶揄していたんだろう??

なんかそれって、自分に失礼というか、意味わかりませんよね。

知らず知らずのうちに自分を落としていたんです。

あ!それは他のことでもあるかも。

今でも時々スロジョグをしているのですが、「たまにしか走らないよね」「すぐ帰ってきちゃうよね」となぜか、心の中で自分にダメ出しをする私。

走らないよりは走った方がいいんだから、堂々と「走ってきた!」って思うだけでいいのにねー。

みなさんもそんなことってありませんか?

何か自分なりに頑張っていることがあるのに、無意識に「大したことないし」ってダメ出ししてしまう。

たとえ小さな努力だとしても、ちゃんと自分で認めて正当に評価しなくては、と思いました(╹◡╹)



るる子流魔法のお片づけマニュアル全3冊「入門編」「実習編」「トラブル解決編」発売中♪
音譜入門編
音譜実習編
音譜トラブル解決編
スポンサーサイト

何やかや言って頼りになる朝のおしたくボード~高学年編~

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

本日メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト」の配信を行いました。

去年の5月にスタートしたこのプロジェクト、1年間でどこまで家の中を素敵化することができるかという実験です。

ほぼ毎週、ビフォーアフター写真付きでお送りしています^^。

それと並行して、モノを1ヶ月に100個は処分するノルマも設定しています。

もうすぐ1年たちますが、果たして家の中は「素敵」になったと言えるんでしょうか?

残りわずかとなりましたが、私の悪戦苦闘ぶりを見守っていただけると幸いです。

無料メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト
⇒こちら



さて年度初めで、ブログの検索ワードでは「おしたくボード」というのが増えている今日この頃です。

おしたくボード??

幼稚園や小学校に通うお子さんの朝の支度をスムーズにするための工夫です。

要はホワイトボードと両面マグネットを組み合わせた「朝のTodoリスト」なんです。

毎年のようにご紹介していますが、こちらに去年の記事を貼っておきますね。


⇒新生活のリズム作りアイデア集(こちらでおしたくボードの説明をしています)

その他のアイデアもどうぞ♪

⇒新生活のリズム作りアイデア集②
⇒新生活のリズム作りアイデア集③④


そして今年小6になった我が家では、このおしたくボードはどうなっているかと言いますと。

実のところ、毎朝これを律儀に使っているわけではありません。

だけどやっぱり、ないと困るなぁと思うこともあって、やはり現役活躍中。

毎朝の決まった支度は、さすがに6年生ともなると流れるように進みます(あ、今ちょっとウソついちゃったかも)。

少なくとも、「えーと次は何をやるんだっけ?」と手が止まってしまうようなことはありません。

ただ6年生は、1年生のお世話当番があったり、集会の日は早く登校したり、朝練があったりで、登校時間が日によってまちまち。

何時何分に家を出たらいいのか、そのためには何分までにご飯を食べ終わっていなければならないのか。

日々変わるそんなタイムスケジュールを、ホワイトボードにその都度メモして、自覚を促すようにしています。

使用頻度は低くなったけれど、今日は注意を喚起したいなと思った時に、「あ、あれがあった」とパッと取り出してすぐ使えるのはやはり便利。

何事も見える化は大事ですよね。

それから、最近の工夫としては、朝ごはんを食べている娘の目の前に、デジタル時計をバーンと置くことにしました。

{E1E0871A-4638-4165-9B67-B7A3EFBBE73B}


壁掛け時計はありますが、物理的に遠いと、訴えかけてくる力も弱いような気がして・・・。

私だけかなあ。

遠くの時計を指さして「今〇〇分だよ」というより、目の前の数字を一緒に見ながら「もう〇〇分だよ」と言った方が、切実さが増す気がするんですよねえ。

これはタイマー兼時計ですが、最近はもっぱら時計として活躍してくれています。
(タイマー機能ちょっと使いにくい・・・)




娘がおみやげに拾ってきた桜の枝。

投稿写真

娘がおみやげに拾ってきた桜の枝。

折ったんじゃないのよ。拾ったんです。

早速桜色のコップにさして、お盆に乗せたりして、遊んでみました。

そしたらハラハラっと散ってしまって、焦る。

そーっとして、できるだけ長く、大切に楽しみたいと思います。

風が強くて、外の桜ももう少しで終わりだね。

ブログをまとめてみる >

新学期の不安と向き合うチェックポイント

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

新年度が始まって、新しい学校やクラス、提出書類の山などに親子ともども戸惑う季節です。

我が家は娘が6年生になりましたが、クラス替えもなく担任の先生も持ち上がり。

環境変化の度合いとしては、今年は少ない方だと思います。

それでも最高学年になったことで、1年生のお世話当番などが始まるなど、新しい経験も増えました。

直接の担任ではなくても先生方の異動もあって、慣れるまでは落ち着かないですよね。

私も何となく気ぜわしく、保護者会のことを考えてソワソワしたりしています。

そのたびに、「いやいや、新学期を迎えたのは私じゃなくて娘なんだから・・・」と必要以上に浮足立たないようにしています。

これは本当にそうで、親って子どものこととなると、つい自分と一体化して考えてしまいがちです。

でも学校生活を送っているのは子どもであって、親ではありません。

子どもも新学期で何かと緊張が続くなか、元気で楽しく過ごせるように、親は安心感のある環境を用意してあげられたらと思います。

で、それが大前提として、矛盾するようですが親の方に伝染してくる不安感も、無理に打ち消さなくてもいいと思います。

これは私自身そうだったのですが、「大丈夫大丈夫。だってこれは娘の問題なんだから」と自分に言い聞かせすぎてしまい、不安を押し込めていました。

だから表面上は平穏に過ごしているのに、何となく内心がモヤモヤして調子が変。

子どもの環境変化に引きずられて自分も一緒に不安になることを、無意識に「子どもっぽいこと」と自己批判していたんです。

でもね、それもおかしな話で、子どものことが気になるのは当たり前だし、実際に自分の行動だって影響を受けます。

「不安に思っても当然。環境の変化には違いないんだから~」と認めてみたら、少し気持ちが軽くなりました。

新学期、子どもとの距離の取り方がわからなくなってモヤモヤしてしまったら、両方の可能性を考えて調整してみるといいですね。

あまりにも自分が心理的に巻き込まれてると思ったら、「子どもは子ども。私とは別」と切り離す。

逆に「子どものことだから関係ないはず」と無理に押し込めていないかどうか、心の中を点検する。

本当に上手に切り離すことができていれば、別に問題ないけれど、本当は不安なのに見ないふりをすると、よけい不安はふくらんでいきます。

保護者会が苦手なお母さんは多いと思います。

私は最近まで、なぜか「そんなこと思っちゃいけない」と、気にしていないふりをしていました。

でも今は「苦手だから、適当に欠席して、どうしても必要そうな時だけは出よう」と思うことにしました。

それが一番自分の気持ちにピッタリの選択だから。

親も子どもも、この時期を上手に乗り越えて、無事に学校生活を軌道に乗せられるといいですね!

{9EB0F4E3-7F8F-4BA0-8E7D-DF594FE85F8A}
桜!只今満開です。

無料メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト
⇒こちら

手作り炭酸入浴剤の作り方と使い勝手レポ

暮ラシノユトリ舎の鈴木るる子です。

♪昨日書いたのにアップ忘れてました。書き直してるとまた遅くなるのでそのままアップしちゃいます♪

今日は娘の小学校の始業式と入学式があり、いよいよ新しい年度が始まりました。

自分の子どもの成長の早さにも驚きますが、よその家の子はもっと早く感じる。

え、もうあの子の弟が〇年生??という驚きがたくさんあります。

我が家にとっては小学校生活最後の1年。

楽しい思い出がいっぱいできるといいなあと願っています^^。

さてさて、昨日の記事に書いた、春バテ対策の手作り炭酸入浴剤なのですが・・・

やってみた結果をご報告しますね。

えーとその前に、まず作り方を書きます。

とても簡単で、重曹大匙3、クエン酸大匙1、塩大匙1を混ぜるだけ。

アロマを垂らしてもよさそうと思っていたのに、昨日は忘れてしまいました。

ご存知のように、重曹とクエン酸を混ぜて水に入れると、シュワシュワシュワーと激しく泡が出ます。

ドキドキしながらお湯に入れてみました。

すると。

シュワシュワシュワー!

確かにすごい勢いで泡が出ました。

でもそれはほんの一瞬で、数秒もたたないうちにおしまい。

拍子抜けったらなかったです。

もちろんシュワシュワが終わってからも、お湯の中には無数の気泡が漂っていたし、お湯もまろやか~な感じでした。

お肌がつるつるになったし、湯冷めもしにくかったので、効果はあったみたいです(それとも単にもう春だから??)。

ただちょっとつまらなかった、というだけで。(^^ゞ

それで今日は炭酸入浴剤を買ってきて使ってみました。

炭酸系ってなぜだか、こういうやたらテンション高いパッケージなんですけど、何ででしょうね??

{6DD15AA4-F99D-4DDB-A034-90927B497B3A}


左の方です。これでも他のに比べたら、いちばんおとなしいイラストなんですよー。
(右のは炭酸ではありません)

これはシュワシュワ―もあったし、お湯の中でパチパチ弾ける成分が入っていたので、けっこう楽しめました。

でも香りがちょっときつく感じたので、やっぱり手作りも捨てがたいなぁ。

何より経済的ですしね。

泡の出る時間を伸ばして長く楽しむために、今度は型でギュッと固めて、バスボムみたいにしてみようかと思います。



無料メルマガ「1ヶ月100個捨てde素敵空間プロジェクト
⇒こちら


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。